プチ断食は内臓脂肪の減少に効果がありますか?

プチ断食は内臓脂肪が燃焼しやすい体質をつくります


週末などを利用して行う「プチ断食」は、2~3日の短期間、固形の食事を断ちドリンク類で栄養を補給する、身体リセット法です。

食事を摂らないことで、食べ物を消化するために常に働いている内臓器官が休まり、体がリセットされて体調を整える効果があるといわれています。

プチ断食は、短期間で体重を減らすなど、直接的なダイエット効果を目指して行う方法ではありません。

過食や偏った食習慣によって、バランスが崩れた体を元に戻し、最終的には脂肪を溜めにくい体質に改善することが目標となるのです。

とくに、白米や麺類、菓子類など糖類を多く含む炭水化物を中心とした食生活を続けている場合、エネルギーとして消費しきれなかった糖質は、内臓脂肪となって体内に蓄積されています。

プチ断食を行うと、体内に溜め込んでいる内臓脂肪がエネルギーとして消費されていきます。

その結果、体内に蓄積されている内臓脂肪や皮下脂肪がエネルギーとして燃焼されやすい体質へと変化していくことが期待できる、といわれているのです。

内臓脂肪型肥満は健康リスクが高まります

体内に蓄積された脂肪のつきかたで「皮下脂肪型肥満」と「内臓脂肪型肥満」の2つの種類に分けられます。

内臓脂肪型肥満は、腹腔内の腸のまわりに脂肪が蓄積している状態で、比較的男性に多くみられます。

太ってみえるわけではないのに、お腹まわりだけ大きくなる体型になり、隠れ肥満症ともいわれているものです。

内臓脂肪が増加する大きな原因として、エネルギーとして消費しきれない量の炭水化物やアルコール、菓子類などを中心とした糖類の大量摂取が考えられます。

内臓脂肪が過剰に付着すると、高血糖、脂質異常、高血圧などの生活習慣病を引き起こし、進行すると動脈硬化や心筋梗塞など深刻な病気のリスクが高まるので注意が必要です。

ただ、内臓脂肪はつきやすい一方で、食生活の改善や運動習慣を取り入れるだけで落としやすいという特徴があるといわれています。

内臓脂肪が燃焼しやすい体をつくるために、プチ断食で食習慣を整えるきっかけをつくると体質改善の効果が期待できます。

プチ断食とあわせて生活習慣を整える意識が重要です


内臓脂肪は、短期間のプチ断食だけで簡単に落とせるわけではありません。

内臓脂肪を燃えやすくするための体質改善に取り組む準備だと考えましょう。

そして、食生活、運動習慣、睡眠、喫煙などの生活習慣を見直し、規則正しい生活を意識することが重要になります。

食生活においては、主食となる白米や麺類、パンなどの炭水化物を控え、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどを多く含んだ、おかず中心の栄養バランスの良い献立がおすすめです。

また、ゆっくりとよく噛んで食事をすることで早食いや過食の予防につながります。

せっかくプチ断食で体をリセットしても、解放感からドカ食いをしてしまうとあっという間に元に戻ってしまい、体質改善にはつながりません。

プチ断食はあくまでスタートです。

断食終了後は、段階的に回復食を取り入れながら食生活を整えましょう。

継続的に栄養バランスのよい食生活を送ることで内臓脂肪を減らし、体重の減少にもつながるといわれています。

代謝を高めると内臓脂肪が燃焼しやすい体質になります

プチ断食で内臓器官がリセットされると、脂肪が燃焼しやすくなり、脂肪に付着していた体内の毒素が体外に排出されるようになります。

すると、体の活性化につながり、免疫力や代謝のアップにつながるでしょう。

内臓脂肪は、体を動かすエネルギーとして使われるため、体の下半身に多く付着する皮下脂肪と比較すると、燃焼しやすいという特徴があります。

そのため、体の代謝が高まれば内臓脂肪はエネルギーとして消費されやすくなり、過剰に蓄積されなくなっていくのです。

また、プチ断食によって、胃腸が休まることで老廃物が排出されやすくなりデトックス効果が期待できます。

デトックスが進むと自律神経が整うので、ストレスが軽減され睡眠の質が向上し、疲労回復につながるといわれています。

体調が整うと基礎代謝がアップしていき、プチ断食後も脂肪が燃えやすくなる体質につながることが期待できるでしょう。

(まとめ)プチ断食は内臓脂肪の減少に効果がありますか?

1. プチ断食は内臓脂肪が燃焼しやすい体質をつくります

プチ断食を行うと、体内に溜め込んでいる内臓脂肪がエネルギーとして消費されていきます。

その結果、体内に蓄積されている内臓脂肪や皮下脂肪が、エネルギーとして燃焼されやすい体質へと変化していくことが期待できるといわれているのです。

2. 内臓脂肪型肥満は健康リスクが高まります

内臓脂肪はつきやすい一方で、食生活の改善や運動習慣を取り入れるだけで、落としやすいという特徴があるといわれています。

内臓脂肪が燃焼しやすい体をつくるために、プチ断食で食習慣を整えるきっかけをつくると、体質改善の効果が期待できます。

3. プチ断食とあわせて生活習慣を整える意識が重要です

内臓脂肪は、短期間のプチ断食だけで簡単に落とせるわけではありません。

食生活、運動習慣、睡眠、喫煙などの生活習慣を見直し、規則正しい生活を意識することで体質改善につながり、内臓脂肪の減少につながると考えられています。

4. 代謝を高めると内臓脂肪が燃焼しやすい体質になります

プチ断食で内臓器官がリセットされると、脂肪が燃焼しやすくなり脂肪に付着していた体内の毒素が体外に排出されるようになります。

すると、基礎代謝がアップしていき、プチ断食後も内臓脂肪が燃えやすくなる体質への改善が期待できるのです。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る