プチ断食でパスタを食べるときの注意点は何ですか?

パスタを食べるなら量やソースの種類に注意しましょう


プチ断食にはいろいろな方法がありますが、1~2食を抜いたり、2日ほど固形物を食べないようにしたりと、短期間で行うことが多いようです。

その間は、水や、野菜ジュース、スープなどを摂り、何も口にしないわけではありませんが、プチ断食後は胃が空になっていますので、油っこいものは避け、一度に大量に食べないようにしましょう。

プチ断食の期間は固形物を摂らないので簡単にできそうに思われますが、プチ断食の前後の食事内容には注意が必要です。

プチ断食を始める少し前から、空腹に慣れるために食事量を腹八分目に抑えます。

プチ断食後の回復期は、胃腸を刺激しすぎないように重湯やお粥、野菜スープなどから始めて徐々に食事を元に戻すようにするとよいでしょう。

プチ断食後の食事でパスタを食べるなら、大量に食べないようにしてパスタソースには油っこいものや、肉や魚を大量に使用したものはやめておきましょう。

パスタは低GI食品で、食後の血糖値の上昇が緩やかですので、インスリンの分泌もゆっくりと促されます。

空腹時に食べても、血糖値が急激に上下するグルコース・スパイクという現象が起こりにくいので、回復期に少しずつ食べても問題はなさそうです。

ダイエット目的でプチ断食を行う方は、低糖質のパスタを利用するとよいでしょう。

糖質を控えることで、余ったエネルギーが脂肪となって蓄えられるのを防ぎます。

ただし、やわらかめに調理しましょう。

プチ断食には胃腸を休ませる効果もあります

プチ断食の目的には、ダイエットのほかにも胃腸を休ませることがあります。

空腹の期間を作ることで、体が老廃物などを排出する方向にはたらくため、デトックス効果があるといわれています。

プチ断食をする前は、腹八分目くらいの食事を摂るようにして体が空腹に慣れるようにするとよいでしょう。

そして、プチ断食後はすぐに元の食事には戻さず、お粥や野菜スープなどから徐々に戻していきましょう。

消化のよい麺類などもおすすめですが、パスタを食べる場合はかけるソースに気をつける必要があります。

バターや生クリームを使用したクリームタイプのソースや、肉や魚を多く取り入れたソースなどは胃に負担をかけますし、リバウンドの一因にもなりますので控えるようにしましょう。

胃腸はデリケートな状態になっていますので、刺激を与えないようにすることが大切です。

低GI食品のパスタは、食後の血糖値が緩やかに上昇します


GI値は、ブドウ糖を基準として血糖値がどれくらい上昇するかを表したもので、値が低いほど血糖値が上がりにくくなります。

血糖値はインスリンによって一定になるようにコントロールされていますので、血糖値が速く上昇するとそれを下げようとしてインスリンも大量に分泌されることになります。

血糖値が激しく上下すると食後に眠気やだるさを感じることがあるほか、動脈硬化の進行を早めるリスクがあるといわれているのです。

パスタはご飯やパンに比べてGI値が低く、血糖値が緩やかに上昇しますのでインスリンの分泌も緩やかです。

インスリンには糖を脂肪にかえるように促すはたらきもあり、インスリンの分泌量が抑えられると脂肪の蓄積予防にもつながります。

血糖値が上がりやすい空腹時も、低GI食品のパスタなら体全体に負担がかかりにくいと考えられます。

低糖質タイプのパスタを利用すれば、さらに血糖値の上昇を抑えることができるでしょう。

ただし、やわらかめにゆでましょう。

プチ断食後は糖質の摂取量に注意。リバウンドを防ぎましょう

私たちの体は、飢餓状態に備えてエネルギーを脂肪として貯めこむ仕組みを持っています。

プチ断食後の空腹の状態を体が飢餓状態と判断すると、摂取した糖質を脂肪にかえて蓄積しようとしますのでプチ断食後は糖質の多い食品を控えてリバウンドを予防しましょう。

また、エネルギーを過剰に摂取すると、余った分が脂肪として蓄積され、肥満の一因となります。

エネルギーの消費は糖質の後に中性脂肪となりますので、糖質を控えることで脂肪の消費が促されます。

糖質制限では糖質の多い食品を控え、その分タンパク質や食物繊維の多い食品を多く摂るようにしますので、食欲を我慢することなく面倒なカロリー計算も必要ありません。

脂肪の蓄積を予防し、健康的に痩せる効果が期待できます。

(まとめ)プチ断食でパスタを食べるときの注意点は何ですか?

1. パスタを食べるなら量やソースの種類に注意しましょう

プチ断食後の回復期は、胃腸を刺激しすぎないようにすることが大切です。

パスタを食べるなら、大量に食べないようにしてパスタソースには油っこいものや、肉や魚を大量に使用したものはやめておきましょう。

ダイエット目的のプチ断食なら、低糖質のパスタを利用するとよいでしょう。

2. プチ断食には胃腸を休ませる効果もあります

胃腸を休ませることもプチ断食の目的の一つです。

空腹の期間を作ることで、体が老廃物などを排出する方向にはたらくためデトックス効果があるといわれています。

断食後は、消化のよいもので食事を徐々に戻し、胃腸に刺激を与えないようにすることが大切です。

3. 低GI食品のパスタは、食後の血糖値が緩やかに上昇します

パスタはご飯やパンに比べてGI値が低く、血糖値が緩やかに上昇しますのでインスリンの分泌も緩やかです。

インスリンは糖を脂肪にかえるよう促すので、インスリンの分泌量が抑えられると脂肪の蓄積予防にもつながります。

血糖値が上がりやすい空腹時も、低GI食品のパスタをやわらかめにゆでれば体全体に負担がかかりにくいと考えられます。

4. プチ断食後は糖質の摂取量に注意。リバウンドを防ぎましょう

プチ断食後の空腹の状態を体が飢餓状態と判断すると、摂取した糖質を脂肪にかえて蓄積しようとします。

プチ断食後は糖質の多い食品を控えてリバウンドを予防しましょう。

プチ断食後を糖質制限の消化のよい食事にすると、脂肪の蓄積を予防し、健康的に痩せる効果が期待できます。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る