リバウンド後のダイエットはどうやって取り組めばいいの?

ダイエットを繰り返すことにならないよう注意が必要です


辛いダイエットを我慢してせっかく痩せたとしても、すぐにリバウンドして元に戻ってしまい、ダイエットを繰り返している方は意外と多いものです。

リバウンドしてしまう原因は様々ですが、主に痩せたときのダイエット方法に原因があると考えられます。

極端な食事制限による短期間のダイエットは、リバウンドしやすい傾向にあるといわれています。

1品だけを食べ続ける○○ダイエット、食事抜きダイエットや、過度な糖質制限ダイエットなど、短期間で体重を減らして結果を出した場合は注意が必要です。

痩せたからといって、ダイエット前の食事に急に戻すと、今まで制限していた栄養を体が吸収しようとして過食が進み、糖質が脂肪になって体内に蓄積されやすくなります。

そして、リバウンドしたとしても、またすぐにダイエットをすれば痩せられる、という思い込みが、ダイエットを繰り返すことにつながります。

体の代謝をアップし、痩せる体質を作るダイエット方法を実践し、体質改善に取り組む意識をもつことがリバウンドの繰り返しを防ぎます。

リバウンド後のダイエットは時間をかけることが大切です

極端な食事制限で短期間のダイエットをした場合、瞬間的には体重が落ちても、リバウンドしやすく、長期的に痩せる体質を作ることにはなりません。

ダイエット後にリバウンドをしてしまうと、ダイエットをしていたときよりも痩せにくく太りやすい傾向があるといわれています。

極端な食事制限を行っているダイエット中は、体が飢餓状態になっていて栄養を欲しています。

そんな状態が続いているときに、糖質など豊富な栄養を含む食事を大量に摂取すると、一気に体内に吸収されて蓄積してしまいます。

また、ダイエット中は満腹を伝えるホルモン「レプチン」の分泌量が減少していることが考えられます。

満腹を感じにくい状態で、いつもの食事量を摂取すると、いくら食べても満足できず、過食に走る可能性があります。

ダイエット後にリバウンドを繰り返さないためには、時間をかけて少しずつ元の食事に戻していく計画が必要になります。

朝、昼、夜の食事量を調整し、夜は軽めにするなど、ダイエット中と同じように食事に対して改善意識をもつことがリバウンドを防止します。

筋トレや有酸素運動を取り入れ代謝の高い体質を目指します


ダイエットに成功して元の食事に戻した際、摂取カロリー>消費カロリーとなってしまうと、せっかくのダイエットが台無しです。

摂取カロリーを増やした分だけ消費しなければ、余ったエネルギーが燃焼されず、脂肪になって体に蓄積されていきます。

特に、極端な食事制限を行って痩せた場合、体脂肪と同時に筋肉も痩せている体になっていることが多いのです。

筋肉量が減少すると、体の代謝が下がり、エネルギーが燃焼されにくい体質になっています。

その結果、少しの食事量でも脂肪が蓄積されて太りやすく、リバウンドにつながることが考えられます。

ダイエット後は、ウォーキングなどの有酸素運動と併せて、短時間でもかまわないので筋トレを取り入れ、筋肉量を増やす運動が必要です。

筋肉を作るためには、タンパク質を中心とした、バランスの良い栄養補給も欠かせません。

筋肉が増えることにより、一時的に体重が増加することがあるかもしれませんが、体脂肪率が下がっていれば問題ありません。

体脂肪率が下がってきているのは、代謝がアップしている証しなので、脂肪を溜め込みにくい体質に改善されてきていることの期待がもてるのです。

ダイエット後の戻し方を工夫するとリバウンド予防になります

ストレスを強く感じるほどの極端なダイエットで結果がやっと出たあとなのに、「痩せたから食べても大丈夫」とすぐに気持ちが緩んでしまい、ドカ食いや過食に走る傾向が人にはあります。

ダイエットが終了したとしても、いきなり元の食事に戻さず、少しずつ量を増やしていくと、リバウンドせずに体重のキープが可能になるといわれています。

リバウンドする原因のひとつに、過食があげられます。

食べる順序を、野菜 → 汁物 → 肉・魚などの主菜 → ごはん、といった順番で、時間をかけてよく噛んで食事をするだけでも、過食を防ぐ効果は大きいのです。

厳しい食事制限ダイエットをしていた場合は、普段の食事に戻すときは、なおさら注意が必要です。

通常、糖質制限などの食事制限によるダイエットは、2~3ヶ月かけて緩やかにダイエットに取り組み、同じ時間をかけてゆっくりと元に戻すことが、体に負担をかけないといわれています。

短期間で、最低限の栄養補給に留めるようなダイエット方法で痩せた場合は、過食に走りがちになり、ダイエットをやめたときからリバウンドが始まることが多いものです。

辛いダイエットから早く解放されたい気持ちは抑え、徐々に食事量を増やすプランを立てて、リバウンドしないための体質改善を意識することが重要になります。

(まとめ)リバウンド後のダイエットはどうやって取り組めばいいの?

1. ダイエットを繰り返すことにならないよう注意が必要です

リバウンドしてしまう原因は様々ですが、極端な食事制限による短期間のダイエットは、リバウンドしやすい傾向にあるといわれています。

体の代謝をアップし、痩せる体質改善に取り組む意識をもつことがリバウンドの繰り返しを防ぎます。

2. リバウンド後のダイエットは時間をかけることが大切です

極端な食事制限を行ったダイエット後、飢餓状態になっている状態の体に、栄養価の高い食事を大量に摂取すると一気に体内に吸収されリバウンドします。

ダイエット後は、時間をかけて少しずつ元の食事に戻していく計画が必要です。

3. 筋トレや有酸素運動を取り入れ代謝の高い体質を目指します

極端な食事制限をしたダイエットでは、体脂肪と同時に筋肉も痩せている体になっています。

筋肉量が減少すると体の代謝が下がり、エネルギーが燃焼されにくくなるため、少しの食事量でも脂肪が蓄積されてリバウンドにつながることが考えられます。

4. ダイエット後の戻し方を工夫するとリバウンド予防になります

短期間で、最低限の栄養補給に留めるようなダイエット方法で痩せた場合は、過食に走りがちです。

辛いダイエットから早く解放されたい気持ちを抑えて徐々に食事量を増やすプランを立て、体質改善を意識することが重要になります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る