プチ断食を1週間行うときの注意点とは?

プチ断食を1週間行うときは本断食のない夜のみまたは朝のみの方法がおすすめです


1週間のプチ断食を行う場合、夜のみや朝のみの方法がおすすめで、2日以上の本断食は専門家の管理が安全性の理由により必要です。

夜だけのプチ断食は、20時以降食べないようにするだけなので取り組みやすく、夜食べ過ぎてしまった時は18時間経過するまで食事を取らない朝のプチ断食を行って1週間過ごしましょう。

またダイエット目的の場合は糖質制限を一緒に行う方法もあり、糖質を控えてタンパク質や食物繊維をしっかり取って、昼より夜のボリュームを減らすとよいです。

1週間のプチ断食は朝や夜のみの方法が安全でおすすめです

体の調子を整えるなどに役立つと言われるプチ断食を1週間行う時は、朝または夜のみ食べないようにする方法が健康の面からもおすすめです。

また、それぞれに行う時のポイントも押さえておきましょう。

夜のみのプチ断食

夜だけプチ断食をする方法は、夕食後翌朝まで食べ物を口にしないという内容ですが、夕食は20時を過ぎないことがポイントです。

22時以降は脂肪をため込みやすくなるため、食事をしないことはもちろん消化が済んでいることも必要でしょう。

この方法は夜遅くに食べないようにするだけのため、大半を寝て過ごすことができる点からも取り組みやすいと言えます。

また、消化の終わった状態で眠ることにより体脂肪の燃焼がしやすくなるので、ダイエットに役立つことが期待できるのです。

朝のみのプチ断食

とくに前日の夕食で食べ過ぎたと感じる時に行うとよいプチ断食で、夜のみのプチ断食を続けていた時に、どうしても仕事の付き合いなどで食事をする必要があった場合には行ってみましょう。

朝だけのプチ断食は、夕食から18時間経過するまで飲み物だけで過ごす方法です。

その後夜は消化のよい食べ物を控えめに取って、再び夜だけのプチ断食に取り組みましょう。

本格的な断食は医師など専門家の管理の下で行いましょう


食べ物を取らず水分だけで過ごす本断食は2日以上勝手に続けてはならないと言われており、安全面から専門家の管理の下で行うことが必要です。

プチ断食の場合、1日だけ何も食べない方法もありますが人によって体調が悪くなることもあり、その場合はすぐにやめることと注意されています。

そのため、むやみに1週間本断食を続けるよりプチ断食で夜だけや朝だけ食べない方法に取り組んだ方が健康的に続けられると言えるでしょう。

食べられない期間が長いとストレスになりやすい

内臓を休ませることによるメリットは多数あるものの、食べられないことで大きなストレスを感じることも少なくありません。

その点からも何日も本断食を自分一人で続けることは大変であり、何かあった時の対処も難しくなるでしょう。

この理由からも朝だけや夜だけのプチ断食を1週間続けた方が、ストレスを軽減することにもつながります。

長期間の健康的に行うダイエットには糖質制限があります

プチ断食を行う目的がダイエット効果である場合、その他の方法を取り入れてもよいでしょう。

食べられないことに辛さを感じる場合には、食事を十分取ることのできる糖質制限を試してみましょう。

この糖質制限は1週間と言わず、長期にわたり継続することで期待する効果があがりやすくなるため、朝のみや夜のみのプチ断食と合わせて行うこともひとつの方法です。

夜遅い食事はしないという共通点

夜のみのプチ断食のように糖質制限においても、21時以降の食事を禁じていることから、この2つの方法は合わせて行うことが望ましいでしょう。

さらに昼から夜に向けて食事のボリュームを減らすという糖質制限のポイントも押さえると、ダイエット効果の期待がアップします。

食事内容を糖質制限で

夜のみ朝のみのプチ断食では、とくに食事内容の制限をしていないものの、糖質制限のポイントとなる糖質を控えめにしてタンパク質や食物繊維をしっかり取る内容にしましょう。

すると食事の回数や量を減らすことなく食事で満足感を得られるため、食べられないストレスを抱えることがありません。

(まとめ)プチ断食を1週間行うときの注意点とは?

1.プチ断食を1週間行うときは本断食のない夜のまたは朝のみの方法がおすすめです

プチ断食を1週間行うには、夜や朝だけ取り組むことが安全でおすすめです。

本断食を自分で2日以上行うことは危険なため、食べられないストレスも大きくなるでしょう。

また糖質制限をプチ断食とともに行うとダイエット効果のアップが期待できます。

2.1週間のプチ断食は朝や夜のみの方法が安全でおすすめです

1週間続けてプチ断食をしたい時は、朝だけや夜だけに行うことをおすすめします。

夜のみのプチ断食では20時以降食事を取らないだけなので取り組みやすく、どうしても夜食べ過ぎた時には朝のみのプチ断食も取り入れることでリセットしましょう。

3.本格的な断食は医師など専門家の管理の下で行いましょう

まったく食べず水分だけを取る本断食を2日以上行うことは危険であり、専門家の管理が必要です。

また食べられないストレスが大きくなることから、プチ断食の場合も夜や朝だけを1週間続ける方が行いやすいでしょう。

4.長期間の健康的に行うダイエットには糖質制限があります

ダイエット目的でプチ断食を1週間行う時は、糖質制限を合わせて取り組む方法もあります。

その場合、糖質制限も夜遅くの食事を避けるとしていることから夜のみのプチ断食を行いましょう。

できれば1週間だけではなくできるだけ継続することがおすすめです。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る