りんごを使ったプチ断食の方法とは?

りんごを使ったプチ断食は2日間までにし、ムリせず体調のよい時に行いましょう


栄養価の高いりんごは、胃腸の働きを整える成分や抗酸化作用を持つ成分が含まれています。

りんごをプチ断食に使う方法は2日間にわたり、1日6~7個のりんごと水分だけで過ごすというものですが、エネルギーが不足しやすいため激しい運動は避けましょう。

またりんごを使ったプチ断食のように短期間の方法だけでなく、長期間取り組めるダイエットとしては糖質制限があり、糖質の量を減らしてその分タンパク質と食物繊維を取る方法です。

りんごは栄養価が高く、デトックスにも役立つといわれています

りんごは1日1個食べると健康にうれしい働きがあるといわれるだけでなく、低カロリーで調理の手間がかからないことからプチ断食の食材として適しているといえます。

そしてりんごは皮まで食べるとさらに豊富な栄養素を取ることができるため、まるごと食べることがおすすめです。

りんごに含まれる栄養素
  • ペクチン
    皮に多く含まれる成分で整腸作用を促してコレステロールの排出や便秘予防に役立つといわれています。
  • ポリフェノール
    ペクチン同様に皮に多く含まれており、活性酸素を抑え、コレステロールを排出する働きが期待されます。
  • カリウム
    取りすぎた塩分の排出に役立ち、むくみ予防になるとされます。
  • 有機酸
    リンゴ酸やクエン酸などのことで、胃腸の働きを整え殺菌作用が期待されるほか、疲労回復にも役立ちます。
りんごでプチ断食する方法

りんごを1日6~7個、2日間にわたって食べる方法でりんごと水分以外の食べ物は口にしないプチ断食です。

りんごの食べ方はそのままでもすりおろしても、食べやすい方法でかまいません。

エネルギー不足になりやすいため短期間にとどめましょう


りんごを使ったプチ断食は、ダイエットを目的とするよりもあくまで胃腸を休めて整えることを目指しましょう。

実際に行った人は体重が少し減ったという意見もありますが、食べる量が普段より大きく減っているためともいえます。

それにりんごは低カロリーでエネルギーが不足しやすく、体をつくるために必要なタンパク質をほぼ取れないため、2日間のような短期間にとどめておきましょう。

また以下の点にも配慮して実践するようにしてください。

体をつくる栄養素が不足しやすい

りんごに含まれるタンパク質の量はごく少なく、りんごを食べているだけでは必要量を補いきれません。

そのためりんごによるプチ断食は長期間行わず、短期間にしておいた方が安全なのです。

生理中や体調不良時は避ける

エネルギー補給が難しい点からも体調が万全でない時には、りんごでのプチ断食は行わないようにしましょう。

また生理中も体調が崩れやすいことから避け、取り組んでいる間は激しい運動も控えることがポイントです。

回復期間が必要

りんごだけの食事を2日間続けたあと、急に消化しにくい食事を取っては胃腸に負担がかかるため、お粥のような消化しやすい物から食べるようにしましょう。

週末の2日間でりんごのプチ断食をし、残りの1日で回復していくという方法もあります。

きちんと食べてダイエットしたい時は糖質制限に切り替えましょう

ダイエットを目的としてプチ断食に取り組もうとした時、どうしても長期間続けられないことがネックになってきます。

それに思うように食べられないことも継続しにくいポイントとなってしまうため、その点をクリアできる糖質制限によるダイエットにチャレンジしてはいかがでしょうか。

食事をきちんと取る方法

糖質制限の特徴は、糖質を控えめにしてタンパク質や食物繊維をしっかり取ることを守りながら1日3食食べられることです。

そのため体づくりや運動に必要なエネルギーの補給が十分行えるため、長く続けやすく、また同時に運動を行うこともできます。

糖質制限ではりんごを控える

栄養豊富なりんごですが、糖質制限では糖質を多く含むという理由から避けることが勧められています。

りんごに限らず糖質の多い果物全般を控えることもポイントなため、口にする食材の糖質の量を確認しておくことが必要です。

(まとめ)りんごを使ったプチ断食の方法とは?

1.りんごを使ったプチ断食は2日間までにし、ムリせず体調のよい時に行いましょう

りんごに含まれる整腸作用や抗酸化作用を持つ成分により、プチ断食の食材として使えますがエネルギー不足の恐れがあり、短期間にとどめましょう。

より長期間ダイエットを目的として取り組みたい場合には、糖質制限を行う方法があります。

2.りんごは栄養価が高く、デトックスにも役立つといわれています

栄養価が高いりんごには、胃腸の働きを整えるとされるペクチンや抗酸化作用が期待されるポリフェノールが含まれています。

りんごを使ったプチ断食では1日6~7個のりんごだけを食べる方法で、期間は2日間までにしましょう。

3.エネルギー不足になりやすいため短期間にとどめましょう

りんごは低カロリーでエネルギーが不足しやすく、タンパク質もごく少なく体づくりの栄養も欠乏しがちです。

そのためりんごのプチ断食は2日程度の短期間にとどめ、終了後はお粥など消化のよい物を食べて慣らしていきましょう。

4.きちんと食べてダイエットしたい時は糖質制限に切り替えましょう

長期間取り組みやすいダイエットには糖質制限があり、糖質を控えてタンパク質や食物繊維をしっかり取ることを守った食事を1日3回食べられる方法です。

糖質制限する時は糖質の多いりんごを食べることは控え、そのほかの甘い果物も控えるようにしましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る