ストレスから過食気味です、プチ断食で得られる効果とは?

プチ断食は自分の心や食欲を見なおすきっかけになります


仕事や育児などのストレスから、ついつい食べ過ぎてしまう経験はありませんか。

人は、目の前に食べ物があるという理由だけで、必要のないときでも食べてしまうことがあります。

「なんとなく口にする」「あとでお腹が空くかもしれないと思う」「勿体ないと思う」など本当はお腹が空いていないのに、食べてしまうのです。

この悪い食生活を見なおすものが「プチ断食」です。

プチ断食では、1日3食のうち1食または2食程度、食事をしない時間を作ります。

最初は、空腹感に戸惑うことがあるかもしません。

それでも、「お腹が空くとはどういう状況なのか」「今は食べるタイミングなのか」「本当に食べたいものは何か」など自分の食欲に向き合うことができます。

さらに、いつもと違う状況に自分を置くことで、心まで見なおすきっかけになります。

プチ断食は、お金も手間もかからない、シンプルなダイエット方法です。

「ストレスで食欲をコントロールできない方」「ダイエットに振り回されている方」などには、試す価値のあるダイエット方法かもしれません。

私たち現代人は、想像以上に食べ過ぎています

はるか昔、人類の歴史を想像してみてください。

古代の人々は、食べることに必死でした。

獲物を捕まえたり植物の実を採ったりと、食料探しの毎日です。

もし食料が見つからなければ、空腹に耐えるしかありません。

これはかなり過酷ですが、古代の人々は満腹と空腹を実感するメリハリのある食生活でした。

さて、現代人はどうでしょうか。

1日3回の食事に加え、間食、ときにはお酒を飲むこともあります。

さらに、スーパーやコンビニに行けば食料が簡単に手に入るでしょう。

この環境では、食べ過ぎを起こしやすく、満腹と空腹の分かれ目が曖昧になります。

そして、食べれば食べるほど臓器の疲労も大きくなり、体重増加だけではなく健康不安にまで苦しむようになったのです。

プチ断食では、自分の心や食欲に向き合います


プチ断食をはじめると、やがて空腹になり「食べたい」という誘惑がやってきます。

実は、この体験がとても重要です。

なぜなら、私たちは普段「空腹感」や「食欲」があることに気付かないまま、食べてしまうことが多いからです。

プチ断食では、いつも見過ごしている体の変化に意識を向け、自分の食欲に向き合うことができます。

人によっては、強い空腹感に戸惑うことがあるかもしれません。

しかし、そんなときは自分にあまり厳しくせず、その気持ちをそのまま受け止めることが大切です。

「食べたいけれど、もう少し頑張ろう」「ここまでできたから、まだ続けられる」など自分を励ましながら過ごします。

そうすることで、自分自身をコントロールする力が生まれ、ストレス対処にも役立つでしょう。

プチ断食は、体調やライフスタイルに合わせて実践しましょう

一言でプチ断食といっても、「週末1食または2食抜く方法」「決まった日に2食抜く方法」などいくつかの食事パターンがあります。

また、食事メニューもさまざまです。

「固形物を摂らずに牛乳やスープを飲む」「野菜や果物を食べ、基礎代謝分だけのカロリーを摂取する」など自由に設定できます。

仕事で時間がない方や料理が面倒という方は、コンビニやスーパーにあるサラダや焼き魚、レトルトのお粥を使うことも可能です。

ムリのない食事パターンや食事メニューを選びましょう。

また、プチ断食の目安は、月1回程度です。

プチ断食日はどの日でもかまいませんが、できるだけ体調のよい日にしましょう。

ただし、「妊娠中や妊娠を希望する方」「体調が悪い方」「持病がある方」などは控えてください。

自分のライフスタイルや健康状態をよく考えたうえで、プチ断食を実践し、心と体のリフレッシュにつなげましょう。

スケジュール例
  1. 週末(土曜日&日曜日)
     

    • 平日、忙しい方
    • 週末、ゆっくり過ごせる方
  2. 平日(水曜日&木曜日)
       

    • 週末は食事を楽しみたい方
    • 平日に飲み会などが少ない方
食事例
  1. 1日2食
     朝食:スープまたは野菜ジュース
     昼食:なし
     夕食:少量の食事
  2. 1日1食
     前日の夕食:少量の食事
     朝食:お粥(レトルトでも可能)
     昼食:なし
     夕食:なし

(まとめ)ストレスから過食気味です、プチ断食で得られる効果とは?

1. プチ断食は自分の心や食欲を見なおすきっかけになります

プチ断食をすると、普段意識していない「空腹感」や「食欲」の存在に気づけるでしょう。

本当に食べたいものが明確になり、自分の食欲に向き合うことができます。

また、いつもと違う状況に自分を置くことで、心まで見なおすきっかけになります。

2. 私たち現代人は、想像以上に食べ過ぎています

簡単に食べ物が手に入る現代人は、食べ過ぎを起こしやすく、満腹と空腹の分かれ目が曖昧です。

空腹でないときも食べているケースが多く、食べれば食べるほど臓器の疲労も大きくなり、健康不安に苦しんでいるのです。

3. プチ断食では、自分の心や食欲に向き合います

プチ断食で食べたいという気持ちが生まれても、自分を責める必要はありません。

その気持ちを受け止め、自分を励ましながら実践すればよいのです。

そうすることで、自分自身をコントロールする力が生まれ、ストレス対処にも役立ちます。

4. プチ断食は、体調やライフスタイルに合わせて実践しましょう

プチ断食の食事パターンや食事メニューは自由です。

週末だけプチ断食をしたり、レトルトの食品を使ったり、ムリをしないようにしましょう。

ただし、「妊娠中や妊娠を希望する方」「体調が悪い方」「持病がある方」などは控えてください。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る