ゲップを改善したい人に、プチ断食は効果があるの?

プチ断食はゲップを改善したい人に効果があります


プチ断食をすると、体内の不要物が排出されるなど、さまざまな効果が期待できます。

プチ断食の効果によって便秘が解消され腸内ガスの発生が抑えられるので、その結果、お腹の張りやゲップ、オナラなどが改善されるのです。

私たちは食べ物を食べて、それを体内でエネルギーに変えて生きています。

ですから、食べ物をずっと食べないでいると、やがては死んでしまいます。

しかし、病気の回復や健康のために「食べないこと」、つまり軽い「断食」が必要な時もあるのです。

食べ物を食べると、それを消化・吸収するため、血液が胃腸に集まります。

胃腸に血液が集まると、その人の体の調子が悪い部分に必要な栄養素を運ぶ血液が行き渡らなくなり、治りにくくなることもあるため、軽い断食が必要になるのです。

断食と聞くと、悟りを開くために何も食べず、何も飲まずに行う苦行というイメージを持っている人がいるかも知れません。

たしかにそのような断食もありますが、ダイエットやメタボ予防、便秘解消などを目的にした手軽な断食もあるのです。

それは、週末の2日間だけ摂取カロリーを制限したり、夕食だけを抜いたりするようなことで、「プチ断食」と呼ばれています。

ゲップの原因は食べ物と一緒に飲みこんだ空気です

赤ちゃんはミルクを飲む時、空気も一緒に飲みこんでしまうため授乳の後にゲップをさせます。

大人になっても飲んだり食べたりする時には、飲食物と一緒に、少量の空気を飲みこんでいるのです。

飲食物と一緒に飲みこんで胃の中に入った空気は、体内にだんだんと吸収されていきます。

しかし、飲みこむ空気の量が多くなったり、体調が悪くなったりすることで上手に吸収されないと、胃から食道に逆流してゲップとなってしまうのです。

また、ゲップの原因のひとつには便秘もあります。

腸の中に便がたまってしまうと、老廃物、悪玉菌、毒素などを原因としてガスが充満していきます。

そのため胃から送られてくる空気が、渋滞を起こしてしまい、食道の方に戻るためゲップとなるのです。

プチ断食をすると始まる胃腸の強収縮と脂肪分解


プチ断食をしてお腹がすくと、胃や腸が激しく収縮する空腹期強収縮が起こります。

この収縮の時に鳴るお腹の「グゥ~」という音は、食べたもののカスや細胞の死骸などを排出する胃腸の掃除音なのです。

プチ断食は空腹期強収縮を生じやすくするので、排泄されないで、長い間、腸の中にたまっていた便も排出させることができるのです。

また、空腹時にはエネルギー源となるブドウ糖が不足します。

ブドウ糖が不足すると、それを補うために脂肪を分解して、ケトン体をエネルギーとして活用するようになります。

ケトン体を利用すると、ケトン体がなくなっても、脂肪を燃やす癖を覚えてくれるということがあり、ダイエットやメタボ予防には効果が期待できるのです。

プチ断食は、その後の食事に気をつけて

脂肪を分解して得られるケトン体は、もしも増えすぎると体全体が酸性になってしまいます。

仮に、酸性が強くなりすぎたなら意識障害や昏睡に陥ることもあるので、覚えておきましょう。

また、プチ断食をすることで脂肪も体重も減少するのですが、万が一度がすぎると脂肪だけではなく筋肉まで分解してしまいます。

その結果、あまりにも酷い場合には筋肉でできている心臓にも影響を及ぼすことになるので、断食などの時にはタンパク質の摂取を心がけましょう。

厳しい断食修行で亡くなられたお坊さんが過去いらっしゃったのは、この形が多かったそうです。

プチ断食は便秘を解消したり胃腸の消化を休ませることができるため、ゲップの改善に効果が期待できますが、長期間続けたり極端になると、危険が伴うことになるのです。
 
また、プチ断食後は、開放感により直後からつい食べ過ぎてしまうことがあるので、プチ断食後の食事に気をつけてリバウンドを防止しましょう。

(まとめ)ゲップを改善したい人に、プチ断食は効果があるの?

1. プチ断食はゲップを改善したい人に効果があります

断食の効果によって便秘が解消され、腸内ガスが抑えられるので、お腹の張りやゲップなどが改善されます。

断食と聞くと何も飲食しない苦行というイメージがありますが、プチ断食は、ダイエットや便秘解消などを目的にした手軽な断食です。

2. ゲップの原因は食べ物と一緒に飲みこんだ空気です

飲食する時一緒飲みこむ空気の量が多いと、体内での吸収が追い付かないためゲップになってしまいます。

便秘のために発生した腸内ガスが充満し、渋滞を起こした空気が食道の方に戻ってしまうためゲップになることもあります。

3. プチ断食をすると始まる胃腸の強収縮と脂肪分解

プチ断食は空腹期強収縮を生じやすくするので、長い間、腸の中にたまっていた便を排出することが可能です。

不足したブドウ糖を補うため、脂肪を分解してケトン体をエネルギーとして活用すると、ケトン体がなくなっても脂肪を燃焼することを体が覚え、ダイエットにも効果があるということです。

4. プチ断食は、その後の食事に気をつけて

もしもケトン体が増えすぎると、体全体が酸性に傾きすぎるため意識障害や昏睡に陥ることがあります。

また、プチ断食も万が一度がすぎると、脂肪ばかりではなく筋肉まで分解してしまいます。

プチ断食後は、その後の健康な食事に気をつけましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る