プチ断食を成功させるポイントはありますか?

プチ断食を成功させるためには3つのポイントがあります


週末など、時間に余裕がある期間を利用して、食事を摂らず飲み物などで栄養補給しながら体をリセットする「プチ断食」。

固形の食事を摂らないことで、普段は活発に動いている胃腸などの消化器官を休ませることができるので、自律神経が整い、便通の改善やダイエットにもつながるといわれています。

プチ「断食」といっても、まったく栄養摂取をしないわけではありません。

マグネシウムなどミネラルや少量の糖類などが含まれる飲み物を摂取しながら、最低限の栄養補給を行います。

「食事の代わりに、飲み物で摂取するだけ」で手軽に実行できる、と思いがちなプチ断食ですが、正しい方法で取り組まないと体調を崩すこともありえます。

プチ断食を成功させるためには大きく3つのポイントがあり、それは「プチ断食の計画と準備」をし、「断食中の変化を観察」し、「回復期間を作る」ことです。

短期間の断食とはいえ、準備が不十分のままスタートすると、体は急激な変化についていけず、とても苦しい時間となって挫折してしまうこともあります。

健康的に体をリセットするためには、プチ断食成功のポイントを押さえて、ムリせず取り組むことが大切になります。

プチ断食には「計画」と「準備」が必要です

あまりお金をかけず、手軽に始められるプチ断食。

だからといって計画を立てず、何も準備をしないで実行すると、途中で挫折してしまったり体調を崩してしまったりすることもあるといわれています。

プチ断食する日にちを決めたら、1週間ほど前から、食生活を整えていきましょう。

食事の量は腹八分目に抑え、ごはん・麺類・菓子類など糖質が多く含む食品を控え目にして、野菜や赤身肉など、タンパク質・ビタミン・ミネラルを多く含むおかず中心の食生活にしていくことをおすすめします。

もし暴飲暴食を続けている食生活だったとしたら、プチ断食を始めて急激に糖類の補給がなくなることに体がついていけません。

強い空腹感を覚え、イライラや無気力感などのストレスで、精神的に参ってしまうこともあります。

仕事などが忙しいタイミングは避け、生理中や妊娠中の場合は実施しないほうがよいでしょう。

他にも、プチ断食期間の前後を含めた食事プランを作っておくのも成功のポイントにつながります。

準備期間・プチ断食実行期間・回復期間と3つの期間に分け、それぞれの献立を決めておくとよいでしょう。

プチ断食で変化する体の様子を観察しましょう


食事を摂らないプチ断食は、個人差はありますが誰しも、体に変化が起こるものです。

たとえば体がリセットされることで便通が改善され、自律神経が整うことで疲労が軽減されて体がスッキリしたように感じられます。

しかしプチ断食を始めてすぐ、8時間程度経過した頃には、体の不調を感じ始めることがあります。

ふらつき・めまい・頭痛・発熱などの症状があらわれたり、無気力感・倦怠感・記憶力の低下などを覚えたり、脳と体の活動が低下していく感覚になるケースもあるといわれています。

おおよその場合、安静にして経過を観察していると12~15時間を経過する頃には、自然と不調が改善されて体や頭がスッキリしてくることが多いといわれています。

人によってプチ断食に対する体の反応はさまざまですが、普段通りのことをいつものようには、できる状態でないということを意識しておきましょう。

激しい運動や頭を使う作業をムリに行うと、うまくいかないことが多く、ストレスが高まります。

プチ断食は、不調を感じたら横になれるようなリラックスした環境と時間の余裕があるときに行うことをおすすめします。

また通常の食事で摂取している水分が補給されないため、プチ断食中は脱水状態に傾きがちです。

普段より多めの1日2~3リットルを目安に、こまめに水分補給をするよう心がけましょう。

プチ断食終了後の食事メニューがとても重要です

プチ断食期間を乗り切ったからといって急に通常の食事に戻すと、意味がありません。

プチ断食が終わった達成感と解放感から、食欲のコントロールができず、食べ過ぎてしまうことにならないよう注意が必要です。

またプチ断食後は体がリセットされている状態なので、栄養の吸収力が非常に高まっています。

そのため空腹にまかせてドカ食いをしてしまうと、あっという間に体重増加につながってしまいます。

プチ断食を行った期間と同じくらいの日数をかけて、ゆっくりと、通常の食事に戻していく回復食メニューが有効といわれています。

重湯・おかゆ・野菜スープなど薄い味付けで消化のよいものを選び、揚げ物・油っぽいもの・炭水化物中心の献立は、避けるほうがよいでしょう。

辛いものやアルコールなど食欲を刺激するものを避け、よく噛んでゆっくり時間をかけて食べると満腹感が得やすくなるといわれています。

(まとめ)プチ断食を成功させるポイントはありますか?

1. プチ断食を成功させるためには3つのポイントがあります

プチ断食を成功させるためには大きく3つのポイントがあり、それは「プチ断食の計画と準備」をし、「断食中の変化を観察」し、「回復期間を作る」ことです。

健康的に体をリセットするためには、ポイントを押さえて、ムリをしない取り組みが大切です。

2. プチ断食には「計画」と「準備」が必要です

プチ断食は、計画を立てず何も準備をしないで実行すると、途中で挫折し、さらには体調を崩すこともあるといわれています。

プチ断食を実行する日にちを決めたら、1週間ほど前から、食生活を整えていきましょう。

3. プチ断食で変化する体の様子を観察しましょう

プチ断食は、個人差はありますが体に変化が起こります。

プチ断食開始後、8時間経過した頃から、体の不調を感じることもあります。

12~15時間を経過する頃には自然と不調が改善され、自律神経が整い、便通が改善され、疲労が軽減したように感じられます。

4. プチ断食終了後の食事メニューがとても重要です

プチ断食期間を乗り切ったからといって、急に通常の食事に戻すと意味がありません。

プチ断食を行った期間と同じくらいの日数をかけて、ゆっくりと通常の食事に戻していく回復食メニューが有効といわれています。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る