プチ断食中に飲んでよいのはどんなお茶?

プチ断食中に飲むお茶にはとくに決まりはありませんが砂糖などが入っていない物にしましょう


水分補給はプチ断食中に大切なことで、基本的に水を飲むようにしますがお茶を用いて気分を変えてもよいでしょう。

その時のお茶は糖分やカフェインの入っていない麦茶のようなお茶にしてください。

それから日頃飲み慣れていないお茶は刺激が強い可能性もあるため控えておき、どうしても空腹に耐えられない場合は野菜ジュースを飲んでもよいでしょう。

またツライ空腹に耐えられない場合は食事を取りつつ行える糖質制限にする方法もあります。

プチ断食中の飲み物は基本的に水を選びます

週末3日間など短い期間で行うプチ断食中は水分補給に使う飲み物にも気を配る必要があり、できるだけ水を飲むようにしましょう。

しかし水しか飲めないとストレスがたまってしまう時には、お茶を飲んで乗り切ることもひとつの方法です。

プチ断食の目的は消化器官を休めること

プチ断食は食べ物を取らないことで日頃から活動を続けている消化器官を休ませ、代謝をアップさせるために行います。

そのため水分以外の成分が含まれていると、消化器官を休ませにくくなることがあるのです。

食べ物から水分を取れないので水分補給が大切

普段は食べ物からも水分を取っているため、それほど積極的に水やお茶を飲まなくても水分補給は大体できているでしょう。

しかしプチ断食で食べ物を口にしない場合その分の水分が不足しやすくなるため、普段よりも積極的に水分補給を心がける必要があります。

プチ断食におすすめのお茶

体に負担をかけずに水分を取りやすいお茶はノンカフェインの物で、たとえば麦茶が挙げられます。

また麦茶には血液をサラサラにするといわれるGABAが含まれていることから、体に優しい飲み物といえるでしょう。

飲み慣れないお茶や刺激の強いお茶は避けましょう


食べ物と一緒に取れば成分の刺激が緩和されることも期待できますが、空腹の状態で飲むお茶は消化器官に刺激が強すぎる場合もあります。

そのため日頃から飲み慣れており、飲んでも異常が起きたことのない物をプチ断食中に飲んだ方が安心です。

糖分などの取りすぎに注意

お茶は水と違って水分以外の成分を含んでいることが特徴のため、成分がプチ断食のメリットを高めることもあれば、その逆で妨げることもあります。

たとえば紅茶は砂糖や牛乳などが加えられた製品も多く、紅茶を飲みたい場合は自分で淹れてなにも加えないことがおすすめです。

またカフェイン入りのお茶をたくさん飲んでいるとカフェインの取りすぎが心配されるため、できればノンカフェインのお茶を選びましょう。

ハーブティーは体に合うか確かめておく

健康にうれしい働きが期待されるハーブティーですが、成分によっては体質に合わず悪影響が出てしまう可能性もあります。

そのためプチ断食ではじめて口にするのではなく、事前に飲んでみて大丈夫かを確認してからの方が安心でしょう。

空腹をお茶で乗り越えられない時は野菜ジュースを使う方法もあります

プチ断食で食べ物を取らない時は水やお茶で乗り越えることがポイントですが、どうしても難しい時やはじめての場合は野菜ジュースを飲んでもかまいません。

無添加タイプを選ぶ

市販の野菜ジュースは砂糖や塩分が添加されている物も多く、野菜ジュースを飲みすぎればプチ断食の目的から外れる可能性があります。

そのため購入する野菜ジュースは砂糖・食塩無添加の物がよいです。

ただフルーツが使われていると果糖は含まれていることになるため、取りすぎは太ってしまうこともあるでしょう。

プチ断食に使う野菜ジュースは、自分で手作りすると余分な物を加えない野菜ジュースができるためおすすめです。

空腹に耐える必要のない糖質制限を行う

プチ断食で食べられないツラサを乗り越えられないと感じる場合は、糖質制限に切り替えてダイエットに取り組む方法もあります。

糖質制限は糖質の摂取量を減らしてタンパク質や食物繊維をしっかり取る方法のため、きちんと食事を取り空腹を我慢し続けなくてすむのです。

ちなみに糖質制限でも水分補給は大切ですが、野菜ジュースは緑色野菜以外の野菜や果物も使われているため市販品を使うことは避けましょう。

(まとめ)プチ断食中に飲んでよいのはどんなお茶?

1.プチ断食中に飲むお茶にとくに決まりはありませんが、砂糖などが入っていない物にしましょう

プチ断食の時に水分補給で飲む物は基本的に水ですがお茶を飲んでもよく、ノンカフェインの麦茶など日頃から飲み慣れた物がおすすめです。

どうしてもお茶で空腹を乗り切れない時は、野菜ジュースを使う方法や食事をきちんと取れる糖質制限にする方法があります。

2.プチ断食中の飲み物は基本的に水を選びます

プチ断食は食べ物を取らないため、食べ物からの水分も含めてしっかり水分補給する必要があります。

基本的には水を用いますがノンカフェインのお茶ならプラスしてもよく、たとえば麦茶がおすすめです。

3.飲み慣れないお茶や刺激の強いお茶は避けましょう

プチ断食中には飲んだことのある、飲み慣れたお茶を使った方が安心です。

しかし糖分やカフェインの取りすぎになるお茶は避け、強い成分の入ったお茶も控えておきましょう。

4.空腹をお茶で乗り越えられない時は野菜ジュースを使う方法もあります

プチ断食中に水やお茶だけで空腹がツライ場合、野菜ジュースを飲む方法もあります。

その場合は無添加タイプにして飲みすぎに注意しましょう。

もし空腹に耐えられない場合は、3食摂ることのできる糖質制限でダイエットしてみましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る