プチ断食後の食事で、そばは食べても良いですか?

そばは消化がよいのでプチ断食後の食事におすすめです


プチ断食では、少しの間、断食することによって、体に溜まった老廃物などを排出するデトックス効果や胃腸を休ませる効果が期待されます。

たとえば、1~2食を抜く方法や、週末などの休日を利用して断食を行うなど、さまざまな方法があるようです。

エネルギーの摂取量も減りますので減量効果も期待できますし、やり方を工夫しながらライフスタイルに合わせて上手に取り入れるとよいでしょう。

プチ断食の間は、水分やスープなどは摂りますが、固形物を摂らないことが多いようです。

食事を抜くだけなら手軽に行えそうですが、注意したいのはプチ断食後の食事です。

食事を摂らずに厳しいプチ断食をし、減量した場合は筋肉が減ることも多いため、代謝量が落ちて痩せにくい体になることがあります。

そのようなプチ断食の後でいきなり元の食生活に戻すと、リバウンドしてしまうこともあります。

プチ断食で栄養不足の状態にある体にエネルギーを補給しなければなりませんが、胃腸に負担をかけるような食品は避けるようにしましょう。

エネルギー源となる食品には、ごはんやパン、うどんやそばなどの麺類があります。

エネルギー源となる食品の多くは炭水化物を含むため、体内ではほぼ糖質として分解、吸収されますが、消費しきれずに余ると脂肪として蓄積されますので、摂りすぎには注意しましょう。

生そば(きそば、十割そば)は糖質が少なめで消化もよいので、プチ断食後の食事に向いているといえるでしょう。

プチ断食後はゆっくりと元の食事に戻すことが大切です

プチ断食は、一日のうち1~2食を抜いたり週末だけ食事を抜いたりして、少しの間、食事を摂らない方法です。

その間、水分は摂り、スープなども摂ることはありますが固形物を摂らないことが多く、胃の中が空っぽになります。

食事を摂らないので手軽に始められる反面、プチ断食後に元の食事に戻すことが難しく感じられるかもしれません。

プチ断食後の体は飢餓状態にあり、一度にたくさんの量を食べると、慌ててエネルギーを蓄えようとします。

また、筋肉が減って代謝量が落ちている場合は、エネルギーを消費しきれずに脂肪として蓄えますのでリバウンドが起こりやすくなります。

プチ断食後の食事は、お粥や野菜スープのような胃にやさしい食品や麺類から始めるのがおすすめですが、糖質の多い食品はなるべく控えたいところです。

その点、生そば(十割そば)は、糖質が少なく取り入れやすい食品です。

そばにはタンパク質やビタミンが豊富に含まれています


そばは栄養豊富な食品として知られていますよね。

約70%は炭水化物ですが、タンパク質、ビタミン、ミネラルも豊富に含まれています。

体内で作ることのできない必須アミノ酸がバランスよく含まれ、とくに、疲労回復や集中力を高めるのに役立つ「リジン」が多く含まれています。

また、抗酸化物質のポリフェノールの一種、「ルチン」も多く含まれているのです。

麺類は胃にやさしく食べやすいので、プチ断食後の食事にも向いてるでしょう。

そばは、そば粉と小麦粉の割合によって生そば(そば粉100%)や、二八そば(小麦粉20%、そば粉80%)などがあります。

小麦粉を使用しているそばは含まれる糖質の量も多くなりますから、糖質の摂取量を控え目にするなら、生そばの方がよいでしょう。

消化のよい麺類ですが、のど越しがよいため丸飲みしてしまわないように、よく噛んで食べるようにしましょう。

プチ断食を長期間繰り返す場合は栄養不足に注意しましょう

プチ断食を長期間にわたって繰り返すと、栄養不足になる場合もありますので注意しましょう。

私たちの体は大昔から、食料不足に備えて過剰なエネルギーを脂肪として蓄積する仕組みを持っています。

空腹が続いて体が飢餓状態になったと判断すれば、摂取した食物を貯蔵するようにはたらくのです。

また、減量によって筋肉が減ったのなら、代謝量が落ちて痩せにくくなりリバウンドすることもあります。

食事を抜く以外の方法では、糖質を含む食品を控える糖質制限も、脂肪の蓄積を予防・改善する効果が期待できます。

糖質制限では、一日3食を食べることができて、面倒なカロリー計算もありません。

タンパク質を多く含む肉や魚、食物繊維の豊富なキノコ類や海藻を組み合わせた、バランスのよい食事で、しっかり食べながら健康的に痩せる効果が期待できます。

(まとめ)プチ断食後の食事で、そばは食べてもよいですか?

1. そばは消化がよいのでプチ断食後の食事におすすめです

プチ断食の間は、水分やスープなどは摂りますが固形物を摂らないことが多く、食事を抜くだけで手軽に行えるように思われますが、注意したいのはプチ断食後の食事です。

生そば(きそば、十割そば)は糖質が少なめで消化もよいので、プチ断食後の食事に向いているといえるでしょう。

2. プチ断食後はゆっくりと元の食事に戻すことが大切です

プチ断食後の体は飢餓状態にあり、一度にたくさんの量を食べてしまうと、慌ててエネルギーを蓄えようとしてしまいます。

プチ断食後の食事は、お粥や野菜スープのような胃にやさしい食品や麺類がおすすめですが、糖質の多い食品はなるべく控えたいところです。

3. そばにはタンパク質やビタミンが豊富に含まれています

そばの約70%は炭水化物ですが、タンパク質、ビタミン、ミネラルも豊富です。

必須アミノ酸がバランスよく含まれ、とくに、疲労回復や集中力を高めるのに役立つ「リジン」が多く含まれています。

小麦粉を使用しているそばは糖質も多くなりますから、糖質の摂取量を控え目にするなら、そば粉だけを使用した生そばがよいでしょう。

4. プチ断食を長期間繰り返す場合は栄養不足に注意しましょう

プチ断食を長期間にわたって繰り返すと、栄養不足になる場合もありますので注意しましょう。

私たちの体は、空腹が続いて飢餓状態になったと判断すると脂肪を蓄える仕組みを持っています。

ダイエットなら食事を摂らない方法の他に、糖質を控えるという方法もあります。

糖質制限では、一日3食をしっかり食べながら健康的に痩せる効果が期待できるでしょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る