プチ断食は便通障害が改善して快便に繋がる?

消化器官の働きをリセットし、快便につながる可能性があります


今まで快便だったのに食事制限をしたら、ここ最近、便秘や下痢をすることが多くなった……。

それは胃腸などの消化器官が弱っているのかもしれません。

毎日の生活習慣や、腸や骨盤底の働きの異常、全身の病気など、便秘や下痢にはさまざまな原因があります。

便秘の主な原因は、以下のように考えられています
 

  • 水分摂取量の不足
  • ダイエットなどによる食物繊維の摂取不足
        *誤った食生活には、便秘が悪化する危険性があります。
  •  

  • 腸の動きが弱い・運動不足・過度の緊張やストレス
  • 便意の慢性的な我慢(排便反射の鈍化)

また下痢の原因として主に考えられるものは、以下のとおりです。

     

  • 胃腸の機能低下
  •  

  • 冷たいものや辛い食べ物など、刺激の強すぎる食事
  • 食べ過ぎ・飲み過ぎ
  • 感染

これらを踏まえると、快便になるための大切な3要素は

     

  1. 適量の食物繊維の摂取
  2. 水分の十分な摂取
  3. 腸の働きを良好に保つ

となります。

プチ断食は、この3つの要素が上手に取り入れられる仕組みとなっています。

そのため胃や腸などの消化器官を休ませる環境を作ることで、便秘や下痢を改善させることができる方法の一つといえます。

プチ断食を効果的に取り入れ、快便に繋げ、健康的な体を維持することを意識しましょう。

プチ断食で消化器官の休息時間を作りましょう

食事をすると、胃や腸などの消化器官が体にさまざまな栄養を取り入れるために、食べ物の消化を始めます。

消化の速度は食物によってまちまちですが、長くかかるといわれているのが肉類などのタンパク質です。

とくに脂質がもっとも消化に時間がかかり、1日に3回食べるにもかかわらず、1日の1/4である約6時間もかかるといわれています。

液体の食品は、固体の食品より胃の中の滞留時間が短いことが知られています。

しかし糖分が多く含まれている飲料は入っていないものより滞留時間は長くなります。

プチ断食では摂取する食事を、消化の負担にならない食べ物や水分にします。

消化器官の休息時間を作ることにより、鈍っていた動きを改善する効果があるといわれています。

長期間の断食は体に負担がかかるため、健康を害する恐れが大きくなります。

しかし週末などを利用して行える短期間のプチ断食は、体への負担も少なく、手軽に行えます。

効果的に取り入れることで健康的な体を維持することを意識しましょう。

便の成分は、水・剥がれた腸壁細胞・腸内細菌の死骸・食物繊維


良好な便は何でできているのでしょうか。

便の約5%は、消化されない食べ物の「カス」です。

人は食べ物のほとんどを体内に吸収する力を持っています。

しかし消化されにくい食物繊維など、分解や消化されなかったものは「カス」として排出されます。

便の約10~15%は、腸内細菌の死骸でできています。

通常、腸内細菌は人の体におよそ100種類、100兆個も生息しています。

腸内細菌は、善玉の菌と悪玉の菌、そのどちらでもない中間の菌があります。

細菌バランスがよいと、腸内環境が整えられ、便通もよくなります。

便の15~20%が、腸「壁」細胞の剥がれ落ちたもの(死骸)でできています。

腸壁細胞は、その名のとおり、小腸の壁で働く細胞です。

小腸の内側にはじゅうたんのような細かい毛がたくさんついています。

この細胞はとても短命で24時間で新しい細胞へと入れ替わります。

残り成分の約60%は水分です。

つまり便の成分は多い順に、水・剥がれた腸壁細胞・腸内細菌の死骸・食物繊維など食べカスです。

プチ断食は消化器官を休めるために行うからといって、何も口にしないのは大きな間違いです。

とくに水分はしっかり摂取しなければなりません。

快便へ繋げるためにも、食事がない分だけ多めに、1日2リットル程度の水分を摂取しましょう。

プチ断食前後は腸内環境を整える食べ物が有効です

プチ断食を行うと、胃腸の休息時間が作られ、腸内環境がリセットされます。

プチ断食を行う前後は、胃腸の負担を軽くするために、消化の良い食べ物を少量にするのが良いとされています。

プチ断食の前は揚げ物やアルコールなどを避け、できるだけ消化の良いものを食べましょう。

プチ断食の後の食事は、休息した消化器官が再び活動を始めるエネルギーの素となります。

プチ断食後にいきなり普段の食事内容に戻してしまうと、せっかく休まった胃腸がフル回転となり、負担が大きくなります。

そのためいわゆる「回復食」といわれる消化のよい食べ物を、少量から食べるとよいといわれています。

また腸の働きを「助ける」食べ物もよいとされています。

とくに快便につながる食品は、食物繊維や発酵食品です。

食物繊維は、豆類・野菜類・果実類・きのこ類・藻類に多く含まれています。

また腸内細菌のバランスを整えるのには、発酵食品が有効です。

発酵食品は、納豆・味噌・ぬか漬け・ヨーグルト・チーズなどがよいといわれています。

これらの食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

(まとめ)プチ断食は便通障害が改善して快便につながる?

1. 消化器官の働きをリセットし、快便につながる可能性があります

快便になるための大切な3要素は
 

  1. 適量の食物繊維の摂取
  2.  

  3. 水分の十分な摂取
  4.  

  5. 腸の働きを良好に保つ

です。

プチ断食は短期間の断食で消化器官の休息を作るものですが、この3つの要素が上手に取り入れられる仕組みとなっています。

2. プチ断食で消化器官の休息時間を作りましょう

プチ断食では1日に摂取する食事は、消化の負担にならない食べ物や水分にします。

消化器官の休息時間を作ることにより、鈍った動きを改善する効果があるといわれています。

週末など短期間のプチ断食は体への負担も少なく、手軽に行えます。

3. 便の成分は、水・剥がれた腸壁細胞・腸内細菌の死骸・食物繊維

便の成分の約60%は水分です。

プチ断食は消化器官を休めるために行うからといって、何も口にしないのは大きな間違いで、とくに水分はしっかり摂取しなければなりません。

快便へ繋げるためにも、1日2リットル程度の水分を摂取しましょう。

4. プチ断食前後は腸内環境を整える食べ物が有効です

プチ断食を行う前後は、胃腸の負担を軽くするために消化のよい食べ物を少量におさえるのがよいとされています。

また腸の働きを助ける食べ物もよいとされています。

とくに快便につながる食品として、食物繊維や発酵食品が有効です。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る