プチ断食の期間中、はちみつを食べてもいいですか?

はちみつには糖質が多いので、摂るなら少量にしましょう


ダイエットの基本は、消費するカロリーより摂取するカロリーを減らすことですので、食事を抜くと比較的短期間で体重を減らせる場合が多いようです。

ダイエット目的でプチ断食を行う方もいるかもしれません。

プチ断食では半日から2日間程度の期間断食をしますが、ダイエット効果よりも胃腸を休め、体の中に溜まった不要物を取り除くデトックス効果があるといわれています。

しかし食事を摂らない期間が続くと健康面で良くない影響が出ることもありますので、プチ断食期間中も、水分などをしっかり摂るようにしましょう。

また、何かが欠けて栄養不足にならないようにするため、野菜ジュースやスープを取り入れるほか、はちみつを利用するのもよいでしょう。

はちみつはブドウ糖と果糖が主な成分ですが、ビタミンやミネラルも含まれていますので、少量を水やぬるま湯に溶かしたり、ヨーグルトに入れたりするとよいかもしれません。

健康的に痩せるためには、食事の量や回数だけでなく、食事の内容にも注意してみましょう。

エネルギーを過剰に摂取すると、消費されずに余った分が脂肪となって蓄積され太る原因となりますので、日頃からエネルギー源となる糖質を控えることで、痩せる効果が期待できます。

糖質の多い食品を控える糖質制限なら、我慢することが少なく、しっかりと栄養を摂りながら脂肪の蓄積を防ぐことができると考えられます。

プチ断食の期間は偏った食事や栄養不足に注意しましょう

プチ断食は、半日から長くても2日間程度のごく短い期間の断食で、ダイエット効果やデトックス効果があるといわれています。

薄着の季節になる前にあともう少し痩せたい、というようなときにプチ断食を行う方もいるかもしれません。

また、週末だけのプチ断食で胃腸を休めるとともに、体内の老廃物を排出する効果も期待できるようです。

食事を抜いたり食事の回数を減らしたりする方法ですので、手軽に始められ短期間で減量できる場合も多いようです。

しかし、ムリに行えば、体重が減っても体の水分や筋肉が減っていることも多く、代謝量が減ってかえって痩せにくい体質になることもあります。

代謝量が落ちた状態のまま食事を再開すると、リバウンドしやすくなることもありますので注意しましょう。

プチ断食中に栄養不足にならないように、ムリのない範囲で行うことが大切です。

はちみつは栄養価の高い食品ですので上手に利用しましょう


はちみつの主成分は果糖とブドウ糖で約80%を占め、はちみつの種類によって多少異なりますが、そのほかに有機酸、タンパク質、ミネラルなどが含まれています。

果糖やブドウ糖などの単糖類は体内に取り込まれるとすぐにエネルギー源となって、脂肪になる前に消費されますので、少量ならプチ断食中の栄養補給としてはちみつを利用することもできます。

また、ブドウ糖を摂取すると血糖値が上がってインスリンが分泌されますが、インスリンには糖質を脂肪に変えて蓄積するはたらきもありますので、はちみつも砂糖などと同様に摂りすぎないようにしましょう。

一方、果糖はインスリンの分泌を促さないものの、大量に摂取すると脂肪の蓄積を招き、コレステロールの合成を促進するという報告もあるようです。

糖質を控えた食事と運動で健康的に痩せる効果が期待できます

体重を減らすだけでなく、健康的に痩せるためには、栄養バランスの取れた食事を摂ることはとても大切です。

エネルギーの過剰摂取によって脂肪が蓄積されると肥満の原因となりますが、近年では、糖質の過剰摂取が現代の肥満の一因との指摘もあります。

消費されずに余ると、糖質は脂肪となって蓄積されますので、食事はカロリーだけでなく食事に含まれる糖質の量にも注目してみましょう。

はちみつ大さじ1杯では60キロカロリーあり、糖質は約17g含まれています。

糖質の量で見ると、ご飯1/3膳に相当しますので、はちみつも摂りすぎないようにするほうがよいでしょう。

健康的に痩せるためには継続的な運動も行い、筋力と代謝量を上げて太りにくい体づくりを目指しましょう。

(まとめ)プチ断食の期間中、はちみつを食べてもいいですか?

1. はちみつには糖質が多いので、摂るなら少量にしましょう

プチ断食では半日から2日間程度の期間だけ断食をしますが、ダイエット効果よりも、胃腸を休め、体の中に溜まった不要物を取り除くデトックス効果があるといわれています。

プチ断食期間中に不足した栄養がないようにするために、はちみつを利用するのもよいでしょう。

2. プチ断食の期間は偏った食事や栄養不足に注意しましょう。

プチ断食は手軽に始められ、短期間で減量できる場合も多いようです。

もしもムリをして体重が減っても体の水分や筋肉が減っていることも多く、代謝量が減ってかえって痩せにくい体質になり、リバウンドしやすくなることもあります。

プチ断食中に栄養不足にならないように、ムリのない範囲で行うことが大切です。

3. はちみつは栄養価の高い食品ですので上手に利用しましょう

はちみつの主成分は果糖とブドウ糖で、そのほかに有機酸、タンパク質、ミネラルなどが含まれています。

ブドウ糖や果糖は、体内に取り込まれるとすぐにエネルギー源となって、脂肪になる前に消費されますので、プチ断食中の栄養補給として少量のはちみつを利用することもおすすめです。

4. 糖質を控えた食事と運動で健康的に痩せる効果が期待できます

エネルギーの過剰摂取によって脂肪が蓄積されると肥満の原因となりますが、糖質の過剰摂取が現代の肥満の一因との指摘もあります。

糖質は、消費されずに余ると脂肪となって蓄積されますので、食事のカロリーだけでなく食事の糖質の量にも注目してみましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る