プチ断食終了後はドカ食いしやすいですか?

プチ断食中は空腹感が強く、ドカ食いしやすくなります


週末などを使って、短期間で体をリセットできるプチ断食。

固形物を摂取せず、ドリンク類でミネラルやビタミンを補給する方法で、ダイエット効果やデトックス効果が期待できるのです。

食事を摂らないことで消化器官が休まるため、疲れた内臓を整え、便通改善や肌の調子が改善されるなどのメリットがあるといわれています。

手軽に取り組めるプチ断食ですが、普段から暴飲暴食の習慣がある人の場合は、食べない状態に対してのストレスが非常に高まり、ドカ食いに走りやすい傾向があります。

せっかく我慢してプチ断食期間を乗り越えても、食欲がコントロールできずにドカ食いしてしまうと意味がありません。

プチ断食後の急激な食事は、体にかかる負担が大きくなるうえ、体がリセットされ栄養吸収率が高まっているので体重が増加しやすくなるといわれています。

プチ断食を行う前からアルコールや刺激物を控え、炭水化物を抑えるなど食生活を整えてから実践することが大切です。

プチ断食後は、いきなり通常食に戻すのではなく、おかゆや重湯などから徐々に食事を元に戻していく回復食を取り入れましょう。

プチ断食中の強い空腹感には注意が必要です

「お腹は空いていないけれど、なんとなく食べてしまう」といった食習慣がある人の場合、短期間とはいえ、断食するのはとてもツライものです。

プチ断食中は、当然ながら固形物の食事を摂取することはありません。

食事を摂らないと本当の空腹を体感することができるといわれています。

脳がサインを出す満腹中枢のポイント(閾値)が低くなり、少ない食事でも満腹感を覚え、あわせて胃が小さくなることも期待できます。

しかしながら、プチ断食を始めて8時間経過したくらいから、強い空腹を感じることもあるでしょう。

「終わったら何を食べよう」と、食べ物のことばかり考えてしまうかもしれません。

スーパーや飲食店に近づかない、気分転換に軽い運動をする、早寝する、など気を紛らわせて食欲を遠ざける工夫も効果的です。

また、空腹による吐き気や胃痛を感じる場合は、安静にして様子をみましょう。

柑橘系やバニラの香りなどのアロマで心を落ち着けると症状が治まることがあります。

自分に合ったやり方で、空腹を紛らわす工夫をすると楽しみながら乗り切ることができるでしょう。

プチ断食後のドカ食いは体に負担をかけます


プチ断食が終わったとしても解放感に任せてドカ食いをしてしまうと意味がありません。

自分で決めたプチ断食期間が完了したとしても、体はまだ断食状態となっているのです。

断食期間は、固形物が取り込まれていないため胃腸は消化する力が落ちていますので、
そこに、大量の食事が入ってくると体のバランスが崩れ、内臓に大きな負担をかけることになってしまいます。

また、プチ断食によってリセットされた体は、消化吸収力がアップしているため、少量の食事でも栄養を取り込むようになっています。

脳もプチ断食によって飢餓状態であると認識しているので、体を動かすエネルギー源となる脂肪を多く溜め込もうとしてしまうのです。

ドカ食いしてしまうと、摂取した食事のすべてが体に蓄積されてしまい、結果的にリバウンドにつながってしまいます。

断食とドカ食いを繰り返すと太りやすい体質を作ってしまうので、注意が必要です。

ドカ食い防止のために回復食を取り入れましょう

プチ断食後のドカ食いを防ぐためには、断食期間と同じくらいの時間をかけて、段階を経て通常食に戻していくことが大切です。

プチ断食後の回復食のプランを実行前から計画しておくことをおすすめします。

断食直後の1食目は、通常の半量のおかゆや重湯を、ゆっくりよく噛んで食べましょう。

その後、おかゆの量を増やしながら味噌汁、スープなどの汁ものなど消化のよいものを足していき、断食後3食目くらいで通常食に戻していきます。

また、ごはんやパン、麺類などの炭水化物が多めの食生活を送っている人は、プチ断食期間に主食を我慢しているストレスが非常に高まっているかもしれません。

しかしながら、炭水化物をプチ断食直後から大量に食べ始めてしまうと、血糖値の乱高下を引き起こし、食欲をコントロールすることが難しくなってしまいます。

プチ断食後のドカ食いを防ぐためには、主食を抑え気味にし、おかず中心で栄養バランスのよい食事を日頃から心がけるとよいでしょう。

(まとめ)プチ断食終了後はドカ食いしやすいですか?

1. プチ断食中は空腹感が強く、ドカ食いしやすくなります

暴飲暴食の習慣がある人は、プチ断食の状態にストレスが非常に高まり、ドカ食いに走りやすい傾向があります。

プチ断食後のドカ食いは、体にかかる負担が大きく、栄養吸収率が高まっているので体重が増加しやすくなるといわれています。

2. プチ断食中の強い空腹感には注意が必要です

プチ断食を始めて8時間経過したくらいから強い空腹を感じ、「終わったら何を食べよう」と食べ物のことばかり考えてしまうかもしれません。

スーパーや飲食店に近づかない、軽い運動をする、早寝するなど食欲を遠ざける工夫も大切です。

3. プチ断食後のドカ食いは体に負担をかけます

断食期間は、固形物を摂取していないため胃腸の消化力が落ちています。

そこに、大量の食事が入ってくると体のバランスが崩れ、内臓に大きな負担をかけてしまいます。

断食とドカ食いを繰り返すと太りやすい体質になるので注意が必要です。

4. ドカ食い防止のために回復食を取り入れましょう

プチ断食後のドカ食いを防ぐためには、断食期間と同じくらいの時間をかけて、おかゆなどから始めて、段階を経て通常食に戻していくことが大切です。

主食を抑え、おかず中心で栄養バランスのよい食事を日頃から心がけるとよいでしょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る