プチ断食中の塩分補給はどうしたらいい?

一日で摂取した塩分をトータルで考えるとよいでしょう


塩分は、私たちの体にとって不可欠な大切な栄養素ですが、不足しても過剰に摂っても体によくない影響を及ぼします。

塩分の過剰摂取は、人が高血圧となる最大の原因とされ、動脈硬化につながります。

塩分が不足すると、倦怠感や食欲不振などが起こることもありますが、通常の食事で不足することはほとんどありません。

厚生労働省による「日本人の食事摂取基準(2015)」では、日本人一日あたりの食塩摂取量の目安は、男性8g未満、女性7.5g未満とされています。

WHO(世界保健機関)では、成人の場合、一日5g以下が望ましいとされていますので、日本人の場合は塩分の摂取量が高い傾向にあり、注意しなければならないことがわかります。

実際の塩分摂取量は、平成28年度の国民・健康栄養調査から、食塩の摂取量は日本人の平均は9.9gと多くなっています。

プチ断食は、一般的に固形分の食事を摂りませんが、水やジュース・スープなどを飲むことで必要な栄養素を摂ることができます。

塩分の摂りすぎで体内のナトリウムが多くなると、体は体内の水分量を増やして濃度を下げようとしますので、水を多く飲んでしまったり、尿の量が少なくなってしまったりしてむくみの原因となることもあります。

またプチ断食後は胃腸がデリケートな状態になっていますので、味の濃いもの、塩辛いものは食べないようにして塩分を控えましょう。

塩分は重要な栄養素ですが、過剰摂取が問題視されています

塩分は、塩化ナトリウムのことを指し、私たちの体にとって必要不可欠なミネラルです。

体内ではナトリウムと塩素にわかれて吸収され、その50%が細胞の外側にある「細胞外液」に存在しています。

ナトリウムは、細胞の浸透圧を一定に保ち細胞を正常な状態に保つ役割や、神経の伝達や心筋の収縮、腎臓における排泄量の調節などの役割を持っています。

塩分は、一般的に通常の食事を摂っていれば不足することはありません。

むしろ日本人の場合は、世界の中でも塩分摂取量が高く、塩分の摂りすぎが問題視されています。

塩分を体外へ排出するためには水分が必要ですので、プチ断食中も水分補給をしっかりするようにしましょう。

また汗をかくと体の塩分が失われるといわれますが、必要量を超えていることが多いので、プチ断食中にはムリに補う必要はないでしょう。

塩分の摂りすぎが高血圧や動脈硬化を招きます


塩分、とくにナトリウムの過剰摂取は、日本人が高血圧となる最大の原因とされています。

高血圧とは、血管の中を流れる血液の圧力が高くなり続けている状態で、これによって血管壁の弾力性が失われ、動脈硬化の促進につながり、慢性腎疾患の原因にもなります。

ナトリウムは、食塩中だけに含まれているわけではありません。

グルタミン酸ナトリウムを主成分とするような、うま味調味料にも含まれていますので、スープに含まれるナトリウム量にも注意する必要があります。

プチ断食中は、固形分の食事はほぼ摂りませんので、通常の食事のときに比べると塩分の摂取量を抑えることができるのではないでしょうか。

そして水分をしっかり摂ることも、ナトリウムの排出を促進します。

糖質を控えた食事では、塩分の摂りすぎに注意しましょう

プチ断食は、ダイエットだけでなく、胃腸を休めて体をリセットする効果も期待されます。

また食事を摂らないので体重は少し減りますが、元に戻ることが多いようです。

糖質を控えた食事を摂ることで、リバウンドを防ぎましょう。

糖質を控えて、タンパク質や食物繊維の豊富な食品を組み合わせたおかずを多く摂ることで、脂肪の蓄積を予防できると考えられます。

その場合も、ナトリウムを摂りすぎないようにしましょう。

ナトリウムの摂りすぎを防ぐためには、食材や調味料に含まれるナトリウム量をあらかじめ調べることも役に立ちます。

またカリウムには、ナトリウムの排出を促すはたらきがありますので、カリウムを多く含むアボカド・ほうれん草・トマトジュースなど摂るとよいでしょう。

(まとめ)プチ断食中の塩分補給はどうしたらいい?

1. 一日で摂取した塩分をトータルで考えるとよいでしょう

塩分の過剰摂取は、人が高血圧となる最大の原因とされ、動脈硬化につながります。

塩分が不足すると、倦怠感や食欲不振などが起こることもありますが、通常の食事で不足することはほとんどありません。

プチ断食では、味の濃いもの、塩辛いものは食べないようにして塩分を控えましょう。

2. 塩分は重要な栄養素ですが、過剰摂取が問題視されています

塩分は、一般的に通常の食事を摂っていれば不足することはありません。

塩分を体外へ排出するためには水分が必要ですので、プチ断食中も水分補給をしっかりするようにしましょう。

汗をかくと体の塩分が失われるといわれますが、必要量を超えていることが多いので、プチ断食中にムリに補う必要はないでしょう。

3. 塩分の摂りすぎが高血圧や動脈硬化を招きます

塩分、とくにナトリウムの過剰摂取は、日本人が高血圧となる最大の原因とされています。

グルタミン酸ナトリウムを主成分とするような、うま味調味料にも含まれるナトリウム量にも注意する必要があります。

水分をしっかり摂ることも、ナトリウムの排出を促進します。

4. 糖質を控えた食事では、塩分の摂りすぎに注意しましょう

糖質を控えて、タンパク質や食物繊維の豊富な食品を組み合わせたおかずを多く摂ることで、脂肪の蓄積を予防できると考えられます。

カリウムにはナトリウムの排出を促すはたらきがありますので、カリウムを多く含むアボカド・ほうれん草・トマトジュースなど摂るとよいでしょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る