プチ断食後の食事ではパンを食べてもいいですか?

パンの種類や量に注意して一度に食べないようにしましょう

プチ断食は、手軽に始められて比較的短期間で効果が表れやすいことなどから人気があるようです。

プチ断食の方法は人それぞれですが、水分をしっかり摂ることが基本で、それに加えてスープやジュースなどを摂る場合もあります。

固形分を摂らないことがポイントで、ダイエットだけでなく、胃腸をしっかりと休ませることもプチ断食の大切な目的です。

それによって体に溜まった老廃物を排出し、デトックス効果で免疫力アップや美容効果があるといわれています。

空腹期間が通常より長くなりますから、プチ断食後の食事は重要で、胃腸に刺激を与えすぎない事が大切です。

脂っこいもの、消化しにくいもの、辛すぎるものなどは避けるようにしましょう。

パンを食べる場合も、注意が必要です。

精製度の高い小麦粉を使用しているパンや菓子パンは糖質が多いですので控えましょう。

そういったパンは適度に食べるならプチ断食後のエネルギー補給になりそうですが、プチ断食後の胃腸はエネルギーを吸収しやすくなっていますので、ダイエットのリバウンドのようにプチ断食の効果が減ってしまうことになりかねません。

全粒粉のパンや、サンドイッチにサラダや少量の肉や魚をあわせて、栄養バランスをととのえるとよいでしょう。

プチ断食後は、ゆっくりと食事を再開していきましょう

プチ断食の方法は人それぞれですが、1~2食を抜く方法や週末を利用して1~2日間、食事を摂らない方法などが多いようです。

人によってはスープやジュースを飲むこともありますが、一般的に固形分は摂りません。

最近では、プチ断食中に飲むドリンクも販売されているようですので、極端な栄養不足や空腹にならない工夫をすることもできます。

手軽に始められるプチ断食ですが、プチ断食の期間中よりも、プチ断食後の食事が重要です。

胃腸がデリケートな状態になっていますので、いきなり普段の食事に戻すことは避け、消化のよいものから徐々に食事を戻しましょう。

私たちの体は、空腹期間が長くなるとエネルギーをなるべく消費しないで貯めるように働く仕組みを持っていますので、プチ断食後に一度に大量に食べてしまうと、余ったエネルギーが脂肪として蓄積されてしまいます。

全粒粉パンやサンドイッチで栄養バランスをととのえましょう


パンにはいろいろな種類があり、材料に糖類やバターをたっぷり使用したものも多いものです。

空腹時に甘い菓子パンを目の前にすると、つい食べすぎてしまうこともあるかもしれません。

プチ断食後にパンを食べたくなったら、なるべく糖質が少なく、あまり精製されていない小麦粉を使用したパンを選ぶとよいでしょう。

糖質は体にとって重要なエネルギー源ですが、摂りすぎて余ると脂肪として蓄積されてしまいます。

精製された小麦粉は糖質の量が多くなり、血糖値が上昇しやすくなりますので、インスリンの分泌量が増えることになります。

インスリンには糖を脂肪に変えるよう促す大切な働きもあり、脂肪が増えることにつながります。

砂糖やバターを使わないパンには、ベーグルや、フランスパンがありますし、全粒粉を使用したパンは糖質が少なく食物繊維も豊富です。

サンドイッチや総菜パンなど、野菜や肉、魚を一緒に食べられるようなパンもよいでしょう。

パンの糖質量に注目し、運動をあわせて健康的に痩せましょう

プチ断食を行うと、体重が減ることは多いようですが、プチ断食後の食事の摂り方によってはすぐに元の体重に戻ってしまうことがあります。

私たちの体は、食事を摂らない状態が続くと体が飢餓状態にあると判断し、エネルギーの消費を節約して貯めるように働きます。

プチ断食後の空腹時に一気に食事を摂ると、体がエネルギーを吸収しようとしてしまいますので、
食事内容に注意してリバウンドを防ぎましょう。

とくに糖質の摂りすぎには注意しましょう。

私たちの体はエネルギーを消費する順番があり、糖質の次に体脂肪となっていますので、糖質を摂りすぎると脂肪をなかなか減らすことができません。

パンには糖質が多く含まれますので、主食にパンを選ぶ時はパンの糖質量に注意しましょう。

糖質を控えることで、その他の必要な栄養素は摂りながら健康的に痩せる効果が期待できます。

(まとめ)プチ断食後の食事ではパンを食べてもいいですか?

1. パンの種類や量に注意して一度に食べないようにしましょう

プチ断食では固形分を摂らないことがポイントになり、ダイエットだけでなく、胃腸をしっかりと休ませることもプチ断食の大切な目的です。

プチ断食後の胃腸はエネルギーを吸収しやすくなっていますので、パンを食べる場合は、精製度の高い小麦粉を使用しているパンや菓子パンは、糖質が多いので控えましょう。

2. プチ断食後は、ゆっくりと食事を再開していきましょう

プチ断食後の食事はとても大切で、胃腸がデリケートな状態になっていますので、いきなり普段の食事に戻すことは避け消化のよいものから、徐々に食事を戻しましょう。

最近では、プチ断食中に飲むドリンクも販売されているようですので、極端な栄養不足や空腹にならないような工夫をすることもできます。

3. 全粒粉パンやサンドイッチで栄養バランスをととのえましょう

プチ断食後にパンを食べたくなったら、なるべく、糖質が少なくあまり精製されていない小麦粉を使用したパンを選ぶとよいでしょう。

砂糖やバターを使わないパンにはベーグルやフランスパンがありますし、全粒粉を使用したパンは糖質が少なく食物繊維も豊富です。

サンドイッチや総菜パンなど、野菜や肉、魚を一緒に食べられるようなパンもよいでしょう。

4. パンの糖質量に注目し、運動をあわせて健康的に痩せましょう

プチ断食後の空腹時に一気に食事を摂ると、体がエネルギーを吸収しようとしてしまいます。

食事内容は、とくに糖質の摂りすぎに注意してリバウンドを防ぎましょう。

主食にパンを選ぶ時は、パンの糖質量に注意しましょう。

糖質を控えることで、必要な栄養素は摂りながら健康的に痩せる効果が期待できます。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る