プチ断食と糖質制限を合わせると、どんな効果がありますか?

プチ断食と糖質制限でダイエット効果が増すといわれています


プチ断食は、週末などを利用して1~2食を抜くなどを行う、軽い断食のことです。

手軽に始めやすく短期間で行うことができ、コストもほとんどかからないため、人気があるようです。

現代は、食生活が豊かになり、いろいろな種類の食べ物が溢れていて、私たちは常に食べすぎる傾向にあるといわれています。

食べすぎると肥満を招きやすくなるうえ、消化にエネルギーを消費しなければならなくなって、エネルギーを他の活動に使うことができなくなります。

プチ断食の本来の目的は、食事を摂らない期間をつくり、胃腸を休ませることです。

胃腸の疲労が回復すると、体は老廃物を排出するようにはたらき、デトックス効果があるといわれています。

食事を摂らないためプチ断食後は少し体重が減るかもしれませんが、元に戻りやすいようです。

プチ断食で減った体重をキープするためには、プチ断食前後の食事内容に注目してみましょう。

プチ断食の前日から、消化が良く、脂っこい食品を避けて食事の量を減らし、体を慣らしておきます。

プチ断食後も、胃腸に負担をかけないような食事内容で、とくに、糖質を摂りすぎないようにしましょう。

空腹の状態が続いた後は、私たちの体は栄養を吸収しやすくなっていますので、甘いものや脂肪の多い食品を摂ると一気に吸収されてしまします。

糖質はエネルギーとして消費されずに余ると脂肪として蓄積されてしまいますので、糖質を控えることで、ダイエット効果が期待できます。

プチ断食の目的は、胃腸を休ませることです

普段から食べすぎていると、胃腸は消化のために忙しくはたらかなければならないので、疲労した状態が続きます。

胃腸の疲労を避けるためには、昔からいわれるように、腹八分にして食べ過ぎないことが大切です。

しかし、あらゆる食品が溢れる現代の食生活では、過食傾向になってしまうのも仕方のないことかもしれません。

プチ断食を行うことが、こうした食生活を見直したり、改善したりするよい機会になるでしょう。

プチ断食は、固形物を摂らないことで疲れた胃腸を休め、体をリセットする効果があるといわれています。

プチ断食を行うことで、胃腸が回復し消化のためのエネルギーを他の体内活動に回すことができるようになりますので、新陳代謝がすすんで体調が良くなり、体に溜まった老廃物を排出しやすくなります。

便秘が解消されて、知らないうちに腸内に溜まった毒素も排出されるので、肌の調子も良くなるなどの効果も期待されるでしょう。

プチ断食前後の糖質を控えることで、減った体重を維持します


一般的にプチ断食では固形の食品を摂らないので、体重が減ることが多いようです。

体重が減っても、プチ断食後にすぐに元の食生活に戻したり、空腹のあまり急いで大量に食べてしまったりすると、体重はすぐに戻ってしまいます。

また、プチ断食でダイエットをする場合は数回に分けて継続的・断続的に行うことが多く、一度のプチ断食で劇的に痩せるというものではないようです。

減った体重を維持するためには、プチ断食前後の食事内容はとても重要となります。

消化が良く、脂肪分の少ない食事を腹八分目まで食べることが理想的です。

プチ断食中は水分をしっかり摂り、できればフルーツや野菜ジュースなどでビタミンやミネラルも補うようにすると、より代謝を活性化することができます。

そして、肥満の原因となりやすい糖質を控えることが大切です。

私たちの体は、エネルギー源となる糖質を摂りすぎて余ると、脂肪にかえて蓄積してしまうからです。

肥満の予防、改善。普段の食事でも糖質を控えましょう

ダイエットの基本は、摂取するカロリーよりも消費するカロリーを減らすことといわれます。

カロリーを控えることで痩せる効果は期待できますが、食事のバランスが偏って栄養不足になることもあります。

健康的に痩せるためには、栄養バランスの取れた食事は欠かせないものです。

プチ断食の前後も食事の栄養バランスをととのえて、体調に悪影響が出ないようにしましょう。

現代、肥満の原因の一つは、単にカロリーの摂りすぎということではなく、糖質の摂りすぎとも考えられています。

糖質は私たちの体にとって大切なエネルギー源、体の源ですが、摂りすぎると脂肪として蓄積されるほか、糖質を摂って血糖値が上がると分泌されるインスリンは糖質を脂肪にかえるようにもはたらきます。

糖質を控えることで糖質が減少すると、かわりに脂肪がエネルギー源となりますので、脂肪の燃焼を促すことにもつながるでしょう。

(まとめ)プチ断食と糖質制限を合わせると、どんな効果がありますか?

1. プチ断食と糖質制限でダイエット効果が増すといわれています

プチ断食の本来の目的は、食事を摂らない期間をつくり、胃腸を休ませることです。

食事を摂らないためプチ断食後は少し体重が減るかもしれませんが、元に戻りやすいようです。

プチ断食で減った体重をキープするためには、プチ断食前後の食事内容に注目し、とくに、糖質を摂りすぎないようにしましょう。

2. プチ断食の目的は、胃腸を休ませることです

普段から食べすぎていると、胃腸は消化のために忙しくはたらかなければならないので、疲労した状態が続きます。

プチ断食は、固形物を摂らないことで疲れた胃腸を休め、体をリセットする効果があるといわれています。

また、胃腸が回復して消化のためのエネルギーが他の活動に回されるため、新陳代謝がすすんで体調が良くなるといわれているのです。

3. プチ断食前後の糖質を控えることで、減った体重を維持します

プチ断食で体重が減っても、すぐに元の食生活に戻したり、空腹のあまり急いで大量に食べてしまったりすると、体重はすぐに戻ってしまいます。

減った体重を維持するためには、プチ断食前後は、消化が良く脂肪分の少ない食事を腹八分目に食べるようにし、糖質も控えましょう。

4. 肥満の予防、改善。普段の食事でも糖質を控えましょう

カロリーを控えれば減量効果は期待できますが、食事のバランスが偏って栄養不足になることもあります。

プチ断食の前後も、食事の栄養バランスをととのえて、体調に悪影響が出ないようにしましょう。

肥満の原因の一つには、糖質の摂りすぎもありますので、糖質を控えることで脂肪の燃焼を促し、さらには肥満の予防や改善につなげることができると考えられます。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る