プチ断食では、グレープフルーツを食べてもいいですか?

グレープフルーツは糖質が少ないので取り入れやすい食材です


グレープフルーツは爽やかな香りと程よい甘みと酸味で、好んで食べる方も多いのではないでしょうか。

果物は一般的に食べると太るイメージがありますが、グレープフルーツはカロリーが低く、糖質も少ないのでダイエット中にも取り入れやすい食品です。

ビタミンCやミネラルも多く、美肌効果や代謝アップの効果などもあるといわれています。

また、最近では、グレープフルーツの香り成分にダイエット効果があるという説もあるようです。

たとえば、プチ断食では週末だけ断食をして1~2食を抜くことでダイエット効果を期待しますが、これによって体重を減らすことはできても、体脂肪ではなく体の水分が行き過ぎれば筋肉が減っていることがあります。

もし筋肉が減ると代謝量が減って痩せにくい体になることがあり、そのまま元の食生活に戻すとリバウンドして太ることがあります。

プチ断食を行う際にも、食事の量だけでなく、食事内容や栄養バランスにも注意しましょう。

食事量を極端に減らすと、疲れやすくなるなど健康障害を引き起こす場合もありますので、長期間の断食はおすすめできません。

プチ断食でもエネルギーを摂りすぎると余った分が脂肪として蓄積され肥満につながります。

エネルギー源となる糖質を控えることで脂肪の蓄積を防ぐことができるでしょう。

ダイエット目的であれば糖質制限なら糖質を控えるだけでよいので、筋肉を作るために必要な肉や魚などのタンパク質を多く含む食品も食べることができ、代謝量を維持しながら痩せる効果が期待できます。

グレープフルーツはりんごやバナナと比べて低カロリーです

グレープフルーツのカロリーは可食部100g(約1/2個)あたり38キロカロリーで、同じ可食部100gあたりのりんご54キロカロリー、バナナ86キロカロリーと比較してとても低く、ダイエット向きの食品といえそうです。

また、グレープフルーツは果物の中では糖質が少ないので、ダイエット中にもデザートやサラダなど食事に取り入れやすいのではないでしょうか。

ただ、最近の研究結果からグレープフルーツを血圧降下剤などの薬と一緒に摂ると、薬の効果を増強し、薬が効きすぎた状態になる可能性があることがわかりました。

薬の代謝能力には個人差があることや、薬効への影響についての研究報告はまだ多くありませんが、薬を服用されている方は、専門家に相談するなどして十分に注意しましょう。

プチ断食を行う際には食事の栄養バランスに注意しましょう


近年、食生活が豊かになったことで、肥満から引き起こされるメタボリックシンドローム該当者の増加が問題視されています。

食生活を見直して、過剰に摂取していたエネルギーを減らすことで肥満の予防や解消につながるでしょう。

プチ断食では、1~2食を抜いてエネルギーの摂取量を減らし減量効果を期待しますが、減量効果以外にも食事の間隔を長く空けることで、胃腸を休める効果もあるといわれています。

週末を利用してプチ断食を定期的に継続する方もいるかもしれませんが、断続的でも長期間にわたる場合は頻度を1か月に1度までにし、前後を含めて栄養不足にならないよう、注意しなければなりません。

プチ断食中は水分を欠かさないようにし、食事は栄養バランスに注意し、プチ断食後には、いきなり脂っこいものなどの胃に負担がかかるような食べ物を食べないようにしましょう。

糖質制限は栄養バランスが良くでき、減量効果が期待できます

短期間で減量するためにプチ断食は、エネルギーの摂取量を減らすことには効果があるかもしれませんが、体の水分やひどい場合には筋肉が減って代謝量が落ち、痩せにくい体になってしまう場合があります。

代謝量を上げるためには、食事の栄養バランスや運動で筋肉量を維持することが大切であるものです。

また、普段、過剰に摂取される食物の多くは糖質ですので、糖質を控えることで脂肪の蓄積を防ぐ効果が期待できます。

糖質制限では、食事のうち糖質の多い食品を控えるだけの簡単な方法ですので、毎食糖質を抜くことは難しくても、一日のうち一食からでも手軽に取り入れることができます。

糖質を控えるだけでよいので面倒なカロリー計算も必要ありません。

カロリーをあまり気にすることなく、筋肉を作るために必要な肉や魚なども食べられますので、栄養の偏りが少なくダイエット中もバランスの取れた食事を摂ることができます。

(まとめ)プチ断食では、グレープフルーツを食べてもいいですか?

1. グレープフルーツは糖質が少ないので取り入れやすい食材です

グレープフルーツは糖質が少なく、ビタミンやミネラルが豊富ですのでダイエット中にも取り入れやすい食品です。

プチ断食を行う際には、食事内容や栄養バランスにも注意しましょう。

長期間にわたってプチ断食を行うことは、健康障害を引き起こす場合もありますのでおすすめできません。

2. グレープフルーツはりんごやバナナと比べて低カロリーです

グレープフルーツはりんごやバナナと比較してカロリーがとても低く、ダイエット向きの食品といえます。

ただし、最近の研究結果からグレープフルーツを血圧降下剤などの薬と一緒に摂ると、薬の効果を増強する可能性があるということがわかりました。

薬を服用されている方は専門家に相談するなどして十分に注意しましょう。

3. プチ断食を行う際には食事の栄養バランスに注意しましょう

食生活を見直して、過剰に摂取していたエネルギーを減らすことで肥満の予防や解消につながります。

プチ断食では、減量効果に加えて胃腸を休める効果もあるといわれています。

断続的でも長期間にわたって行う場合は、頻度は1か月に1度までにし、栄養不足にならないようにしましょう。

4. 糖質制限は栄養バランス良くでき、減量効果が期待できます

短期間で減量すると体の水分や筋肉が減って代謝量が落ち、痩せにくい体になってしまう場合があります。

代謝量を上げるためには、食事の栄養バランスや運動で筋肉量を維持することが大切です。

糖質制限なら糖質の多い食品を控えるだけの簡単な方法で、脂肪の蓄積を防ぐ効果が期待できます。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る