プチ断食の準備には何をすればいいですか?

食事を軽くするほか、プチ旅行、快眠体操もおすすめです


プチ断食は、たとえば3日間、水以外口にせず、内臓を休ませるような断食です。

便秘解消やデトックスのためによいとされ、1か月に1度の頻度で週末や連休におこなうとよいといわれています。

週末の1日断食なら、前日の朝の食事から徐々に軽いものにして、前日の夕食はスープ状のものにするとよいようです。

一人で1日プチ断食を決行するなら、朝早くから、近場へ日帰り旅行をしてみるのもいいでしょう。

朝から晩まで、美術館巡りをしてみるのもよいかもしれません。

楽しくゆったり体を動かし、食事を忘れられるように工夫をするわけです。

ただし出掛ける場合には、万が一ふらふらしたときに安全を確保できる環境であるようにしましょう。

またプチ断食に少しでもダイエット効果を加えたいと思う向きには、プチ断食に入る前に、健康体操を取り入れておくことをおすすめします。

健康体操とは、ゆる体操や金魚運動といった、体をゆるめて快眠を誘うような運動です。

快眠により、全身の新陳代謝に関わる甲状腺ホルモンなどが整い、ダイエット効果が期待できるようになります。

兵庫医科大学のグループによる研究に、「~睡眠障害と肥満・糖尿病発症の新たな道筋~ “睡眠の質”が甲状腺刺激ホルモンの構造に影響を及ぼすことが判明 -HSCAA研究-」(2017年3月発表)があります。

楽しく代謝を上げておく

楽しいからするものでないと、何事も続きません。

自然なダイエットにつながる健康体操も、楽しく気持ちがよいために自然に体が動いてしまうようでないと、続きません。

魚でなくとも、動かなければ死んでしまうのが生き物ですが、よく動くことができるためには、軸はありつつ軸に対して力の向きをさまざまに変化させながら、どのようにでも軟らかく動けるのがよいでしょう。

ゆる体操や、金魚運動・毛管運動といった健康運動をおこなうと、体が大変気持ちよく動いている体がおもしろいので、より動かしたくなります。

たくさん動けば快眠につながり、甲状腺ホルモンの新陳代謝の作用により、代謝が上がります。

すると歳をとったのに減らしていなかった食事の分も、きちんと燃焼されるようになり、体脂肪になりにくくなります。

体の外側からもリセットしておく


健康体操は、体の軸がありながら、軸以外を自由に動かすような運動が特徴です。

これをすると、どうやら体幹内部から脳幹を刺激する効果があるようです。

すると内臓脂肪を内側から刺激することになり、新陳代謝が高まり、基礎代謝量が向上し、太りにくくなるということです。

さらに脳幹は、視床下部を含む部位ですが、摂食行動制御に関わっており、刺激によりはたらきが活発になり、消費エネルギーにみあう摂食ができるようになると考えられています。

人間の鈍った体の機能をリセットするためには、プチ断食という内臓にはたらきかける方法もありますが、外からはたらきかける健康体操もあるわけです。

内外両面からはたらきかける方法がもっとも有効であると考えた場合、プチ断食の準備として、健康体操をおこなうことは大変有効といえるでしょう。

日頃、中強度の全身運動で病気の予防をしておく

それでは体操でなく、通常の運動はプチ断食の準備としてはどうなのでしょうか?

東京都健康長寿医療センター研究所の青栁氏著書『なぜ、健康な人は「運動」をしないのか?』によれば、健康を守る黄金バランスは「1日8000歩/中強度の活動20分」。

この運動は大変すばらしく、免疫力を高める効果もあるそうです。

たとえばナチュラルキラー(NK)細胞が最大限に活躍するためには、この「1日8000歩/中強度の活動20分」に相当する身体活動が欠かせないそうで、運動を継続しておこなうことにより、NK細胞は高いレベルで活性化が保たれ、病気を防いでくれるそうです。

そして症状が重い病気ほど、簡単な運動で予防しやすい、ということです。

重い病気にかかる前の予防として、運動は大変重要で、健康長寿遺伝子のスイッチを入れるためには、現在の歩数よりも2000歩増やして2か月過ごすことが有効だそうです。

メタボリックシンドロームの予防のためには、「1日10000歩/中強度の活動30分」に相当する身体活動が必要だそうです。

これは別にウォーキングでなくてもよく、迷ったらとにかくまず外出をすることが重要だということです。

犬の散歩や買い物、強度の高い家事などの合計時間が20分ないし30分あるとよいそうです。

ただ中強度のウォーキングは全身運動で、下半身の筋肉も、腕や腹筋など上半身の筋肉も、効率的にエネルギーを消費できるそうですので、外を歩くときには意識してみましょう。

(まとめ)プチ断食の準備には何をすればいいですか?

1. 食事を軽くするほか、プチ旅行・快眠体操もおすすめです

週末の1日断食の準備なら、前日の朝の食事から徐々に軽いものにして、前日の夕食はスープ状のものにするとよいようです。

一人で1日プチ断食を決行するなら、当日は朝早くから、近場へ日帰り旅行や美術館巡りをしてみるのもいいでしょう。

また快眠体操を取り入れておけば、全身の新陳代謝に関わる甲状腺ホルモンなどが整い、ダイエット効果が期待できるようになります。

2. 楽しく代謝を上げておく

ゆる体操や、金魚運動・毛管運動といった健康運動をおこなうと、体が大変気持ちよく、より動かしたくなります。

たくさん動けば快眠につながり、甲状腺ホルモンの新陳代謝の作用により、代謝が上がります。

するときちんと食べ物が燃焼されるようになり、体脂肪になりにくくなります。

3. 体の外側からもリセットしておく

健康体操は、体幹内部から脳幹を刺激する効果があるようです。

すると内臓脂肪を内側から刺激することになり、新陳代謝が高まり、基礎代謝量が向上し、太りにくくなるということです。

さらに脳幹の視床下部は、摂食行動制御に関わっており、刺激によりはたらきが活発になり、消費エネルギーにみあう摂食ができるようになると考えられています。

プチ断食の準備として健康体操をおこなっておくことは大変有効といえるでしょう。

4. 日頃から中強度の全身運動で病気の予防をしておく

健康を守る黄金バランスは「1日8000歩/中強度の活動20分」程度の運動であり、メタボリックシンドロームの予防のためには、「1日10000歩/中強度の活動30分」に相当する身体活動が必要だそうです。

犬の散歩や買い物、強度の高い家事などの合計時間が20分ないし30分あるとよいそうですが、中強度のウォーキングは全身運動で効率的にエネルギーを消費できるそうですので、外を歩くときには意識してみましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る