プチ断食とは?どんな効果が期待できるの? 

短い期間の「断食」で、消化器官を休め、体内環境を整えます


どうしても間食をやめられない、どうしても仕事や友人との付き合いで食事や飲酒をしなければならない……。

間食が多かったり、1回の食事を食べ過ぎたりすると、食べ物を消化するために体は休みなく働きます。

フル回転する胃腸には大量の血液が送られますが、その血液が足りなくなるとパワー不足になることもあります。

そのため消化器官に負担がかかり、食べ物を消化・吸収する力が次第に弱くなっていくのです。

また、消化器官への負担は自律神経の乱れも引き起こし、腸内環境の悪化の原因にも繋がり、まさに負のスパイラルに陥ることもあります。

プチ断食とは、その名の通り「断食」を短い期間で行うことです。

半日~1日、食事を摂らずに水分のみを摂取することで、胃や腸などの消化器官を休ませることが主な目的となります。

生活環境や習慣から思うように食事制限ができない人にとって、プチ断食は体内環境をリセットし、整える、効果的な方法の一つです。

ダイエットしてもなかなか成果が上がらないと悩む人も、実は腸内環境の乱れが原因の一つかもしれません。

プチ断食は短い期間で行うため、ムリなく取り組めて体への負担も少なく済みます。

しかし正しく行わないと逆に、体にとって負担となる可能性もあります。

プチ断食の方法をきちんと理解した上で取り組むようにしましょう。

プチ断食の基本ルールをしっかり守って取り組みましょう

プチ断食は基本ルールを守って行うことが大切です。

  • 半日~3日など、短い期間で体の負担にならない程度に取り組むこと
  • 水分補給はこまめに行うこと
  • 貧血やめまい、頭痛などの症状が現れたら、少量の糖分を摂取すること

食事を摂らないということは、脳や体を動かす際に必要なエネルギーを一切摂取しないことになります。

長い期間エネルギー摂取の飢餓状態が続くと、貧血やめまい、倦怠感などの症状を引き起こし、体にさまざまな不調が現れることがあります。

体の負担にならない程度から始めることが大切です。

また水分はこまめに摂取しましょう。

砂糖は胃腸の働きを停滞してしまう「糖反射」が起こるため、水やお茶などのノンシュガーの飲料を選びましょう。

また、消化を助ける働きのある酵素飲料も最近ではよいとされています。

プチ断食前後の食べ過ぎは胃腸に負担がかかり、台無しに


プチ断食の最大の目的は胃や腸などの消化器官に休息時間を与えることですが、断食前後の食べ過ぎは、逆に胃腸の負担になることもあります。

断食前にお腹が空くからしっかり食べておこうと、消化の悪い脂ものや量の多い炭水化物を摂取すると、消化に時間がかかり、せっかく与える休息時間が短くなるのです。

空腹感を抑制するために、消化によいものをよく噛んでゆっくり食べるなど工夫しましょう。

また断食後すぐの食事は、更に気をつけなければなりません。

一度落ち着いた消化器官は、食事により再び動き出しますが、消化に時間がかかるものを食べると、いきなりフル稼働することとなります。

そのため、どうしても消化器官への負担が大きくなります。

胃腸をムリなくゆっくり稼働させるには、消化のよいスープやヨーグルトなどを少しずつ摂ることを心がけましょう。

プチ断食は「多くても1か月に1度まで」が大切です

プチ断食は体に負担の少ない食事制限法ですが、頻繁に行うと逆に体の負担になり得ます。

またプチ断食に慣れると、体が順応して空腹を感じなくなってくるため、もう少しこのまま長い時間できそう…と思ってしまいがちですが、それはとても危険です。

本来、食事は、脳や体を動かすエネルギーを補給するため、それがなければ必要な栄養素が不足し体調を崩しかねません。

そのため、頻繁には行わずに、1か月に1度程度までとすることが大切です。

ちなみに女性なら、ホルモンが中程度で体調や精神が安定する、生理後1週間の間がおすすめです。

思い立った時すぐに始められるプチ断食ですが、思わぬ体の不調が現れることもあります。

持病がある人や不安な人は、必要に応じて専門家の指導のもとで行いましょう。

(まとめ)プチ断食とは?どんな効果が期待できるの?

1. 短い期間の「断食」で、消化器官を休め、体内環境を整えます

プチ断食とは、半日~1日程度の短い期間「断食」を行うことです。

胃腸などの消化器官を休め、体内環境をリセットして整える効果が期待できます。

短い期間で行うため、ムリなく取り組めて体への負担も少なく済む食事制限方法ともいえます。

2. プチ断食の基本ルールをしっかり守って取り組みましょう

プチ断食は基本ルールを守って行うことが大切です。

期間は半日~3日程度、体の負担にならないように取り組みましょう。

水分補給はこまめに行い、貧血やめまい、頭痛などの症状が現れたら、少量の糖分を摂取しましょう。

3. プチ断食前後の食べ過ぎは胃腸に負担がかかり、台無しに

プチ断食の最大の目的は、胃や腸などの消化器官に休息時間を与えることです。

断食前後の食べ過ぎは、逆に胃腸の負担になることもあります。

消化器官の休息時間をしっかり作るために、断食の前後は、消化のよいものを摂りましょう。

4. プチ断食は「多くても1か月に1度まで」が大切です

プチ断食は体に負担の少ない食事制限法ですが、頻繁に行うと逆に体の負担になることがあります。

頻繁に行わず、多くても1か月に1度程度とすることが大切です。

ちなみに女性は体調や精神が安定する、生理後1週間がオススメです。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る