プチ断食はニキビ改善に役立つ?

ニキビは日頃の生活習慣が原因の場合、プチ断食が役立ちます


栄養の偏りや添加物の摂取、大きなストレスなどの生活習慣の乱れが原因のニキビであれば、プチ断食によって改善が期待できます。

しかし食べない期間は1日までにし、それ以上長い期間本断食をしたければ専門家の元で取り組むことです。

また糖質制限をして脂肪を燃焼しやすくすることもニキビの改善に役立つため、夜遅くに食べないプチ断食とともに取り組んではいかがでしょうか。

生活習慣の乱れでニキビができてしまうことがあります

年齢、暮らし方などあらゆる原因でニキビはできてしまいますが、次の原因にあてはまるニキビはプチ断食で改善する可能性があります。

自分にあてはまっていないか、振り返りながら見てみましょう。

栄養の偏り

忙しくて外食が多いなどの理由から栄養バランスの偏った食事になる場合、必要な栄養素が得られず体の働きが崩れてニキビができてしまいます。

そしてインスタント食品や脂、糖を多く含む食品は消化にたくさんのビタミンBを使うため、ニキビの元になりやすく悪化を招く原因になります。

そのためプチ断食を行って内臓を休め、毒素や老廃物を排泄しやすくすることによりニキビの改善を目指すことができるのです。

大きなストレス

ストレスがたまるとホルモンバランスの乱れや免疫力の低下につながり、代謝が悪くなることでニキビが発生しやすくなるのです。

プチ断食で内臓を休めると低下した自然治癒力が回復するため、肌の状態を正常にするよう働き、それによりニキビの改善が期待できます。

食べない期間は1日までにし、体調が悪い時は中止しましょう


ニキビ改善に取り組みたいからと、何日も本断食を行うことはおすすめできません。

1日までであれば自宅で行ってもかまいませんが、それ以上の期間の断食にチャレンジしたい場合は、医師や専門家の管理が必要です。

あくまで一例ですが、プチ断食のやり方をご紹介しましょう。

週末3日間を使ったプチ断食

金曜日の昼食から消化がよく、量を減らしたメニューにし、土曜は1日飲み物だけで過ごします。

最後の日曜は朝、昼と少しずつ消化のよいメニューで量を戻していき、夜にはそれまでのような食事をしてかまいませんが、重めのメニューは翌日まで我慢しましょう。

もしはじめてで空腹がツライ時は手作りした野菜ジュースを飲んでもよく、体調が悪くなってきた時は終了して休むようにしましょう。

この方法は頻繁には行わずたまに取り組む程度でかまいません。

さらに短い期間の断食

脂肪をため込みやすい時間である22時以降に消化を長引かせないよう気をつける夜だけのプチ断食や、前日夜食べ過ぎた時のリセットをするために夕食から18時間食べずに過ごす午前中だけの方法があります。

日頃から取り組みやすい方法なので、ニキビ予防にも役立つことから継続するとよいでしょう。

ニキビ改善には糖質制限も役に立つと言われています

ニキビができる原因のひとつに糖質の取り過ぎがあり、その結果脂肪の代謝を妨げていることになります。

人の体ではまず糖質からエネルギーが使われ、その後脂肪、タンパク質の順で使われていきますが、最初に消費される糖質の量が多すぎると脂肪の消費まで至らず脂肪が蓄積されてしまうのです。

しかも使われずに余った糖質は脂肪に変換して蓄積されるため、さらに脂肪が増えることになりますが、この悪循環を抑える方法として糖質制限があります。

糖質制限のポイント

主食となるご飯やパンを低糖質の食品に変えるだけでなく、タンパク質と食物繊維をしっかりと取ります。

もし低糖質のメニューの準備が難しければ市販品を上手に活用することがおすすめで、コンビニでも低糖質パンなどが充実しているため外出先でも低糖質を心がけることが可能です。

そして食事の中では夕食のボリュームがもっとも少なくなるようにし、夜遅くに食べないようにしましょう。

夜遅い時間に食事を取らない点はプチ断食にもつながっていることで、糖質制限と一緒に行うこともできる方法が夜のみのプチ断食です。

(まとめ)プチ断食はニキビ改善に役立つ?

1.ニキビは日頃の生活習慣が原因の場合、プチ断食が役立ちます

食生活の偏りやたまったストレスなどからニキビができた場合、プチ断食で改善する可能性があります。

しかし本断食は1日までで、体調が悪くなればすぐやめましょう。

糖質制限も脂肪の代謝を進めるためニキビ改善に役立ちます。

2.生活習慣の乱れでニキビができてしまうことがあります

原因によってはプチ断食でニキビが改善することがあります。

栄養が偏り、添加物や糖、脂肪の多い食品はニキビができやすいため、不要な物の排泄にプチ断食が役立つのです。

ストレスも免疫機能を低下させますがプチ断食は回復が期待できるのです。

3.食べない期間は1日までにし、体調が悪い時は中止しましょう

ニキビ改善を目指したプチ断食では、週末3日間を利用して間の1日だけ本断食を行う方法というものもありますが、体調が悪くなったらすぐにやめましょう。

ほかにも夜遅い時間の食事をしないやり方、午前中は食べずに過ごす方法があります。

4.ニキビ改善には糖質制限も役に立つと言われています

糖質の取り過ぎからニキビができることもあり、糖質制限をして脂肪の代謝を促す方法もあります。

糖質制限では主食を低糖質食品に切り替えてタンパク質と食物繊維を十分取り、プチ断食のように夜遅くには食べないように心がけましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る