プチ断食をした、その後の食事の注意点はありますか?

プチ断食後は回復食で段階的に食事を戻します


2~3日間、普通の食事を摂らないでビタミンやミネラルをドリンクなどで補給しながら短期間で体をリセットする「プチ断食」。

ダイエット効果だけでなく、体内に蓄積されている毒素が排出され、胃腸の働きも活性化して排便を促す、デトックス効果も期待できるといわれています。

また、固形物の食事を摂らないことで消化器系が休めるため、内臓器官を整える効果があるともいわれています。

さまざまなメリットがあるプチ断食ですが、方法を間違えると大きくリバウンドすることが考えられるので注意が必要です。。

プチ断食後は、体がリセットされているので栄養の吸収能力が非常に高まっています。

そのため、空腹にまかせてドカ食いをしてしまうと、あっという間にリバウンドしてしまうのです。

日常の食事に戻すためには、プチ断食を行った同じくらいの日数をかけて、ゆっくりと食事を戻していく回復食がおすすめです。

おかゆや野菜スープなど消化のよいものを選び、油っぽいものや炭水化物中心の献立は避けるほうがよいでしょう。

体をリセットして、健康的に再生させるためには回復食プログラムが大切なポイントになります。

消化を助ける食材で胃腸の負担を軽減します

一般的なプチ断食の期間は3日前後で設定されていることが多いです。

プチ断食期間は、ビタミン、ミネラルをジュースなどから補給し、固形の食べ物は摂取していない状態になっています。

そのため、消化器系がしっかり休めるので、内臓がリセットされるのです。

ですが、プチ断食期間が終了し普段通りの食事を摂取してしまうと、休んでいる状態の消化器官が驚き、体に急激な負担をかけることになってしまいます。

おかゆや重湯など、消化がよく胃腸に負担をかけないものから少量ずつ摂取して慣らしていくことが大切です。

回復食は、炭水化物を抑え、柔らかく煮た野菜や豆腐、温かい野菜スープなどがおすすめです。

プチ断食の後は、味覚が冴えているので薄味でも十分うま味を感じることができます。

濃い味付けを控え、食欲を刺激しないメニューを意識しましょう。

プチ断食後の食事はリバウンドに注意が必要です


プチ断食後は、消化器系の内臓を休ませることで体内がリセットされ、血中にある余分なコレステロールが取り除かれて代謝が高まっている状態です。

栄養の吸収率が高まっているので、日常食にすぐに戻してしまうとあっという間にリバウンドにつながってしまいます。

また、体は、プチ断食により飢餓状態であると認識しているため空腹を強く感じます。

食欲をコントロールすることがとても難しいうえに、プチ断食が終わった達成感と解放感から、食べ過ぎてしまうので注意が必要です。

おかゆなど消化がよく、薄味のものから慣らしていきましょう。

揚げ物や濃い味のおかずは避け、野菜スープや味噌汁、野菜の煮物や豆腐など体に優しい食材を少しずつ増やしていくことがポイントになります。

食欲のままに炭水化物中心の食事を大量に摂取してしまうと、あっという間にリバウンドにつながります。

ゆっくりよく噛んで食べ、満腹感を得やすくすることと、腹八分目で止めることを意識しましょう。

プチ断食で体重コントロールをすると危険です

プチ断食で体重を落とせたからといって、食事制限を続けてしまうと栄養不足の状態になり、かえって太りやすい体質を作ってしまいます。

プチ断食は、ダイエットの効果もありますが、体内の器官を休ませることで体をリセットし、デトックスすることが目的でもあります。

そのため、断食で体重コントロールをしようとすると、短期間で体重を減らすことは可能でも長期的には痩せにくい体質に変わってしまうことが考えられるでしょう。

プチ断食で体をリセットしたら、段階を経た回復食で栄養不足を解消しましょう。

体重キープのためにと、極端に食事量を減らし続けてもダイエット効果は期待できません。

ごはんやパンなど炭水化物を控えめにして、栄養バランスが整ったおかず中心の食生活を心がけ、適度な運動を取り入れると、プチ断食後の代謝の高い状態を体がキープしやすくなります。

(まとめ)プチ断食をした、その後の食事の注意点はありますか?

1. プチ断食後は回復食で段階的に食事を戻します

プチ断食後は、体がリセットされているので栄養の吸収能力が非常に高まっています。

日常の食事に戻すためには、おかゆや野菜スープなど消化のよいものを選び、プチ断食期間と同じ日数をかけて段階的に戻していく回復食がおすすめです。

2. 消化を助ける食材で胃腸の負担を軽減します

回復食は、炭水化物を抑え、柔らかく煮た野菜や豆腐、野菜スープなどがおすすめです。

プチ断食の後は、味覚が冴えているので薄味でも十分うま味を感じることができます。

濃い味付けを控え、食欲を刺激しないメニューを意識しましょう。

3. プチ断食後の食事はリバウンドに注意が必要です

体は、プチ断食により飢餓状態であると認識しているため空腹を強く感じます。

食欲をコントロールできず、プチ断食が終わった達成感と解放感から食べ過ぎてしまうので注意が必要です。

ゆっくりよく噛んで腹八分目を意識しましょう。

4. プチ断食で体重コントロールをすると危険です

たとえばプチ断食で体重を落とせたからといって、食事制限を続けてしまうと栄養不足の状態になり、かえって太りやすい体質を作ってしまいます。

短期間で体重を減らすことは可能でも、長期的には痩せにくい体質に変わってしまうことが考えられます。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る