果物を使ったプチ断食ってどうやるの?

果物だけを食べるというプチ断食を行う時は短期間にし、消化のしやすい状態で食べましょう


果物でのプチ断食する時は2日間までにし、ほかにも午前中食べる果物は1種類に絞り、南国果物を避け、十分な水分補給も心がけましょう。

そしてプチ断食中はエネルギーが不足しやすいため、激しい運動を控えて胃腸とともに体を休ませることです。

またダイエットを目的として長期的に取り組みたい時は、糖質制限に切り替えるときちんと食事を取りながら行えるため続けやすくなります。

果物でプチ断食をする場合は短期間にとどめましょう

プチ断食は本格的な断食とは違い、自宅でできる範囲行う方法のため、短期間にとどめてください。

果物を使ったプチ断食に場合も同じで、行う期間は2日間までにするようにしましょう。

果物によるプチ断食の方法

2日間は果物と水分だけを口にして過ごす方法で、終了後はお粥など消化のよい物を少しずつ食べます。

午前中は1種類だけにする

果物には酵素が含まれており、体の代謝に必要な物ですが、あらゆる果物を合わせて取ると酵素の反発が起きる場合もあります。

それに午前中は排泄が行われる時間のため、酵素の働きを生かすためにも食べる果物の種類は1種類にしましょう。

南国フルーツは避ける

果物は採れた場所によって栄養価に違いがあるため、南国で採れた果物はその土地の気候に対応するように体を冷やす働きがあります。

しかしプチ断食中に体を冷やすことは望ましくないため、南国の果物は控えることがおすすめです。

水分補給を多めにする

普段は食べ物からも水分を補給していますが、プチ断食中はその量が減ってしまうため積極的に水分を取ります。

その時の飲み物は水やノンカフェインのお茶がおすすめで、体に優しいハーブティーを飲んでもよいでしょう。

体を休めてリセットをするため激しい運動は避けましょう


果物を使ったプチ断食の目的は体重を落とすことよりも、胃腸を休めて代謝アップすることにあります。

そのため果物と水分以外は口にせず過ごすことになるため、エネルギー不足になりがちです。

十分なエネルギーが補給されていない状態で激しい運動を行うと体に負担がかかり、危険な状態になる恐れもあるため、プチ断食中は避けましょう。

ジュースにすると消化しやすい

食べごたえを求めてしまうと果物はそのまま食べたくなりますが、消化しにくくなるのでミキサーなどでジュースにして飲むことをおすすめします。

消化のしにくい果物は、エネルギーを使ってしまい体を休めにくくなることからも、ひと手間加えて消化を助ける状態にしましょう。

炭酸水を使って空腹を乗り越える

空腹を紛らわせたい時には炭酸水を使って作る、ぶどうスカッシュを取り入れてみましょう。

作り方はまず巨峰の種を取り皮ごとミキサーにかけて、あとは炭酸水に入れて混ぜるだけでできあがりです。

炭酸水により満腹感が得やすくなるため、プチ断食の継続を助けてくれます。

長期間ダイエットを続けたい時は糖質制限も考えてみましょう

プチ断食もダイエット方法のひとつといえますが、あくまで胃腸を休ませて働きを整えることが主な目的です。

そのため短期間で行うので、大きく体重を落とすことは難しく、長期的にダイエットに取り組みたい場合は、糖質制限を選んでみましょう。

きちんと食べて栄養補給する方法

糖質制限は、糖質の摂取量を抑えてその分タンパク質や食物繊維を取ることで補います。

そのため体をつくるもとになるタンパク質を十分取ることができるため、筋肉がエネルギーとして使われてやせ細るなどの心配もないでしょう。

また食べられないことにストレスを感じる人にとっては、3食きちんと食べられる糖質制限の方がストレスの少ないダイエットといえます。

糖質制限中の果物摂取

果物には酵素やビタミンなど体の働きにうれしい成分が含まれていますが、糖質の面からすれば多く含まれている物は控えた方がよいでしょう。

そして果物に限らずヘルシーだといわれる食品の中にも糖質を多く含む物があるため、成分を確認してから口にすることがおすすめです。

(まとめ)果物を使ったプチ断食ってどうやるの?

1.果物だけ食べるプチ断食を行う時は短期間にし、消化のしやすい状態で食べましょう

プチ断食を果物だけで行う場合は2日間までにし、消化しやすい状態で食べるほか、激しい運動は避けて体を休ませましょう。

長期的なダイエットが行いたい場合は、糖質制限をするという方法もあります。

2.果物でプチ断食をする場合は短期間にとどめましょう

果物でのプチ断食は2日間果物と水分だけで過ごす方法です。

気をつけたいポイントには、午前中に取る果物は1種類・南国産果物は避ける・水分補給をしっかりすることが挙げられます。

3.体を休めてリセットをするため激しい運動は避けましょう

胃腸を休めるプチ断食ではエネルギー補給が十分ではないため、激しい運動は避けましょう。

果物を食べる時もそのままでは消化で胃腸に負担がかかるため、ミキサーにかけるなどして消化を 助けることがおすすめです。

4.長期間ダイエットを続けたい時は糖質制限も考えてみましょう

短期間のプチ断食ではなく長期的なダイエットをしたい場合は、糖質制限を行ってみましょう。

タンパク質と食物繊維をしっかり取りつつ糖質量を抑える方法で、食事は1日3回食べられるため、食べられないことにストレスを感じる人にはおすすめの方法です。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る