プチ断食は1日でも効果が出るの?

プチ断食は1日だけでもよく、定期的に行うことで効果が期待できます


1日食べないプチ断食を定期的に行うことで内臓を休め、それにより体脂肪燃焼や便秘の解消などあらゆる効果が期待できます。

プチ断食をする前日から準備をしていき、食べなかった翌日は元に戻していくようにしましょう。

1日とはいえ空腹に耐える必要があり、日常生活は普段通りできますが激しい運動を控えるようにします。

もし食事の我慢がどうしてもツライ場合、糖質制限でダイエットなどを実践するという選択肢もあります。

1日のプチ断食でもあらゆる効果があると言われています

プチ断食とは短期間食事を取らない方法で、1日食べないだけであれば自宅において自分で取り組んでもよいとされているやり方です。

自分のスケジュールに合わせて行いやすいだけでなく、次のような効果が期待されています。

1日プチ断食に期待される効果

内臓を休めることでスムーズな代謝が期待できるようになり、体脂肪の燃焼や老廃物の排泄がしやすくなると言われています。

そのためダイエットや肌の美しさ、体の動かしやすさの向上、味覚が繊細になるなどあらゆる面でうれしい効果が期待できるでしょう。

とくに現代の食生活は食べ過ぎ傾向にあり、添加物をたくさん使った食品を取る機会も多いことから内臓が疲れ気味になっているので、定期的にプチ断食を行って体調を整えてはいかがでしょうか。

1日のプチ断食の方法

丸1日食事を取らないプチ断食ではその前日から少しずつ食事の量を減らして消化のよい物を取っていき、食事を取らなかった日の翌日に回復していく必要があります。

1日だけのプチ断食での回復期間は、とくに必要ないとの意見もありますが、プチ断食はなるべく消化のよい食べ物から取るようにすることがおすすめです。

プチ断食は食事を取らないというものです


プチ断食は自宅で手軽に行うことができます。

その特徴には固形物の食事を取らず、水やノンカフェインのお茶のみで過ごすというものです。

しかし、プチ断食を行う上での注意点がいくつか存在します。

それらを知っておくことで、プチ断食を安全に行うことが大切と言えるでしょう。

以下の点には注意が必要です。

激しい運動は避ける

手作り野菜ジュースなどを取りながらのプチ断食であればウォーキング程度の運動は行ってもかまいませんが、食事による栄養摂取をしていないため激しい運動は控えた方が安心です。

しかし日常生活での制限はとくにないため、普段通りの暮らしをすることができます。

もし1日プチ断食を実行中にひどい疲れや吐き気などを感じた場合は、すぐにプチ断食を終了しましょう。

2日以上は行わない

プチ断食でまったく食べ物を取らない期間は1日までにし、2日以上は行わないことが健康にとって大切です。

2日以上の断食にチャレンジしたい場合は専門家の管理の下で行う必要があるため、勝手な判断で長期間の断食を行わないようにしましょう。

食事の我慢が苦手な場合は糖質制限も検討してみましょう

プチ断食の場合、1日という短期間であっても食事を我慢しなくてはなりません。

水やお茶など飲み物を取ることはできても、食べられないことに辛さを感じる人は、少なくないでしょう。

そこで、食べられないことが強い負担に感じてしまう場合は、糖質制限という選択肢もあります。

3食をしっかりと食べられるダイエット法

糖質制限は、食事をしないプチ断食と違って1日3食きちんと食べられる方法で、忙しい中食事のできないストレスに耐える必要がありません。

ただし注意するポイントは糖質を多く含むご飯やパン、麺の主食を低糖質タイプに切り替えることで糖質を減らした分、タンパク質と食物繊維をしっかり取り、脂肪も控えめにします。

また、糖質制限は3食とも行わなくてはならないという決まりはなく、目標に応じて3食のうち何食切り替えるか自分で決めることができます。

しかし継続することが効果につながりやすいため、糖質制限を長く続けていきましょう。

継続が大切という点では、朝や夜のみのプチ断食にも同じことが言えます。

(まとめ)プチ断食は1日でも効果が出るの?

1.プチ断食は1日だけでもよく、定期的に行うことで効果が期待できます

プチ断食を1日行うと、ダイエットや便秘改善などの効果があると言われています。

しかし空腹を我慢する必要があり、激しい運動も控える必要があることから、強いストレスを感じる場合は糖質制限を選んでみてはいかがでしょうか。

2.1日のプチ断食でもあらゆる効果があると言われています

プチ断食を1日行うことで内臓が休まるため、ダイエットに美肌、体調の改善や味覚の向上などの効果があると言われています。

その方法は、まず前日から消化のよい物にして少しずつ量を減らし、当日食事を取らずに過ごして翌日次第に元へ戻しましょう。

3.プチ断食は食事を取らないというものです

自宅で行うことのできるプチ断食ですが、食事を取らない空腹に耐えることが必要です。

そして日常生活程度は大丈夫ですが激しい運動は避け、2日以上は行わないようにしましょう。

4.食事の我慢が苦手な場合は糖質制限も検討してみましょう

1日食事を我慢するプチ断食はツライと感じる場合、3食食べられる糖質制限はいかがでしょうか。

糖質を控えた分タンパク質と食物繊維を十分取り、目標に応じて低糖質メニューにする回数を決めて行います。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る