プチ断食中どうしてもお腹がすいたら?

プチ断食中に固形物を食べることは避け、お腹がすいた場合は野菜ジュースで乗り切りましょう


プチ断食をしていてどうしてもお腹がすいた時は、野菜ジュースを使いましょう。

この時市販品はできるだけ避けて、手作りのものを飲むことがおすすめです。

しかし夜や朝だけのプチ断食であれば、寝ている時間が長いので空腹に耐える時間も短くなります。

またプチ断食中にお腹がすいたと感じることが苦痛の場合は、3食摂ることのできる糖質制限に取り組むこともひとつの方法です。

プチ断食中にお腹がすいた時は甘さの少ない野菜ジュースを使いましょう

週末3日間で行うプチ断食は間の1日は食べ物を取らずに過ごすため、どうしてもお腹がすいた状態になってしまいます。

普段から食べることが好きな人やはじめてプチ断食にチャレンジする人は、1日であっても空腹に耐え続けることが難しいこともあるでしょう。

その時には野菜ジュースを飲んで乗り越える方法があり、できれば市販品よりも手作りがおすすめです。

市販品は添加物が多い

砂糖や食塩を加えてつくられた野菜ジュースが多いため、プチ断食中に使う野菜ジュースは砂糖不使用のタイプを選ぶとよいです。

しかし砂糖が使われていないだけで、果物などに含まれるショ糖などは入っているため飲みすぎないようにしましょう。

野菜ジュースのレシピ

プチ断食中にお腹がすいた時には野菜ジュースを手作りすると添加物が入ることなく、ダイエットにもうれしい飲み物になります。

おすすめな野菜ジュースの材料の一例として、ニンジン2~4本をジューサーにかけた物や小松菜2枚・セロリ2本・ニンジン1本を同じくジューサーにかけて作ったものが挙げられます。

そして飲む時にその都度作った方が栄養をそのまま取りやすくなるでしょう。

その日だけのプチ断食なら空腹に耐える時間も短くなります


たとえば週末を利用して3日間行うプチ断食は、年4~5回ほど行うことが目安とされていますが、丸1日空腹に耐えなければならないものです。

しかし夕食後から翌朝までや夕食後18時間空けるプチ断食の方法は、寝ている時間が大半のため起きた状態で空腹に耐え続けることも少なくなるでしょう。

そのためその日だけのプチ断食の場合は、水分を取るだけにして早く寝るようにすれば乗り切りやすくなるのです。

20時までに食事を終える

たとえば夜だけのプチ断食を行う場合、食事を20時までに終えて翌日の朝食までは水分だけにします。

22時以降になると栄養は脂肪としてため込むようになるため、20時までに食事を終えて消化しておくことは、太りにくい体づくりにもつながります。

食べ過ぎの対処法としてのプチ断食

飲み会などがあり食べ過ぎてしまった時には、夕食を取った時間から18時間食べ物を取らないプチ断食の方法があります。

消化器官に負担をかけているので、空腹でツライ時間はそれほど長くないかもしれませんが、翌日の昼頃までは食べ物を取らないようにしましょう。

空腹に耐えられない場合は糖質制限をするという選択肢もあります

週末3日間や夜または朝だけ行うプチ断食は、大幅な体重ダウンをするためのダイエットではなく、代謝の改善を目的としています。

もちろん1日食事を取らないことになるため、その分体重が減ることはありますが代謝をよくして痩せやすい体へと導くことを目指すのです。

しっかり痩せたい時は糖質制限

プチ断食よりも積極的にダイエットに取り組みたい、しっかりと痩せたい場合は糖質制限もひとつの方法です。

プチ断食との大きな違いは、糖質制限は3食すべてきちんと食べられることで、食べないことや空腹感にツラサを感じる人には取り組みやすいでしょう。

糖質制限での食事は、糖質の量を控えてタンパク質や食物繊維をその分しっかりと取ります。

主食には糖質が多く含まれているため、低糖質タイプのパンなどに切り替えると、主食をそれほど我慢することなくチャレンジすることができます。

また低糖質に配慮した食品は多数発売されているため選ぶ楽しみもあり、その点も続けやすい特徴です。

(まとめ)プチ断食中どうしてもお腹がすいたら?

1.プチ断食中に固形物を食べることは避け、お腹がすいた場合は野菜ジュースで乗り切りましょう

プチ断食中は食べ物を避けてお腹がすいた時には手作りの野菜ジュースで乗り切ったり、夜や朝だけのプチ断食にしたりしましょう。

食べられず空腹に耐えられない場合は、3食食事ができる糖質制限に切り替える方法もあります。

2.プチ断食中にお腹がすいた時は甘さの少ない野菜ジュースを使いましょう

プチ断食でお腹がすいた場合は野菜ジュースを飲んで紛らわせる方法もあります。

その時飲む野菜ジュースは手作りしたもので、砂糖などを加えない素材の成分だけがおすすめです。

3.その日だけのプチ断食なら空腹に耐える時間も短くなります

朝だけや夜だけといったプチ断食では、お腹がすいたと感じる時間も短く、寝て過ごす時間も多いため乗り切りやすいでしょう。

夜だけのプチ断食は20時までに食事を終え、朝だけの場合は夕食後から18時間経つことが目安です。

4.空腹に耐えられない場合は糖質制限をするという選択肢もあります

プチ断食の目的は大幅な体重ダウンではなく、代謝をアップするためなので、しっかり痩せたい場合は糖質制限もひとつの方法です。

糖質制限はきちんと食事を取るためお腹がすいたと我慢することなく、決まりを守れば食べられることがプチ断食との大きな違いです。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る