プチ断食で腎臓の負担を減らすことはできますか?

工夫すれば、プチ断食で腎臓の負担を減らすこともできます


プチ断食とは、数日間、食事を断って内臓を休ませる断食で、便秘解消やデトックスのためによいとされます。

たとえば3日間のプチ断食は、1か月に1度の頻度で週末や連休の3日間を使っておこなうとちょうどよいようです。

栄養を摂るため、質・量と十分に食べましょう、といわれることが多いものです。

しかし十分を少しでも過ぎれば、体に大変な負担がかかることを覚えておきましょう。

そもそも人の体の代謝には、非常に多くの作業がなされており、少し前までは、一人の人間内部の化学反応を体の外に出した場合、関東平野ほどの広さの工場が必要だといわれていました。

酵素のおかげで、体はこのように素晴らしい動きができますが、臓器がオーバーフローした場合には、たとえば血液透析が必要になります。

血液透析(Hemodialysis、HD)とは、末期腎不全の主流の治療法で、血液を体内から外部へと出し、機械を通して血液をきれいにし、再び体内に循環させます。

血液中の老廃物や不要な水分を人工的に除去し、血液をきれいにするのです。

たとえばタンパク質は、処理できないほど過剰に存在すれば、腸内で腐敗して、窒素残留物がインドール・スカトール・アンモニア・硫化水素などを産生し、腸から吸収されて血中に入りこみ、血液を汚します。

これらを解毒するため、肝臓や腎臓がはたらきますが、処理能力以上の量があれば、肝臓疲労・腎臓疲労となるわけです。

腎臓は高度に分化した、機能の異なる多種類の細胞から構築される臓器のひとつである、といわれます。

腹八分目に抑える習慣は、倫理的な物語である以上に、肉体的に重要な事実なのです。

プチ断食で腎臓の負担を減らしてあげられるなら、それは大変よいことといわざるを得ません。

食べ物が体に入る時間の間隔をあけて、忙しい化学反応から解放してあげてください。

血液の浄化が必要である、現代の食生活

血液が栄養素を滞りなく運べる状態がよい状態だとすると、栄養素をうまく運べないのが、血液の悪い状態です。

悪い状態の血液であった場合、どんな人でも、実績のみならず能力まで落ちてしまうでしょう。

栄養素をうまく運べなくなるのは、どこかに故障があるか、栄養でないものが邪魔をしていることが考えられます。

血液は常に肝臓や腎臓で浄化されており、うまく回っている間は、清浄な血液が体を巡ります。

ところが栄養でないものがどんどん増え、たとえば腎臓が疲労し、腎不全になれば1週間に何日も、1日に何時間も費やして人工透析を受け、栄養でないものを取り除いて血液を浄化しなければなりません。

血液の浄化とは、本来なら腎臓から体外に排泄される老廃物(尿毒素)や、カリウムやリンなどを取り除き、カルシウムやアルカリなどを透析液から補うということを指します。

血液透析は、血液の浄化だけでなく、尿として排泄されるべきだった水分を除去するという大切な役割も担っています。

この二つによって、腎臓の本来の機能、多くの部分を代行することができます。

しかし健康な腎臓のもつ内分泌機能は代行できません。

たとえば、造血ホルモン・エリスロポエチンの産生、カルシウム=リンのバランス保持のために重要であるビタミンDの活性化、といった役割は、人工透析機器(ダイアライザ)では果たせません。

また人工透析機器を通すと、ビタミンやアミノ酸などを失ってしまう一方、腎臓なら除去するはずのアミロイドーシス(アミロイドと呼ばれるナイロンに似た線維状の異常タンパク質が全身のさまざまな臓器に沈着し機能障害をおこす病気)の原因物質であるβミクログロブリンなどを、完全には除去できません。

腎臓病と糖尿病は関連があり、近年、慢性腎臓病(CKD)の人は増えています。

食生活が大きく関係しているといわれています。

可能なら、5日間のプチ断食も


断食で、腎臓・肝臓が休まり、血液の浄化が一気に進むことはどうやら間違いなさそうです。

指導の下、5日間の断食(ファスティング、Fasting)で、血液検査の結果が変わったり、痛風に悩む方の尿酸値が下がったり、むくみが解消されたり、といったことがあるようです。

断食は、3日がよい、といわれることが多いようですが、最初だけは5日以上がよいといわれることもあるようです。

それはどんなことでも、3日目あたりから禁断症状が出ることが多いからだそうです。

3日目を乗り越えればよい方向に行くというのは、たしかにさまざまな体験談にある話です。

どうやら昼夜、昼夜、といったリズムを体が乗り越えることが大切でもあるようですので、3日を超える5日間、プチ断食をおこなってみることはよいかもしれません。

肝臓・腎臓に疾患がある方、精神疾患の方はやめましょう

プチ断食も、断食の一種ですから、厳密におこなえば、意外と大きな変化が訪れることも考えられます。

たとえば断食により糖質が少なすぎれば、肝臓に負担がかかります。

肝臓が疾患をもっているわけでなければ、肝臓は、骨格筋・心臓・腎臓などのために重要なエネルギー源であるケトン体をつくり出します。

ケトン体の血中濃度が高くなれば、このケトン体は脳のエネルギー源としても利用されます。

肝臓自身のためには糖新生をして、ある程度健康であれば軽々と乗り越えられる部分が、病気であれば過剰な負担になるかもしれません。

疾患があれば、個別に医師に相談することが不可欠です。

(まとめ)プチ断食で腎臓の負担を減らすことはできますか?

1. 工夫すれば、プチ断食で腎臓の負担を減らすこともできます

栄養を摂るため、質・量とも十分に食べましょう、といわれることが多いものですが、十分を少しでも過ぎれば、体に大変な負担がかかることを覚えておきましょう。

解毒には、肝臓や腎臓がはたらきますが、処理能力以上の量があれば、肝臓疲労・腎臓疲労となります。

食べ物が体に入る時間の間隔をあけて、肝臓や腎臓を休めましょう。

2. 血液の浄化が必要である、現代の食生活

血液は常に肝臓や腎臓で浄化されており、うまく回っている間は、清浄な血液が体を巡ります。

ところが栄養でないものが増え、たとえば腎不全になれば、1週間に何日も、1日に何時間も費やして人工透析を受け、血液を浄化しなければなりません。

腎臓病と糖尿病は関連があり、近年、慢性腎臓病(CKD)の人は増えています。

食生活が大きく関係しているといわれています。

3. 可能なら、5日間のプチ断食も

断食で、腎臓・肝臓が休まり、血液の浄化が進むことはどうやら間違いなさそうです。

断食は3日がよい、といわれることが多いようですが、最初だけは5日以上がよいといわれることもあるようです。

昼夜、昼夜、とリズムをつくり3日を超え、5日間プチ断食をおこなってみるのもよいでしょう。

4. 肝臓・腎臓に疾患がある方、精神疾患の方はやめましょう

プチ断食も、厳密におこなえば大きな変化が訪れることも考えられます。

たとえば断食により糖質が少なすぎれば、肝臓に負担がかかります。

健康であれば軽々と乗り越えられる部分が、病気であれば過剰な負担になるかもしれません。

疾患があれば、個別に医師に相談することが不可欠です。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る