プチ断食中にバストアップするには?

プチ断食中に軽い運動を行い、筋肉を強化しましょう

最近、プチ断食が話題となっていますが、その一方でプチ断食をすると「痩せすぎるのではないか」「バストダウンにつながるのではないか」と心配する方がいます。

はたして、それは本当でしょうか。

はじめにプチ断食とは短期間食事を抜き、胃腸を休ませる健康法です。

お坊さんの修業のように、絶食状態になることはありません。

プチ断食中でも、いつでも水分が摂れ、軽い食事をすることも可能です。

つまり急激に体重が落ちることはなく、痩せすぎが起きたり、バストに必要な筋肉や脂肪まで落ちてしまったりすることは考えにくいのです。

またプチ断食中にバストアップを目指すのであれば、運動を取り入れるとよいでしょう。

プチ断食中は、消化をつかさどる臓器が休息状態になります。

すると他の体の部分に血液が行き渡るようになり、新陳代謝が活発になります。

ここに運動を加えると、血液中の老廃物が排出されるとともに、余計な脂肪も燃焼されやすくなり効率的に筋肉を強化できるのです。

プチ断食中にウォーキングやストレッチなど自分のできる範囲で運動を行い、バストアップやヒップアップを目指しましょう。

食事に対する意識を変えましょう

2日前の夕食、何を食べたか覚えていますか。

忘れている方も多いのではないでしょうか。

忙しい現代人は、無意識のうちに食事を済ませてしまいがちです。

しかし、これでは美しい体型をつくることができません。

なぜなら、食事が、ダイレクトに体型に影響するからです。

まず、食事に対する意識を変えましょう。

日頃から、食材や調理法、食べる時間などを意識するように心がけます。

このとき、プチ断食を活用することができます。

プチ断食をすると、日常生活ではあまり体験しない、空腹感を体験することになります。

これが良いきっかけとなり、無意識から意識的な状態へと、食事に対する意識が変化するのです。

人にとって食事とは 

 

  • 生きるための栄養補給
  •  香りや食感を楽しみ、自分自身を満足させるもの
  •  社会的な役割を果たす、コミュニケーションツール

プチ断食では、ムリに食事を抜く必要がありません


もともと痩せている方や年配の方は、プチ断食をすると痩せすぎてしまうのではないかと心配するでしょう。

しかし、プチ断食で急激に痩せることは考えにくいのです。

それは、プチ断食中でも、食事ができるからです。

ムリに食事を抜く必要はないのです。

たとえば、「朝食だけ抜き、昼食からおかゆなど低カロリーな食事をする」「朝食は野菜ジュースや野菜スープで過ごし、昼食や夕食は普通の食事にする」などさまざまな食事メニューがあります。

もし1食でも食事を抜くのがきついと思う方は、「朝食の量を半分にする」ところからスタートしてもよいです。

プチ断食には、決まったルールはありません。

自分のできる範囲で、はじめましょう。

ただし、プチ断食の方法によっては、かえって健康を損ねる場合があります。

極端に体重が少ない方、持病がある方、薬を服用している方、妊娠中の方などはプチ断食を行わないでください。

バストアップを目指すなら正しい姿勢をキープしましょう

バストは、乳腺という母乳をつくる器官と脂肪からできています。

そして、その脂肪を支えているのが「大胸筋」という筋肉です。

この大胸筋は、腕や足に比べると使われることが少なく、ジムなどで鍛えない限り、衰えてしまう筋肉です。

さらに、筋肉量は年齢とともに少なくなるため、胸を支える機能も弱まってしまうのです。

これが、バストダウンの原因です。

では、どうしたらバストアップできるのでしょうか。

それは、正しい姿勢をキープして、大胸筋を鍛えることです。

この方法なら、プチ断食中でも家事をしているときでも、いつでもできます。

さらに、豊かなバストを保つためには、女性ホルモンが欠かせません。

女性ホルモンの分泌を促すためにも、「バランスのよい食事」「習慣的な運動」「規則正しい生活」など生活習慣を整えることも大切です。

正しい姿勢とは
  1.  両足のかかとをつけて、つま先を軽く開く
  2.  ゆっくり深呼吸して、胸を張り、おなかを引っ込める
  3.  

  4. あごを引いて、背筋を伸ばす

(まとめ)プチ断食中にバストアップするには?

1. プチ断食中に軽い運動を行い、筋肉を強化しましょう

プチ断食中に、ウォーキングやストレッチなど軽い運動を行うと効率的に筋肉が強化され、バストアップが期待できます。

これは、プチ断食中、消化をつかさどる臓器が休息でき、他の体の部分に血液が行き渡るようになるからです。

2. 食事に対する意識を変えましょう

忙しい現代人は、無意識のうちに食事を済ませてしまいがちです。

しかしプチ断食で空腹感を体験すると、無意識から意識的な状態へと、食事に対する意識が変わります。

日頃から、食材や調理法などを意識するように心がけましょう。

3. プチ断食では、ムリに食事を抜く必要がありません

プチ断食中でも食事ができます。

「朝食だけ抜く」「野菜ジュースを朝食にする」など自分ができそうな食事メニューからはじめましょう。

ただしプチ断食の方法によっては、かえって健康を損ねる場合があるため注意が必要です。

4. バストアップを目指すなら正しい姿勢をキープしましょう

バストアップを目指すには、正しい姿勢をキープして、バストの土台となる大胸筋を鍛えることが大切です。

また豊かなバストを保つためには、女性ホルモンが欠かせません。

女性ホルモンの分泌を促すために生活習慣も見直しましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る