プチ断食は生理中にしてもいいの?

生理中にプチ断食を行うと体調を崩すおそれがあるため避けましょう


排卵日から生理中は、女性ホルモンの1つである「プロゲステロン」の影響で代謝などが落ちるため、減量しにくい状態と言われています。

逆にプチ断食やダイエットによって必要なカロリーや栄養素がとどこおることで生理不順や生理が止まる可能性が考えられるため、控えましょう。

生理後は「エストロゲン」が分泌されて代謝が上がるため、痩せやすい体作りによい時期です。

生活習慣の見直しのほかにプチ断食を取り入れてもよいでしょう。

プチ断食もダイエットも生理中は避けましょう

プチ断食やダイエットは生理中には控えた方がよい、という話を聞いたことがあるかもしれません。

ではなぜ、そのように言われているのでしょうか。

それはプチ断食やダイエットをすることによって、生理不順や生理が止まる可能性が考えられるためです。

過度な食事制限や食べないことにより必要なカロリーや栄養が不足してしまいます。

そうなると、ホルモンを作ることができなくなることや、脳が生殖機能を抑えようとすることなどを引き起こすおそれが考えられるでしょう。

また、排卵日から生理前は「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンの一種が分泌されています。

このホルモンが増えることで女性の体は妊娠に備えて栄養や水分、脂肪などをため込もうと代謝が落ちる傾向があると言われているのです。

この影響が生理中にも残っているため、痩せにくいどころか一時的に体重が増えることも考えられるでしょう。

このため、まずは自分の体調を優先し極力ストレスのかからない生活を送ることを心がけましょう。

生理後は痩せやすいと言われています


生理前から生理中の期間が痩せにくいと言われている一方で、生理後は痩せやすくなると言われています。

これにも、女性ホルモンが関係していると考えられているのです。

生理後には「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンの分泌が増えます。

このエストロゲンには新陳代謝を活発化させる働きがあるため、痩せやすくなると言われているのです。

新陳代謝が良くなっているときを利用して、痩せやすい体作りをしましょう

食生活の見直し

好きなものばかり食べていても、栄養が偏ってしまいます。

人間の体にとって必要な栄養素をバランス良く摂取しましょう。

また、現代人はエネルギー源になる炭水化物を摂りすぎる傾向にあると言われています。

普段食べる主食を低糖質の食品に置き換えて、糖質をムリなく減らし、摂取カロリーを減らしてみましょう。

すると摂取カロリーを消費カロリーが上回るため、より痩せやすい体作りにつながることが期待できるのです。

睡眠時間の充実

睡眠時間が短いと起きている時間が長くなり、食欲が増して余分なものを食べた結果太ることにつながると言われています。

逆に睡眠時間をたっぷり取ることは成長ホルモンの分泌を促し、痩せやすい体作りに役立つため、質のよい睡眠をとるようにしましょう。

適度な運動

筋肉が増えると脂肪が燃えやすくなるため、運動をして筋肉をつけることは痩せやすい体作りに効果的です。

水泳やジョギングなどの有酸素運動を20分以上続けることで効果が現れると言われています。

運動が苦手な人は、エアロビクスなど軽い運動で長時間続けられるものを選ぶとよいでしょう。

プチ断食を行う場合であればムリのない範囲で行いましょう

プチ断食は、生理後などといった健康状態のよいタイミングで行えば、効果的に利用することも可能です。

プチ断食には胃腸が休まり、免疫力がアップしたり自律神経を整えたりする効果が期待できるため、長い目で見たとき減量につながると言われています。

具体的な方法としては半日~1日ほど固形の食べ物を口にせず、水やノンカフェインのお茶などで過ごすという方法が代表的です。

どうしても空腹に耐えられない場合は、酵素ジュースや野菜ジュースなどを摂ってもよいでしょう。

また、時間の長さに関わらず、断食の期間を終えた後にはじめて食べる食事は、胃腸の負担にならないものを選ぶとよいでしょう。

たとえば、重湯やおかゆ、具なしの味噌汁など適度に栄養素が摂れるものをおすすめします。

逆にいつも通りのしっかりとした食事を大量に摂ると、栄養を吸収しすぎてしまいリバウンドの原因になるおそれもあるため注意しましょう。

ただ、前述の通り、プチ断食は生理中などといった健康状態に不安のある時におすすめできる方法ではありません。

そのほか、妊娠中の方や成長期の子供など通常よりも多く栄養が必要になる方や、プチ断食によって過度にストレスのかかる場合も同様に推奨できないと言われています。

いずれの場合も必要な栄養素やカロリーが不足することで、体調にさらなる悪影響を及ぼす可能性があるとされているからです。

もし、健康な方でも断食中にめまいなど体に異常を感じた場合は、即座に断食を中止するようにしましょう。

(まとめ)プチ断食は生理中にしてもいいの?

1.生理中にプチ断食を行うと体調を崩すおそれがあるため避けましょう

排卵日~生理中と生理後では分泌される女性ホルモンの影響で、代謝が変化すると言われています。

生理後の代謝が上がる期間に痩せやすい体作りをしたり、ムリのない範囲でプチ断食を行ったりしてもよいでしょう。

2.プチ断食もダイエットも生理中は避けましょう

排卵日~生理前に分泌される「プロゲステロン」の影響で、生理中までは体に栄養や脂肪などをため込むため、減量しにくい傾向にあります。

逆にプチ断食やダイエットを行うと生理不順や生理が止まるおそれがあるため控えましょう。

3.生理後は痩せやすいと言われています

生理後には「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が増え、代謝が活発になると言われています。

この時期は生活習慣の見直しや適度な運動をして痩せやすい体作りをするとよいでしょう。

4.プチ断食を行う場合であればムリのない範囲で行いましょう

プチ断食は胃腸の消化吸収を休めることで免疫力アップや自律神経を整えることを促し、痩せやすい体作りにも役立つと言われています。

プチ断食を行う際は自分の体質や健康状態に注意し、体の異常を感じたときにはすぐさま中止するようにしましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る