プチ断食は何日間から始められるの?行うペースは?

前後1日を含む、3日間から、月に1度程度がおすすめです


人は生きるために、常にエネルギーを代謝しています。

食事により摂取された食べ物は、胃や腸などの消化器官を経て体内に吸収されます。

消化器官は食べ物が口から入ると、絶えず働き続けます。

3食の食事だけでなく、食事の間に糖分が含まれた飲み物を飲み、間食をした場合でも消化器官は働きます。

口から入った食べ物は、胃や腸の消化器官を経て大腸に届くまで、約5~6時間かかるといわれています。

とくにたんぱく質は消化時間が長くかかります。

更に、脂質は体内で胃の運動を抑制し、もっとも長く滞留します。

そのため少なくとも食事の間隔を6時間以上空けないと消化器官は休まりません。

宗教などによるファスティング(断食)は長い期間、断食を行いますが、体や精神的に大きな負担がかかるため、指導者がいなければ健康を害する恐れがあります。

しかし短時間のプチ断食は、体への負担も少なく手軽に行えます。

断食日の前後1日を含む3日間から可能なため、週末などを利用して行う人が多いようです。

また頻繁には行わずに、1か月に1度程度が望ましいとされています。

短期間で行えるプチ断食は、体への負担が軽く済みます

プチ断食とは、その名の通り「断食」を短い期間で行うことで、半日~1日、食事の代わりに消化のよい食べ物や水分を摂取します。

ある一定期間、食べ物を口にしないことで胃や腸などの消化器官を休ませることが主な目的になります。

人は生きるために必要なエネルギーを、食事から摂取します。

摂取された食べ物は胃や腸の消化器官を経て体内に吸収され、そのほとんどが体を動かすエネルギーとして使われます。

しかし食べ過ぎなどで余ったエネルギーは、緊急事態に備えて脂肪となり体内に蓄えられます。

生活環境や習慣から、なかなか思うように食事制限ができない人にとって、プチ断食は週末などを利用して簡単に行うことができます。

体に負担をかけることも少なく、比較的簡単に体内環境をリセットし整える、効果的な方法の一つなのです。

成功するコツはプチ断食の前後1日の食事が大切


プチ断食は最低1日からもできますが、断食の前後の食事が大切です。

プチ断食の最大の目的は、胃や腸などの消化器官に休息時間を与えることです。

しかし空腹を避けたいがために前日の食事をたくさん食べると、せっかくの休息時間が短くなってしまいます。

とくに消化の悪い脂質やたんぱく質を多く含む食べ物を直前に食べるのは避けるべきです。

フルーツや野菜など、消化に時間がかからない食事を心がけましょう。

また断食後の食事は、更に気をつけなければなりません。

量が多かったり、消化に時間がかかったりする食べ物は、休息した胃腸などの消化器官をいきなりフル回転させることとなります。

そのためどうしても消化器官への負担が大きくなります。

プチ断食前と同様、消化のよいものや腸の活動を助ける腸内細菌の素となる乳製品などを、少量から摂取するようにしましょう。

女性は生理周期に合わせて行うのが効果的

プチ断食は、身体的・精神的に1か月に1度くらいのペースで行うとムリなく続けられます。

とくに女性は、生理周期に合わせて行うのが効果的です。

生理周期は、月経期・卵胞期・排卵期・黄体期の4つがあります。

黄体期の後に、月経期をむかえ、卵胞期、といったサイクルを繰り返しますが、それぞれの期間は二つの女性ホルモンのバランスと協調の影響を受けています。

プチ断食を行うのは、ダイエットに適し体調や精神が安定するとされる卵胞期がよいと考えられます。

卵胞期は、生理終了から排卵が起こる前の期間です。

女性ホルモン・エストロゲンの分泌が増えてくる生理の後半頃から、精神的に安定し、食欲もコントロールしやすくなります。

またこの時期は、ホルモンの作用で新陳代謝も活発になり、余分な水分や老廃物を体の外へ排出しやすくなります。

気軽に始められるプチ断食ですが、思わぬ体の不調が現れることもあります。

持病がある人や体調に不安がある人は、必要に応じて専門家の指導の下で行いましょう。

(まとめ)プチ断食は何日間から始められるの?行うペースは?

1. 前後1日を含む、3日間から、月に1度程度がおすすめです

食べ物が消化されるために必要な時間は長いと約6時間です。

少なくとも食事の間隔を6時間以上空けないと、消化器官は休まりません。

プチ断食は、断食日の前後1日を含む3日間から行うことができ、1か月に1度程度が望ましいとされています。

2. 短期間で行えるプチ断食は、体への負担が軽く済みます

生活環境や習慣からなかなか思うように食事制限ができない人も、プチ断食は週末などを利用して簡単に行うことができます。

そのため体に負担をかけることも少なく、比較的簡単に体内環境をリセットし、整える、効果的な方法の一つです。

3. 成功するコツはプチ断食の前後1日の食事が大切

プチ断食は断食日とその前後の最低3日間から簡単に始められます。

身体的にも精神的にも負担とならないためには、月1回程度のペースがよいとされています。

プチ断食は最低1日からでもできますが、断食の前後の食事が大切です。

とくに消化の悪い脂質やたんぱく質を多く含む食べ物は、避けるべきです。

プチ断食前後は、消化のよいものや腸の活動を助ける腸内細菌の素となる乳製品などを、少量摂取しましょう。

4. 女性は生理周期に合わせて行うのが効果的

女性は生理後から1週間程度の期間に行うのが、もっとも効果的です。

この時期は女性ホルモン・エストロゲンの分泌が増えてくるため、精神的に安定し、食欲もコントロールしやすくなります。

また余分な水分や老廃物を体の外へ排出しやすくなります。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る