プチ断食で皮下脂肪は落とせますか?

プチ断食で代謝がアップすると皮下脂肪が減少することも


週末など1~3日程度の短い期間を利用して行う「プチ断食」。

固形物を食べないことで、胃や腸などの消化器官が休まり、体内に蓄積されていた老廃物が排出されるデトックス効果が期待できます。

老廃物が排出されると代謝が高まって、下半身に多く付着する「皮下脂肪」の燃焼につながるのです。

とはいえ、一度蓄積してしまった皮下脂肪を落とすことは、なかなか難しいといわれています。

皮下脂肪が多い人の特徴は、主に食べ過ぎと筋肉量が少ないことの2つが考えられています。

ごはんや麺類などの炭水化物、菓子類など糖質を多く含む食事が多い方は、エネルギーとして使い切れなかった糖が皮下脂肪となった体に蓄積されているのです。

また、筋肉量が少ないと代謝が低くなり脂肪が燃えにくい体質になっていきます。

皮下脂肪が燃焼しやすい体質に変えるためには、主食を抑え、おかず中心の栄養バランスの良い食生活と適度な運動を取り入れるとよいでしょう。

プチ断食をきっかけに食生活のリズムを整えるのもおすすめです。

皮下脂肪を燃焼させるためには食生活の改善が大切です

皮下脂肪は、男性より女性のほうが多くつきやすい傾向があり、過剰に蓄積すると皮下脂肪型肥満といわれます。

お尻や太もも、お腹まわりなどの下半身に蓄積しやすく「洋ナシ型肥満」ともいわれています。

また、一度ついてしまった皮下脂肪は燃焼しにくく、減らすことが難しい特徴があるのです。

人間の体は、ごはんや麺類などの主食となる炭水化物から糖質を摂取すると、消化・吸収されエネルギーとして燃焼し、余った糖類は脂肪となって体内に蓄積されていきます。

そのため、エネルギーとして使い切れない量の糖質を摂取し続けてしまうと、皮下脂肪は消費されることなく増え続けていくのです。

そんな皮下脂肪を燃焼させる体質に変えるためには、食生活の改善がとても重要になります。

ごはんや麺類など糖質を多く含む炭水化物中心の食事から、タンパク質を多く含む赤身肉や青魚、ビタミン、ミネラルを含む野菜や豆類、海藻類など、おかず中心の献立にしていくのがおすすめです。

タンパク質は筋肉量を増やし、体を燃えやすくする効果があります。

また、ビタミンやミネラルは脂肪燃焼を助ける効果があります。

しかし、ムダ食いやドカ食いの悪習慣があるならば、日々の食習慣を変えることは難しいものです。

プチ断食は、食習慣をリセットするためにも有効な手段といえます。

プチ断食で毒素が排出されると脂肪燃焼しやすくなります


普段から口にしている多くの食品には、食品添加物など毒素となる有害物質が付着しているといわれています。

無意識のうちに食事から摂取した毒素は、脂肪細胞に付着して体内に蓄積していくのです。

そのため、プチ断食によって代謝がアップし脂肪が燃焼すると、脂肪に付着していた毒素が排出されやすくなるといわれています。

プチ断食を行うと、固形の食べ物が摂取されないことで、エネルギーが補給されないため、脂肪や肝臓で蓄えている脂肪細胞にあるグリコーゲンが消費されていきます。

すると、体内に蓄積されている脂肪が燃焼しやすくなり皮下脂肪の減少につながりま。

そして、プチ断食を始めて8時間が経過したあたりから、便通が改善しはじめ、体内に蓄積された毒素が排出されていきます。

脂肪が燃えることで、毒素の排出を促すのでデトックス効果が高まるといわれています。

ただし、数日間行った1回だけの断食で、脂肪燃焼がしやすい体質に改善できるわけではありません。

定期的にプチ断食を取り入れ、ムダ食いをなくす意識を持つことも重要です。

プチ断食で脂肪燃焼するには冷え予防がポイントです

通常の食生活の場合、食事から摂取した栄養素が分解され消化・吸収される作用で、食後は自然に代謝が上がり、食事誘発性熱産生(DIT)が発生します。

しかしながらプチ断食中は、食事を摂らないため消化・吸収による熱エネルギーが発生せず、大幅に代謝がアップすることはありません。

そのため、体の中からエネルギーを放出させる力が弱まるため、指先や足先など体が冷えやすくなる傾向があります。

体が冷えると体内に蓄積された脂肪が燃焼しにくくなるので、体を温めてプチ断食の効果を最大限に引き出す工夫も必要です。

冷え予防のためには、軽い運動で体を動かしたり、ゆっくりと入浴したりして、体を温めるのも効果があります。

ほかにも、セルフマッサージや靴下を履くなど、体を温めて血行を促すのもおすすめです。

ほかにも、冷えを強く感じるときは、ショウガ紅茶など体を温める効果が高い香辛料を使った飲み物をプラスするのもよいでしょう。

黒糖やはちみつをほんの少量入れると、満腹感も得られリラックス効果も期待できます。

(まとめ)プチ断食で皮下脂肪は落とせますか?

1. プチ断食で代謝がアップすると皮下脂肪が減少することも

プチ断食のデトックス効果で代謝が高まったなら、下半身に付着しやすい「皮下脂肪」の燃焼につながります。

皮下脂肪が多い人の特徴は、過食と、筋肉量が少ないことがあげられます。

プチ断食をきっかけに食事と生活を整えるのもおすすめです。

2. 皮下脂肪を燃焼させるためには食生活の改善が大切です

皮下脂肪を燃焼させる体質に変えるためには、食生活の改善がとても重要になります。

ムダ食いやドカ食いの悪習慣があるならば、日々の食事を見なおすために、プチ断食で食習慣をリセットするのも有効な手段といえるでしょう。

3. プチ断食で毒素が排出されると脂肪燃焼しやすくなります

プチ断食によって代謝がアップし脂肪が燃焼すると、脂肪に付着して蓄積されていた毒素が排出されやすくなるといわれています。

すると、体内に蓄積されている脂肪が燃焼しやすくなり、皮下脂肪の減少につながります。

4. プチ断食で脂肪燃焼するには冷え予防がポイントです

プチ断食中は、食事を摂らないため消化・吸収による熱エネルギーが発生せず、大幅に代謝がアップすることはありません。

そのため、体の中からエネルギーを放出させる力が弱まるため、指先や足先など体が冷えやすくなる傾向があります。

冷え予防がプチ断食で脂肪燃焼するポイントの一つになるといえます。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る