プチ断食は疲労回復の効果がありますか?

プチ断食で自律神経が整うと疲労回復の効果があります


1~3日くらいの期間、固形の食べ物を摂取せず、ドリンク類で栄養補給をしながら体をリセットする「プチ断食」。

食べ物を消化する胃や腸などの内臓器官が休まり、体内に蓄積されていた老廃物が排出されることで体がリセットされるといわれています。

食べ物を消化する胃や腸の働きは、自律神経と大きく関わりがあります。

空腹を感じると交感神経が働き、腸が動いてお腹が鳴るなどの現象が起こるのです。

一方で、食べ物を消化するために胃や腸を活発に動かすためには、副交感神経の働きが重要です。

そのため、プチ断食で消化活動が休まると副交感神経が休まり、過食やバランスの悪い食生活によって乱れていた自律神経が整うといわれています。

自律神経が整うと、グッスリと深く眠れるようになり、睡眠のリズムも整いやすくなります。

すると、疲労回復につながり、ストレスからも解放されるでしょう。

他にも、プチ断食によるデトックス効果で便通が改善することが期待できます。

体内に蓄積されている老廃物が体外に排出されると、体調がスッキリし、疲労を軽減する効果もあるといわれています。

プチ断食で交感神経と副交感神経のバランスを整えます

体の機能を整えるために無意識に作用している「自律神経」。

自律神経とは、活動しているときや緊張しているときに活発に作用する「交感神経」と睡眠中やリラックスしているときに作用する「副交感神経」の2つから成り立っています。

正反対の特徴を持つ交感神経と副交感神経ですが、どちらかだけが活発に作用しても健康な状態を保つことはできません。

緊張と緩和の神経がバランス良く保たれることで自律神経が整い、精神的にも身体的にも健全な状態をキープできるといわれています。

そして、胃腸の働きにも自律神経が大きく関わります。

交感神経が活発になりすぎると胃の消化する力が低下していき、副交感神経が活発になりすぎると胃酸の分泌量が増加し胃が荒れてくるのです。

すると、胃腸の働きそのものが弱っていき、疲れやすく健康状態が悪化していくと考えられています。

プチ断食で食事を摂取しないことによって消化器官が休まると、乱れてしまった交感神経と副交感神経のバランスをリセットし、胃腸の働きを正常化させる効果が期待できます。

暴飲暴食が疲労の原因の1つといわれています


特定の病気ではないけれど、「体が疲れやすい」「疲労がいつまでも抜けない」などの体調不良が続くという経験はありませんか。

その原因の1つに、暴飲暴食による胃腸疲れがあるといわれています。

内臓器官の消化能力を超えた、食べ過ぎ飲み過ぎは、自律神経のバランスを崩し、胃腸の働きを低下させます。

とくに大量の炭水化物や菓子、揚げ物など糖類や脂もの中心の食事や過度のアルコールなどの食生活を続けている場合は、注意が必要です。

消化機能が低下し、体が栄養を吸収しにくくなって、ダメージからの回復も難しくなっていくといわれています。

そこで、内臓の消化機能をリセットさせる方法の1つとして、プチ断食がおすすめです。

固形の食事を摂取しないことで、胃や腸がリセットされ、食べ過ぎの習慣がついてしまった脳もリフレッシュできます。

ただし、注意が必要なのはプチ断食が終了した後です。

プチ断食を終えた達成感から、ドカ食いに走ってしまうとなんの意味もありません。

胃腸に負担を与えないおかゆや重湯などの回復食を取り入れて、体をゆっくりと慣らしながら通常食に戻すことが大切です。

デトックス効果で蓄積された疲れもリセットします

プチ断食によって消化器官が休まると、体内に蓄積された老廃物が排出され、デトックス効果が期待できます。

腸のぜん動運動を活発にする「モチリン」というホルモンの分泌量が増加し、腸内の毒素を体外に排出していくからです。

モチリンは、胃の中が空になっている状態のときに分泌するという特徴があるので、プチ断食を始めて8時間経過した頃から、便通が改善され始めるといわれています。

また、糖やアルコールを分解する肝臓が休まることで、肝機能もリセットされ、体の毒素を体外に排出する働きを取り戻すのです。

デトックスが進むと自律神経が整い、ストレスが軽減されて睡眠の質が向上し、疲労回復につながるといわれています。

また、腸内環境が整うと血液中の白血球の働きが活性化していき、免疫力がアップするといわれています。

すると、ウィルスや病原菌をブロックしていき、病気にかかりにくい体質に変化していくことが期待できるでしょう。

プチ断食で、自律神経が整い、免疫力がアップすると、体調が整い疲れにくい体をつくります。

(まとめ)プチ断食は疲労回復の効果がありますか?

1. プチ断食で自律神経が整うと疲労回復の効果があります

プチ断食で消化器官が休まると副交感神経が休まり、過食やバランスの悪い食生活によって乱れていた自律神経が整うといわれています。

自律神経が整うと、ストレスからも解放され深く眠れるようになり、疲労回復につながるでしょう。

2. プチ断食で交感神経と副交感神経のバランスを整えます

交感神経が活発になりすぎると、胃の消化する力が低下していき、副交感神経が活発になりすぎると胃酸の分泌量が増加して胃が荒れます。

すると、胃腸の働きそのものが弱っていき、疲れやすくなり健康状態が悪化していくと考えられているのです。

3. 暴飲暴食が疲労の原因の1つといわれています

内臓器官の消化能力を超えた、食べ過ぎ飲み過ぎは、自律神経のバランスを崩し、胃腸の働きを低下させます。

消化機能が低下し、体が栄養を吸収しにくくなって、疲れなどダメージからの回復も難しくなっていくといわれています。

4. デトックス効果で蓄積された疲れもリセットします

プチ断食でデトックスが進むと、自律神経や腸内環境が整い、ストレスが軽減され免疫力アップにつながることが期待できるでしょう。

免疫力の向上は、ウィルスや病原菌をブロックし、病気にかかりにくい体質をつくり、疲れにくい体をつくります。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る