ダイエットの停滞期にプチ断食を利用するのはどうですか?

新しい刺激にはなりますが痩せる手段としては難しいでしょう


ダイエット中、それまで順調に落ちていた体重が、ある日突然落ちなくなるという体験をした方はいませんか。

これが、まさに「停滞期」です。

停滞期になると、ダイエットのモチベーションが下がったりイライラしたりと挫折してしまうケースも多いようです。

そして、そのなかには「痩せるためには食べなければよい」と思いプチ断食を考える方もいるでしょう。

たしかに、プチ断食をすると代謝や排泄がスムーズになり、人によっては痩せることができるかもしれません。

この他にも、胃腸が休まったり食事に対する意識が変わったりとメリットがあります。

しかしその一方で、プチ断食は短期間おこなうもので、長期間続けられないというデメリットがあります。

プチ断食を痩せる手段として利用するのは難しいでしょう。

停滞期にプチ断食を利用するなら、新しい刺激の一つとして考えるべきです。

また、停滞期が訪れても、適切な運動と食事を続けましょう。

停滞期後には、体重や体脂肪が落ちてきます。

健康的にダイエットを成功させるには、何より続けることが大切です。

停滞期の原因は、ホメオスタシスが体に働くからです

そもそもなぜダイエット中に停滞期になるのでしょうか。

それは、体にホメオスタシス(恒常性)という機能があるからです。

ホメオスタシスとは、私たちの体がどんな状況であろうとそれに適応し、現状を安定させようとする働きです。

たとえば、「暑いときには汗をかいて体温を一定に保とうとする」「水分が足りないと喉が渇いて水分補給するように促す」など無意識下にホメオスタシスが機能しています。

ダイエット中でも、ホメオスタシスは機能します。

運動や食事制限をして、体重や体脂肪が落ちていくと、体がこれ以上痩せたら生命が危ないと感知するのです。

すると、体は生命を守るために栄養吸収を高め、カロリー消費を抑えるようになります。

この状態が停滞期です。

簡単に説明すると、停滞期は通常モードから節約モードに切り替わるイメージです。

対策としては、この部分のホメオスタシスが機能しづらくすればよいでしょう。

つまり、1ヶ月1キロ程度、ゆっくりゆっくりダイエットに取り組むことです。

体重が減り過ぎなければ、体は生命の危険を感じることがありません。

プチ断食はダイエット法というより臓器を休ませる健康法です


私たちは何気なく食事をしていますが、その間でも臓器はフル活動しているのです。

食事をすると、体では消化吸収するために胃腸が活発に動きます。

また、食べ物がすべて栄養になるわけではなく、必ず老廃物が生じます。

それを排泄するために、肝臓や腎臓などにも負担がかかるのです。

このように、食べれば食べるほど臓器がハードワークをすることになるのです。

そこでプチ断食で、少しだけ食事をしない時間をつくります。

すると、胃腸やその他の臓器が休憩できるというわけです。

臓器が一休みして元気になると、新鮮な血液が行き渡って肌がきれいになったりたるみが少なくなったりと、体に変化があらわれます。

また、体だけではなく精神面でも変化があらわれます。

食べ物に感謝する気持ちが生まれたり食事に対する向き合い方が変わったり、体から心へ、プチ断食が脳へ新しい刺激を与えるのです。

ダイエット中に、プチ糖質制限をすることも可能です

「プチ断食すれば痩せる」と考える方も多いでしょう。

たしかに、プチ断食をすると代謝や排泄がスムーズになるため、人によっては痩せることができるかもしれません。

しかし、プチ断食はダイエットのように継続しておこなうものではありません。

プチ断食は、半日や1日など短時間でおこなうものです。

健康的に体重や体脂肪を落とすには、適切な運動と食事を継続することが必要ですが、それがプチ断食ではできないのです。

ダイエット中、少し食事を抜いてみたいという方は「プチ糖質制限」をするのがおすすめでしょう。

たとえば、「夕食だけごはんを抜く」「白米をやめて雑穀米や玄米にする」など糖質を控えめにするのです。

プチ断食よりハードルが低く、継続しておこなうことも可能でしょう。

今の私たちの体は、何十年もかけてできあがったものです。

数週間で理想的な体型になるのはムリがあります。

どんなダイエットでも、自分が継続できる方法を選びましょう。

(まとめ)ダイエットの停滞期にプチ断食を利用するのはどうですか?

1. 新しい刺激にはなりますが痩せる手段としては難しいでしょう

健康的にダイエットをするには継続することが大切ですが、プチ断食は継続しておこなうものではありません。

そのため、痩せる手段として利用するのは難しいでしょう。

もし停滞期にプチ断食を取り入れるのであれば、新しい刺激の一つを体に与えるつもりで取り組むとよいでしょう。

2. 停滞期の原因は、ホメオスタシスが体に働くからです

ホメオスタシスとは体を安定させようとする働きです。

ダイエットをすると、生命が危ないと体が感じホメオスタシスが働きます。

すると、体は栄養吸収を高め、カロリー消費を抑えようとするのです。

この状態が、停滞期といわれます。

3. プチ断食はダイエット法というより臓器を休ませる健康法です

プチ断食は、ごく短期間、食事を抜く健康法です。

食事によって疲れた臓器を休ませるとともに、精神面にも影響を与えます。

食べ物に感謝する気持ちが生まれたり食事に対する向き合い方が変わったりと脳に新しい刺激を与えるのです。

4. ダイエット中に、プチ糖質制限をすることも可能です

ダイエット中、食事を抜いてみたいという方は「プチ糖質制限」がおすすめです。

プチ糖質制限では、主食をカットしたり玄米を取り入れたりと糖質を控えめにします。

プチ断食は1日程度ですが、この方法なら、毎日続けることができます。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る