ダイエットした体重をどの位の期間維持すればリバウンドしない?

目標体重を3ヶ月以上キープできたらダイエット成功です


早く結果を出したくて、一品だけを食べる○○ダイエットや食事抜きダイエットなど、極端な方法で急激に体重を落とした経験がある方もいるかと思います。

しかし、一時的に目標体重まで痩せたとしても、すぐにダイエット前の食生活に戻してしまうと、あっという間にリバウンドしてしまいます。

短期間のダイエットは、食事制限の栄養不足により、脂肪と筋肉が一時的に痩せただけの状態です。

代謝の高い体質に改善されたわけではないので、食事量を元に戻したら摂取エネルギーが燃焼されず、消費エネルギーを上回ります。

その結果、過剰摂取したエネルギーが脂肪になって体に蓄積されリバウンドしてしまいます。

ダイエットは、体重を落としているときよりも、目標体重をキープするほうが難しいといわれています。

ダイエット後の2~3ヶ月間は、規則正しい生活習慣と栄養バランスの良い食事で、ストレスを感じることなく目標体重をキープする取り組みが必要です。

ダイエット後は、痩せたときの体重を3ヶ月以上キープすることを目指しましょう。

短期間のダイエットはリバウンドしやすいので注意が必要です

短期間の過度な食事制限によるダイエットは、体内の脂肪や筋肉が一時的に減少して体重が落ちただけの状態といえます。

このような痩せ方をすると、体はエネルギー不足から飢餓状態に陥り、少しの食事からでも栄養を吸収し、体に蓄積しようとします。

その結果、体内に貯蓄できるエネルギーである脂肪が増えていき、代謝が低下していくのです。

代謝が低下すると脂肪が燃えにくくなり、痩せにくく太りやすい体質になってしまうため、体重キープが難しくなるといわれています。

また、目標体重まで落とせた達成感とダイエットによるストレスから、ダイエット直後は食べ過ぎの傾向が強まります。

ダイエット直後は、満腹中枢を刺激するホルモン「レプチン」の分泌が減少しているため、食欲のコントロールが難しくなり過食になりがちです。

短期間で痩せたから、再びダイエットに取り組めば痩せられると思っているかもしれませんが、ダイエットは繰り返すことで痩せにくい体質に変化していきます。

短期間のダイエットで目標体重になっても、痩せる体質になったわけではないことを自覚し、リバウンドしないための対策をしっかりたてましょう。

目標体重をキープするほうがダイエット中より難しい


ダイエット中は、徐々に減ってくる体重に一喜一憂し、達成感ややりがいを感じることもあるでしょう。

しかしながらダイエットは、体重を減らすことよりもダイエット後の体重をキープすることが難しいのです。

痩せたからといって、食事制限や運動を気にしなくてもいいわけではありません。

目標体重をキープし、リバウンドを防ぐためには、ダイエット中以上に食事や運動に気を配ることが肝心になります。

太りにくい体質は、基礎代謝を促進し、栄養をエネルギーとして燃焼して体に脂肪を蓄積させないことで作られます。

そのため、長期的に太りにくい体質を作るため、食事と運動を意識的に取り入れる習慣を作ることが大切になります。

代謝をアップさせて体重をキープするためには、筋肉量を増やしエネルギーを燃焼させる体を作ることがポイントです。

ダイエットにより筋肉まで痩せてしまったら代謝が下がり、体重のリバウンドとともに体脂肪率がアップしていきます。

タンパク質、ビタミン、ミネラルを中心とした食事で筋肉が発達する食事を取り入れることも重要です。

また、筋トレなどの運動を取り入れて、美しい体型作りも意識すると良いでしょう。

筋肉が増えることで、一時的に体重が増えリバウンドしてしまったかのように思うかもしれませんが、体脂肪率が下がっていれば代謝がアップしていることが期待できます。

ストレスを溜めずリバウンドしやすい期間を乗り切りましょう

リバウンドせず長期的に体重をキープするためには、規則正しい生活を送ることが重要になります。

ダイエット直後の食生活や運動はもちろんのこと、飲酒、喫煙、睡眠不足などの生活習慣を見直すことも大切です。

これらは、無意識に体に負担をかけていることになりストレスを感じている状態になっています。

ストレスは、過食や偏食にもつながりやすく、気分にムラが出ることも考えられます。

特に無理なダイエットを行った直後は、ストレスが高く、食べたい衝動が強い状態になっているので注意が必要です。

趣味や運動などで体と頭を動かし、食べることから気持ちを切り離すなどの工夫も効果が期待できます。

また、甘いものや好きな食べ物を我慢しようと思い過ぎると、逆効果になることもあります。

週に1度などルールを決めて、ご褒美として食べたいものを食べる日を作り、適度にストレス発散すると満足感をえられます。

しかしながら、ダラダラ食いやドカ食いはNGです。

本当に食べたいものを考えるのも楽しみの一つと捉え、気長に取り組むことをおすすめします。

(まとめ)ダイエットした体重をどの位の期間維持すればリバウンドしない?

1. 目標体重を3ヶ月以上キープできたらダイエット成功です

ダイエットは、体重を落としているときよりも、目標体重をキープするほうが難しいといわれています。

ダイエット後は、規則正しい生活習慣と栄養バランスの良い食事で、痩せたときの体重を3ヶ月以上キープすることを目指しましょう。

2. 短期間のダイエットはリバウンドしやすいので注意が必要です

短期間で痩せたから、再びダイエットすれば痩せられると思っているかもしれませんが、ダイエットは繰り返すことで痩せにくい体質に変化していきます。

代謝が低下し太りやすい体質になっている自覚を持ち、過食を予防する工夫が必要です。

3. 目標体重をキープするほうがダイエット中より難しい

目標体重をキープし、リバウンドを防ぐためには、ダイエット中以上に食事や運動に気を配ることが肝心になります。

太りにくい体質は、基礎代謝を促進し、栄養をエネルギーとして燃焼して体に脂肪を蓄積させないことで作られます。

4. ストレスを溜めずリバウンドしやすい期間を乗り切りましょう

ストレスは、過食や偏食にもつながりやすく気分にムラが出ることも考えられます。

特に無理なダイエット直後は、ストレスで食べたい衝動が強い状態になっていることが多いです。

適度にストレス発散し気長に取り組むことが重要です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る