プチ断食中はゼリー飲料なら飲んでもいいの?

プチ断食中にはゼリー飲料を飲むよりも野菜ジュースの方がおすすめです


プチ断食では胃腸を休めて代謝を改善することが目的のため、低カロリーだからとゼリー飲料を使うことは避けましょう。

なぜなら人工甘味料が含まれているために、排泄のため体に負担をかけることが考えられるからです。

それよりも空腹時には手作りの野菜ジュースを使うことがおすすめで、もしプチ断食でダイエットも目的にしているのであれば、3食我慢せず食べられる糖質制限へ切り替える方法もあります。

プチ断食は胃腸を休めることを大切にします

食べ過ぎや有害物質の排泄などで疲れた胃腸を休めるために行うプチ断食は、短期間食べ物を取らずに過ごします。

しかしプチ断食に慣れない人や空腹に耐えきれない時には、ストレスがたまってしまいなにかを口にせずにはいられなくなるでしょう。

この時考えがちなことは、カロリーの低い物なら食べてもよいのではないかということです。

ゼリー飲料にも0kcalをうたって販売している製品が多数ありますが、甘味や風味がつけられているものがほとんどで、ここで使われている物が人工甘味料です。

しかしこの人工甘味料が消化器官に負担をかける可能性があります。

エネルギーを取らないため、胃腸を休めているように思いやすいですが、添加物である人工甘味料が体に入るとそれを排泄するために体が働かなくてはならなくなります。

するとプチ断食をして胃腸を休めるはずが、逆効果になってしまうこともあるのです。

ちなみにダイエットだけの目的であれば多少人工甘味料を使っていてもとくに問題ありませんが、胃腸を休めて代謝改善を狙う時には避けておきたいものでしょう。

手作りの野菜ジュースなど体に優しい飲み物を使いましょう


週末3日間を使ってプチ断食をする時、間の1日は固形物を食べずに過ごします。

しかし水やお茶だけでは満足できない時、野菜ジュースを飲む方法があり、そのほかにはだし汁や具の入っていない味噌汁でもかまいません。

手作りした野菜ジュースがおすすめ

野菜ジュースの市販品は手軽で用意しやすいですが甘い物も多いため、購入する時は成分表示を見て砂糖が入っていないか確認しましょう。

ゼリー飲料の場合、砂糖や人工甘味料が入っている物が多いことからも避けた方がよいです。

そして野菜ジュースをつくる時は用意した野菜をミキサーにかけるだけですが、飲みにくいと感じる場合はりんごを半分入れてもかまいません。

あくまで空腹を紛らわすために使う

プチ断食中には十分な水分補給が欠かせませんが、野菜ジュースなどを飲み物代わりにたくさん飲むことは避けましょう。

そして食べ物から取っていた分の水分も補えるように、しっかりと水やお茶で水分補給した上で、空腹がツライ時だけに野菜ジュースなどを活用することがプチ断食のポイントです。

食事をしっかり取ってダイエットがしたい場合は糖質制限がおすすめです

プチ断食をしていてどうしても空腹を我慢することが苦しくなるかもしれません。

そして空腹を紛らわすために野菜ジュースやゼリー飲料を飲むだけでは満足できず食べ物を食べたいと感じる時には、糖質制限を選ぶ方法もあります。

もしプチ断食をする目的にダイエットも考えているのであれば、糖質制限に切り替えた方がスムーズに進められる可能性があります。

3回の食事を我慢しない方法

糖質制限のポイントは糖質の摂取量を減らすことで、その代わりタンパク質や食物繊維をたっぷり取るようにします。

糖質制限の場合食事は1日3回、ポイントを守れば我慢せず食べられるため、空腹に耐えることがツライ人にはおすすめの方法です。

ちなみに糖質の量を減らすと体内に入るブドウ糖の量が減るため、ブドウ糖を使い切ると行われる体脂肪の燃焼へ早く切り替わるようになります。

運動も行って長く続ける

プチ断食との違いは長い期間にわたって行うことができる点で、糖質制限をしながら運動を行うとダイエット効果のアップが期待されます。

慣れない運動は体にムリをさせ継続が難しくなることもあるため、適度な内容から始めましょう。

(まとめ)プチ断食中はゼリー飲料なら飲んでもいいの?

1.プチ断食中にはゼリー飲料を飲むよりも野菜ジュースの方がおすすめです

胃腸を休めるためのプチ断食中は、人工甘味料の入ったゼリー飲料は避けて、空腹対策には手作りした野菜ジュースを使いましょう。

もしダイエットもプチ断食で目指すのであれば、3食食べながら行える糖質制限へ切り替える方法もあります。

2.プチ断食は胃腸を休めることを大切にします

胃腸を休めるためにプチ断食をする時は、人工甘味料の入ったゼリー飲料は避けた方がよいでしょう。

人工甘味料が体に入るとそれを排泄するために働くため、内臓を休められなくなるからです。

3.手作りの野菜ジュースなど体に優しい飲み物を使いましょう

ゼリーには砂糖や甘味料が多く入っているため、プチ断食中は手作りした野菜ジュースを飲む方がおすすめです。

作り方は簡単で用意した野菜をミキサーにかけるだけですが、飲みにくい時はりんご半分を入れてみましょう。

4.食事をしっかり取ってダイエットがしたい場合は糖質制限がおすすめです

ダイエットも目的としてプチ断食をする時、空腹に耐えられなければ糖質制限へ切り替える方法もあります。

糖質を減らしてタンパク質を多く取る方法で、食事を我慢しないで運動をしつつ長く継続することができるでしょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る