プチ断食のダイエット効果は?

プチ断食の脂肪燃焼や老廃物排泄によりダイエット効果が期待できます


週末や夜または朝だけ取り組むプチ断食は、行いやすく続けやすいダイエットと言われています。

プチ断食によって内臓が休まると、脂肪燃焼や老廃物排泄がスムーズになりダイエット効果も期待できるのです。

その方法は、夜20時以降食べないものや、夕食から18時間以上間をあけるもの、3日間かけて間で本断食を行うものがあります。

しかし食事ができないことでストレスを感じる場合は糖質制限を選ぶ方法もよいでしょう。

プチ断食はダイエット効果が期待されています

プチ断食は本格的な断食とは違って何日も絶食をする内容ではなく、自分で管理しながら手軽に取り組みやすい方法です。

そしてプチ断食をすることでダイエット効果が期待できる点も人気を集めている理由です。

プチ断食の効果

プチ断食を行うと常に消化吸収のために働いている内臓をいったん休ませることができると言われています。

その間に休養をした内臓は再びその後働きやすくなるために、ダイエットだけではないさまざまなうれしい変化がもたらされるのです。

体脂肪の燃焼

食事による栄養を取らないことでエネルギーは体脂肪を燃やして使われていくため、ダイエット効果が期待されます。

そして体脂肪の燃焼によりその時に出てくるケトン体が脳の栄養になることで、ストレスに強くなったりリラックスしたりといった働きまでもたらすと言われています。

老廃物が出しやすくなる

便秘解消することもダイエット効果につながるため、プチ断食で活動しやすくなった内臓がスムーズなお通じをもたらすでしょう。

心を落ち着かせる

イライラがたまるとドカ食いの危険性がありますが、ストレスの少ない状態であれば過食の心配も減り、太りにくい体づくりに役立ちます。

プチ断食によるダイエットの方法は取り組みやすい内容を選びましょう


プチ断食は本断食と違って短期間でムリをせず行う内容のため、ダイエットにつきもののストレスが少ない方法と言われています。

さまざまなプチ断食の方法をご紹介しましょう。

週末に行う

金土日を利用して行う方法で、真ん中の土曜のみ本断食を行い、その前後で準備と回復をしていきます。

まず金曜の昼食から消化のしやすいうどんなど和食に切り替えて、夕食はおかゆ、スープで済ませましょう。

土曜は食べ物を取らず水のみで過ごしますが、どうしても辛くなった時には野菜ジュースを取り入れる方法もありますが、市販品では甘さがあるため、手作りすることをおすすめします。

そして日曜には、朝3分粥、昼は5分粥で夜から普通の食事に戻しますが、消化の悪い重いメニューは翌日まで避けましょう。

夜だけ行う

ダイエットでも夜食を食べない方法がありますが、夜だけのプチ断食では20時以降は水やお茶以外を取らない方法です。

脂肪をため込みやすい時間に食べ物を取らないことで脂肪燃焼の働きをサポートします。

朝だけ行う

前日の夜、食事をした時間から約18時間は水のみで食べ物を取らないようにする方法です。

食べ過ぎた翌日に行うことがおすすめの方法で、その日の夕食は軽いメニューにしましょう。

どうしても食事がしたい場合は糖質制限を選ぶ方法もあります

週末のプチ断食では間の1日は水分だけを取ることになりますが、食事を取られないことに大きなストレスを感じてしまう場合、糖質制限を選ぶ方法もあります。

糖質制限には食事を減らすことなく食べられ、満足感を得られながらダイエットを行うことが可能というメリットがあります。

そして、糖質制限ではご飯やパンなど主食となる食べ物を低糖質の食品に置き換えるだけと、取り組みやすい点も魅力です。

コンビニなどでも低糖質の食品が並んでおり、仕事中の食事でも手軽に低糖質メニューをそろえることができます。

また、糖質制限中はタンパク質をしっかり取ることも大切です。

エネルギー源となる糖質を控えるため、体脂肪の燃焼がしやすくなりますが、筋肉まで消費される恐れがあります。

それを防ぐにはタンパク質の摂取量を増やした食事内容を心がけますが、高タンパク低脂肪の食材を豊富に取り入れることがおすすめです。

(まとめ)プチ断食のダイエット効果は?

1.プチ断食の脂肪燃焼や老廃物排泄によりダイエット効果が期待できます

プチ断食は始めやすく続けやすいダイエットで、内臓が休まるので脂肪燃焼や老廃物の排泄がしやすくなります。

夜のみ、朝のみ、週末のみと行いやすい方法を選びますが、食事を取りたい場合は糖質制限はいかがでしょうか。

2.プチ断食はダイエット効果が期待されています

取り組みやすいプチ断食は、内臓を休めることでダイエット効果も期待されています。

プチ断食で体脂肪を燃焼してエネルギーとするほか、老廃物の排泄がスムーズになることで便秘解消に役立つからです。

3.プチ断食によるダイエットの方法は取り組みやすい内容を選びましょう

プチ断食でダイエット効果を狙う場合、週末や夜のみ、朝のみの方法があり、短時間を飲み物だけで過ごす方法になっています。

どの方法も健康な状態の体には負担が少なく、手軽に行いやすい方法です。

4.どうしても食事がしたい場合は糖質制限を選ぶ方法もあります

プチ断食で食事を取らないことに抵抗があれば、糖質制限はいかがでしょうか。

1日3食きちんと食べながら行うことが可能なダイエット法のため、ストレスがたまりにくいメリットがあるほか、主食を置き換えるだけと取り組みやすさも魅力です。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る