プチ断食は、むくみ解消につながりますか?

プチ断食で体がリセットされるとむくみが解消に向かいます


2~3日の短期間、固形の食事を摂らずドリンクなどから栄養を補給することで、体をリセットさせる「プチ断食」。

通常、人間の体に取り入れられた食べ物は、胃腸で消化・分解され、血液の流れにのって各所で栄養となり全身に運ばれていきます。

固形物の食事を摂らないとき、胃腸などの消化器官は活動せず休んでいるため、食後の消化に必要なエネルギーを運ぶ血液が胃や腸に集中することがなく、血糖値の変化も起きないといわれています。

プチ断食は、食事による血液の循環に影響を与えないので、胃腸に運ばれるはずだった血液が解放され体全体の血流がアップして、血液のめぐりがよくなり、むくみの解消につながるといわれています。

プチ断食中は、1日2~3リットルの水分が必要といわれています。

水分を多く摂取することで体に溜まっていた毒素の排出を促し、便通の改善とデトックス効果が期待できます。

このとき体に溜め込んでいた余分な水分も排出されやすくなり、全体的にスッキリと軽くなっていくように感じられます。

プチ断食は血行を促進し、自律神経のバランスを整えます

食べ物を摂取しない期間は、内臓の消化器官が休まるので、血液の流れが一定になり、血行が促進されるといわれています。

血行が促進されると、リンパの流れもよくなり、むくみの解消や冷え性の改善などの効果も期待できます。

平成22年厚生労働省の統計によると、40歳代以上の女性の40%以上が、足のむくみやだるさを覚えるというデータが出ています。

同年代の男性は10%前後のため、比較すると女性のほうが血液やリンパの流れが悪く、むくみやすい症状が出ることが確認されています。

むくみ解消のためにも、定期的なプチ断食で体をリセットするとよいでしょう。

他にも、循環器・消化器・呼吸器など体内の臓器を調整している自律神経を整えることにもつながります。

自律神経が整うと、睡眠がしっかりとれなかったり、倦怠感や疲労感を覚えたり、深刻にケースでは自律神経失調症などの病気になる、そういったことが改善の方向に向かいます。

むくみ解消のためにはしっかりと水分補給が必要です


「むくみが気になるので水分を控えたほうがよい」と思っている方は、意外と多いものです。

しかしながら水分が不足すると毒素が排出されなくなり、体内に老廃物を溜め込むようになっていきます。

すると血液やリンパの「流れ」が悪くなってしまい、むくみや冷えにつながると考えられています。

とくにプチ断食中は、通常、食べ物から摂取している水分が補給されないため、水分不足になりがちです。

水分を摂らないと、脱水症状を引き起こし、体調を崩すこともあるので、通常より多めの水分を摂取するよう意識しましょう。

ただしアルコールや、カフェインの強いコーヒーやお茶などはおすすめできません。

せっかく休めている胃腸が刺激されてしまい、食欲が触発されてしまったり、胃腸がダメージを受けたりすることもあります。

栄養補給用のドリンクを補給する合間に、体を冷やさないように常温にしたミネラルウォーターや無糖炭酸水などを少量ずつ、こまめに補給するとよいでしょう。

また飲酒の習慣がある場合は、むくみやすい体質になっていることがあります。

プチ断食を始める1週間ほど前から、飲酒量を控えるように意識し、ミネラルウォーターなどの水分を多めに補給しておくと、デトックス効果が高まります。

血行がよくなるとむくみ解消につながります

プチ断食で、体がリセットされると血行が改善されるといわれています。

さらに効果をアップさせるためには、軽い運動やマッサージなど組み合わせることをおすすめします。

ですがプチ断食中なので、体に与えるダメージが大きい激しい運動はNGです。

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を取り入れると、気分をリフレッシュすることもでき、プチ断食中の食欲やストレスも軽減するといわれています。

またぬるめのお風呂にゆっくりと入浴し、むくみが気になる部分をマッサージするのもよいでしょう。

柑橘系やバニラ系のアロマオイルを使うと香りによって空腹が気にならなくなり、心を落ち着かせる効果も期待できるといいます。

ただしプチ断食中は、通常の体の状態ではないため、運動や入浴が負担になることがあります。

気分が悪くなったり、めまいやふらつきを感じたりしないか気をつけ、早めに中断し安静にすることが大切です。

(まとめ)プチ断食は、むくみ解消につながりますか?

1. プチ断食で体がリセットされるとむくみが解消に向かいます

プチ断食中は固形物の食事を摂らないので、食事によって血液の流れに影響与えることなく全身の血流が安定していきます。

すると体全体の血流がアップして血液のめぐりがよくなり、むくみの解消につながるといわれています。

2. プチ断食は血行を促進し、自律神経のバランスを整えます

プチ断食で血行が促進されると、リンパの流れもよくなり、むくみの解消や冷え性の改善などの効果も期待できます。

他にも、循環器・消化器・呼吸器など体内の臓器を調整している自律神経を整えることにもつながります。

3. むくみ解消のためにはしっかりと水分補給が必要です

プチ断食で体の水分が不足すると、毒素が排出されなくなり、体内に老廃物を溜め込むようになっていきます。

すると血液やリンパの流れが悪くなってしまい、むくみや冷えにつながるため、プチ断食中は1日2リットル以上の水分補給を心がけましょう。

4. 血行がよくなるとむくみ解消につながります

プチ断食で血行促進させるためには、軽い運動やマッサージなども有効です。

ウォーキングやストレッチなどムリのない軽い運動を取り入れると、気分をリフレッシュすることもでき、プチ断食中の食欲やストレスも軽減するといわれています。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る