プチ断食中に飲むといいジュースとは?

プチ断食中に飲んでもよいジュースは手作りした甘さの少ない物です


3日間でプチ断食を行う場合、本断食の日に空腹を紛らわすには手作りの野菜ジュースにしましょう。

もし市販品を使う時は食塩・砂糖100%無添加の物を選び、体に負担のかからないようにします。

そして酵素ドリンクの利用もひとつの方法ですが、ここでも添加物不使用かつ薄められていない100%そのままの製品がおすすめです。

また、よりダイエット効果を期待したい場合は、糖質制限を行う方法もあります。

プチ断食中に飲みやすい、手作りジュースを活用しましょう

週末を利用した3日間のプチ断食では丸1日かけた本断食を行いますが、この日は水やノンカフェインのお茶だけを飲んで過ごします。

しかしプチ断食ははじめての方や空腹に耐えられない場合、ムリに我慢を続けると反動で食べてしまう恐れがあるため、野菜ジュースを飲んで乗り切ることがおすすめです。

市販品はできるだけ避ける

スーパーやコンビニへ出かければ野菜ジュースがたくさん売られていますが糖質が多い物もあり、プチ断食の効果が期待しづらくなってしまいます。

そのため市販品を利用する場合は、食塩・砂糖100%無添加と表示のある物を選ぶようにしましょう。

ジューサーでジュースをつくる

プチ断食を始める前に野菜を購入し冷蔵庫へストックしておけば、どうしても空腹が辛くなった時すぐにジュースを手作りすることができます。

  • ニンジンジュース
    ニンジン2~4本とリンゴ半分を用意しジューサーにかけるだけでできあがりますが、慣れてきたらリンゴは入れずにつくってみましょう。
  • 野菜ジュース
    キャベツ1~2枚、トマト1~2個、ニンジン1本、レモン汁少々をジューサーにかけます。

    または小松菜1~2枚、セロリ1~2本、ニンジン1本、パセリ1つまみでつくる方法もありますが、お好みで選びましょう。

酵素ドリンクを用いる方法もありますが成分に注意が必要です


酵素ドリンクを使ったファスティングも注目されていますが、プチ断食中の空腹を乗り切るために酵素ジュースを利用する方法もあります。

酵素ドリンクは、使われている栄養素が発酵により低分子に分解され、消化に負担がかかりにくい飲み物で、栄養価の高さにも特徴があります。

プチ断食に使う酵素ジュースの選び方

酵素ドリンクも数多くの製品が発売されているため、その中から低カロリーの物を選びましょう。

中には高カロリーの製品もあり、するとプチ断食でダイエット効果を目指す場合には逆効果になってしまう可能性があります。

そして成分表示を確認し、無添加で薄くなっていない100%の酵素ドリンクがおすすめです。

飲みすぎに注意

酵素ドリンクは栄養価の高い材料に糖質を加えて発酵させつくりますが、プチ断食の本断食の日に空腹をサポートする形ではなく水分代わりに飲むことは避けましょう。

分解されているとはいえ糖質を含むため、飲みすぎればプチ断食のダイエット効果を妨げる可能性が出てきます。

さらなるダイエット効果をプラスしたいのなら糖質制限もおすすめです

プチ断食を行うペースは年2~4回ほどで、頻繁に行えばよいわけではありません。

朝や夜のみのプチダイエットであれば日常的に行うとよいですが、さらにダイエット効果を期待したい場合には、糖質制限を合わせて行う方法があります。

糖質摂取量を抑える

食事から取る糖質の量を抑えることにより、体脂肪の燃焼を促してダイエット効果を期待する方法が糖質制限です。

プチ断食と同様、夜遅い時間の食事は避けるため夜のみのプチ断食と合わせていってもよいでしょう。

ただし、夜や朝のみのプチ断食よりも食事内容には配慮する必要があるため、タンパク質をしっかり取るなどのポイントをクリアすればさらなるダイエット効果が期待できます。

使う野菜にも注意

プチ断食では野菜ジュースを使ってもよいですが、糖質制限の場合はその野菜も糖質の少ない物にする必要があります。

そして果物は糖質が多いためまず避けて、野菜の中でもトマトやニンジンなど暖色野菜も控えましょう。

(まとめ)プチ断食中に飲むといいジュースとは?

1.プチ断食中に飲んでもよいジュースは手作りした甘さの少ない物です

プチ断食中、どうしても空腹が辛ければ手作りの野菜ジュースを飲んでもかまいません。

または甘味料の添加されていない酵素ドリンクを利用する方法もあります。

そしてよりダイエット効果を高めたければ糖質制限も行ってはいかがでしょうか。

2.プチ断食中に飲みやすい、手作りジュースを活用しましょう

3日間でのプチ断食では丸1日本断食をしますが、その時空腹が辛ければ野菜ジュースで紛らわせる方法があります。

この時手作りの野菜ジュースがおすすめですが、市販品を利用する場合は食塩と砂糖100%不使用のタイプを選びましょう。

3.酵素ドリンクを用いる方法もありますが成分に注意が必要です

栄養価が高く消化吸収のしやすい酵素ドリンクをプチ断食の本断食で利用する方法もあります。

その場合水分だけでは空腹に耐えられない時に酵素ドリンクを飲むようにしましょう。

4.さらなるダイエット効果をプラスしたいのなら糖質制限もおすすめです

プチ断食に加えてダイエット効果を期待したい時は糖質制限も行ってみましょう。

食事の糖質摂取量を抑えて脂肪を燃焼する方法で、代わりにタンパク質をしっかり取ります。

野菜ジュースをつくる場合もプチ断食とは違い、果物や暖色野菜は避けましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る