プチ断食ではチーズを食べても良いですか?

チーズは胃腸に負担をかけるという見方もあり注意が必要です


プチ断食は、軽めの断食のことで1~2食を抜く方法や週末などに1日だけ断食を行う方法などがあります。

プチ断食の間はエネルギーの摂取量が極端に減りますので、短期間で体重を減らすことができる場合が多いようです。

また、ごく短い期間ですので食欲をコントロールしやすく、ライフスタイルに合わせて手軽に取り入れられることも人気の理由かもしれません。

手軽なイメージのあるプチ断食ですが、その間は体が低栄養状態になりますので、プチ断食の前後の食事内容には気を配りたいところです。

栄養を補うためにプチ断食の前後に栄養価の高い食品を摂りたいところですが、胃腸に負担をかけるような食品は避けるようにしましょう。

減量のほかにも、プチ断食で固形物を摂らないことによって胃腸を休ませる効果が期待されます。

空っぽになった胃に刺激を与えないように、プチ断食後は一般的にはお粥や野菜スープなどから食事をスタートすることが多いようです。

お粥や野菜スープで糖質や食物繊維、ビタミンなどを摂ることができますが、タンパク質も摂りたいところです。

高タンパク質で栄養価も高い食品として知られるチーズですが、プチ断食後のデリケートな状態の胃腸には負担がかかりやすいので、避けた方がよい場合もあります。

プチ断食では、固形物を摂らないようにして胃腸を休ませます

プチ断食の間は、一切何も口にしないというわけではありません。

一般的に固形物は摂らないようにしますが、水分は摂り、野菜ジュース、具なしの味噌汁などを適度に飲む場合も多いようです。

プチ断食を行うメリットには、減量のほか胃腸を休ませることがあります。

これによって体は消化するよりも排出する方向に動き、免疫力を高める効果やデトックス効果で体に溜まった老廃物などが排出されてスッキリするといわれています。

固形物を摂らないので体に必要な栄養素が不足することが心配されますので、プチ断食中に飲むドリンクで野菜ジュースなどを利用してみるのもよいでしょう。

気を付けたいのはプチ断食の前後の食事内容で、胃腸に負担をかけないような食品を摂ることが大切です。

チーズは栄養価が高く、カルシウムやビタミンも豊富です


プチ断食後は、胃腸にやさしい食事を摂るようにして、まずは、お粥や野菜スープなどから始めるのが一般的なようです。

お粥や野菜スープから炭水化物や食物繊維、ビタミンを摂ることができますが、タンパク質も補いたいところですよね。

しかし、タンパク質を含む食品の中でも肉や魚は、胃腸に負担をかけやすいので避けた方がよいでしょう。

高タンパク質で栄養価の高い食品には、チーズやヨーグルトなどの乳製品や豆腐などの大豆製品があります。

チーズのカルシウムは吸収効率が良く、ビタミンAやビタミンB2も含まれていますので、不足した栄養素を補うのに向く食材といえます。

厚生労働省による食事バランスガイドでもカルシウムの供給原として乳製品が取り上げられているほか、胃腸の働きが弱っている方の食事にもチーズが取り入れられているようです。

しかし、プチ断食の前後はチーズを控えた方がよいという意見もみられます。

肉や魚、脂っこい食品と同様に胃に負担をかけないようにするためということが理由のようですので、プチ断食後にチーズを食べる場合は慎重に進めるようにしましょう。

普段の糖質制限と運動を合わせられれば、健康的に痩せる効果があります

プチ断食は手軽に始められますが、その前後の食事で胃腸に負担をかけないように注意しましょう。

また、プチ断食を長期間にわたって繰り返し行うと栄養不足になることもあるようです。

プチ断食で終わらせるのではなく、普段の食事でも腹八分目を意識してエネルギーを摂りすぎないようにし、継続して運動をすることで肥満の予防や解消につながります。

とくに、糖質を過剰に摂取すると余った分が脂肪として蓄積されますので、糖質を控えた食事を摂ることで健康的に痩せる効果が期待できるでしょう。

糖質制限ではご飯やパンといった糖質の多い食品を控えます。

その代わりに、肉や魚そしてチーズなどタンパク質の多い食品や、キノコ類や海藻などの食物繊維の多い食品を組み合わせたおかずを多く摂るようにします。

面倒なカロリー計算も必要ありませんので、普段の食事にも取り入れやすい方法といえるでしょう。

(まとめ)プチ断食ではチーズを食べてもよいですか?

1. チーズは胃腸に負担をかけるという見方もあり注意が必要です

プチ断食は減量のほかにも、胃腸を休ませる効果が期待できます。

空っぽになった胃に刺激を与えないように、プチ断食後はお粥や野菜スープなどからスタートすることが多いようです。

チーズは高タンパク質で栄養価も高い食品ですが、プチ断食後は避けた方がよい場合もあります。

2. プチ断食では、固形物を摂らないようにして胃腸を休ませます

プチ断食の間は何も口にしないというわけではなく、水分は摂り、野菜ジュース、具なしの味噌汁などを適度に飲む場合も多いようです。

固形物を摂らずに胃腸を休ませることで、免疫力を高める効果やデトックス効果があるといわれています。

気を付けたいのはプチ断食の前後の食事内容で、胃腸に負担をかけないような食品を摂ることが大切です。

3. チーズは栄養価が高く、カルシウムやビタミンも豊富です

高タンパク質で栄養価の高い食品には、チーズやヨーグルトなどの乳製品や豆腐などの大豆製品があります。

チーズのカルシウムは吸収率がよいですが、プチ断食の前後はチーズを控えた方がよいという意見もみられますので、プチ断食後にチーズを食べる場合は慎重に進めるようにしましょう。

4. 普段の糖質制限と運動を合わせられれば、健康的に痩せる効果が

プチ断食で終わらせるのではなく、普段の食事でもチーズなどを利用しながら腹八分目を意識して、運動を取り入れ、肥満を予防しましょう。

とくに、糖質を過剰に摂取すると余った分が脂肪として蓄積されますので、糖質を控えた食事を摂ることで健康的に痩せる効果が期待できます。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る