ダイエットしたのにリバウンドしたらどうすればいい?

今度はリバウンドしないダイエットで太りにくい体質めざして


頑張ってダイエットして目標体重まで減らせても、リバウンドしてしまい、再びダイエットに取り組むべきか悩んでいる方は多いのです。

リバウンドするということは、痩せやすい体質に改善されたわけではなく、極端な食事制限などにより、一時的に体重が落ちただけということが考えられます。

すぐにリバウンドしてしまうならば、ダイエット方法そのものを見直す必要があるでしょう。

焦って、今までのやり方の無理なダイエットに再び取り組んでも、効果は期待できません。

なぜなら、ダイエット後は代謝が下がって、体重が減りにくく、痩せづらい体質に変化しているからです。

リバウンド後に再度ダイエットに取り組むのであれば、短期間で結果を出すダイエットではなく、2~3ヶ月かけてゆるやかに、代謝の高い体質に変えるダイエットをおすすめします。

理想の体重まで痩せられても、体型をキープするためには、継続的に食事や運動を意識することが大切です。

体の基礎代謝をアップし、太りにくい体質を手に入れるダイエット方法に取り組むことで、リバウンドから抜け出せます。

ダイエット後にリバウンドしてしまう原因を知りましょう

1品だけを食べ続ける○○ダイエットや食事抜きダイエット、極端な糖質制限をしたダイエットなど、体への負担が高い方法で体重を落とすことは可能です。

しかしながら、一時的に体重は落ちても、長期的にキープすることはとても難しいのです。

目標体重まで減ったからといって、元の食事に戻すと、あっという間にリバウンドするといわれています。

過度な食事制限で急激に体重が減ると、体は、飢餓状態になっていて栄養を欲しています。

少しの栄養でも体が吸収しようとする太りやすい体質に変化してしまっています。

また、ダイエット中は「レプチン」というホルモンの分泌量が減少します。

レプチンが担う役割には2つあり、1つ目は、満腹中枢を刺激してお腹がいっぱいになったという信号を出すこと、2つ目は、体のエネルギー消費を促すため脂肪を燃焼することです。

ダイエット中やダイエット直後はレプチンが少ない状態なので、満腹を感じにくく、食べ過ぎてしまい、摂取した栄養がエネルギーとして燃焼されずに体内に蓄積される恐れがあります。

我慢などダイエットそのものによるストレスから解放され、過食の傾向も考えられます。

なぜリバウンドしてしまうのか、これら原因を知り、しっかりと対策をたてましょう。

リバウンドしたら焦らず体の変化をチェックします


目標体重になったのに、じわじわリバウンドしてくると焦ってしまうものです。

そんな時、痩せた時の体重に戻そうと、再び無理な食事制限で苦しいダイエットを始めてしまうと、ダイエットとリバウンドを繰り返し、痩せにくい体質へと変化してしまいます。

リバウンドしたら、まずは食生活を見直しましょう。

ダイエットの解放感から、自分へのご褒美といって過食気味になってはいないでしょうか?

炭水化物中心の食事と糖類が多く含まれたおやつなどを摂取していれば、当然、体重は増加していきます。

また、食事を増やした分だけ、体を動かし、エネルギーを消費しているか確認しましょう。

摂取エネルギーが消費エネルギーを上回れば、燃焼されなかった過剰な糖質が、脂肪になって体に蓄積されていきます。

ダイエットで、体脂肪だけでなく筋肉量も減少していたら、体の基礎代謝は下がっているといえます。

こまめに体重計に乗り、体重の変化と体脂肪率の変化をチェックすることが大切です。

特に、体脂肪率をチェックし、摂取したエネルギーが運動により燃焼されており体に溜め込まれていないことを確認することをおすすめします。

体脂肪率が下がっていれば、代謝が高く脂肪を燃焼しやすい体質に改善されてきていることが期待できます。

リバウンドしないためには生活習慣を見直しましょう

リバウンドせず体重をキープするためには、ダイエットの終わらせ方がとても重要になります。

特に、短期間の無理なダイエットで痩せた場合は、ストレスを強く感じた状態になっていてドカ食いに走りがちです。

リバウンドしないためにはダイエット中の時よりも、食事に気を付け、規則正しい生活を意識することが大切です。

ダイエット中は、体内の栄養が少なく筋肉量が減少しているので基礎代謝が低下しています。

代謝をアップさせるために、タンパク質、ビタミン、ミネラルを中心とした栄養を補給し、適度な筋トレなどの運動を取り入れると効果が期待できます。

ダイエット後は、1日3食しっかりとした食事が必要ですが、夜は炭水化物を減らすなど、工夫することもおすすめです。

また、飲酒、喫煙、睡眠不足など不摂生な生活はストレスを感じやすく、過食に走る傾向にあります。

ダイエット後の2~3ヶ月の間は、目標体重がキープできるよう生活習慣や食生活を見直し、リバウンドしないために体と心の健康状態を把握しておきましょう。

(まとめ)ダイエットしたのにリバウンドしたらどうすればいい?

1. 今度はリバウンドしないダイエットで太りにくい体質めざして

理想の体重まで痩せられても体型をキープするためには、継続的に食事や運動を意識することが大切です。

体の基礎代謝をアップし、太りにくい体質を手に入れるダイエット方法に取り組むことで、リバウンドから抜け出せます。

2. ダイエット後にリバウンドしてしまう原因を知りましょう

極端なダイエットで、一時的に体重は落ちても長期的にキープすることはとても難しいです。

ダイエット後は、ホルモンのバランスの崩れやストレスにより過食傾向になりがちです。

リバウンドの原因を知り、しっかりと対策をたてましょう。

3. リバウンドしたら焦らず体の変化をチェックします

ダイエットの解放感から、過食気味になっていないか、運動が足りているかを検証し、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回らない生活を意識しましょう。

こまめに体重計に乗り、体重の変化と体脂肪率の変化をチェックすることも大切です。

4. リバウンドしないためには生活習慣を見直しましょう

リバウンドしないためにはダイエット中よりも、食事に気を付け規則正しい生活を意識することが大切です。

ダイエット後の2~3ヶ月間は、目標体重がキープできるよう生活習慣や食生活を見直し体と心の健康状態を把握しておきましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る