プチ断食中は運動をしても大丈夫?

プチ断食中に運動をしても大丈夫です


プチ断食中は食事が制限されることから、運動をすると身体に負担がかかると思う方もいらっしゃいますが、適度な運動であればダイエット効果がより期待できます。

プチ断食をしている間は空腹感から来るストレスを感じやすいこともあり、気分転換をするという意味でもプチ断食中の運動は心身の健康に役立ちます。

プチ断食では気持ちを穏やかに保つことも大切になるので、軽く汗をかく程度の運動を取り入れてリフレッシュしましょう。

プチ断食中の運動は筋力が鍛えられる運動がおすすめです

プチ断食中の運動は運動能力を高めるという効果だけでなく、健康面においても多くのメリットがあることから、筋力が鍛えられる運動が向いています。

筋力を鍛える運動というとボディービルダーのような筋肉を想像される方も多いと思いますが、プチ断食中の運動で目指すのは基礎代謝の上昇です。

基礎代謝が上がりそれを維持することができれば、おのずと肥満になりにくい体質に変化していきます。

過剰に筋肉をつけることが目的ではないので、プチ断食中に筋力を鍛えるための運動をすることは、男性だけでなく女性にもおすすめです。

プチ断食をするのがはじめての方、もともと運動する習慣があまりないという方は、ストレッチや軽めのウォーキングから始めるとよいでしょう。

慣れてきたら次回プチ断食をする際は、もう少し体力を使う運動に切り替えるとムリもなく取り組みやすいです。

プチ断食がはじめてではない方、または普段から運動をしている方はウォーキングの代わりにジョギングをするのも効果的です。

あまり走り込み過ぎないように、ムリのない範囲で身体をほぐしましょう。

プチ断食中に激しい運動をすると、体力の消耗を招いて身体の負担となります。

また運動経験の有無に関わらず、パーソナルトレーニングでコンディション管理をするのもよい方法です。

トレーナーのアドバイスを受けながら、効率良く運動を楽しむことができます。

栄養バランスを考えた食事をしましょう


プチ断食の期間が終わったら、徐々に食事の内容や量を変えていきますが、食べたいものを食べたい量だけ食べるのではなく、栄養バランスのよい食材を摂取することを心がけましょう。

食事の内容を変えるだけで、プチ断食と運動で得られた効果をムダにすることなく、持続させることができます。

肉や魚などの動物性タンパク質はダイエットに向かない食材と思われがちかもしれません。

しかし実際は肉や魚などに含まれるタンパク質は筋肉や血液、臓器など身体のあらゆる部分を構成する素であり、人間にとって欠かせない栄養素です。

エネルギー代謝にも関わっており、タンパク質がなければ私たちは生命を維持することができません。

ダイエットに効果的なのは、タンパク質と食物繊維の組み合わせであると考えられています。

肉や魚、大豆などからタンパク質を摂り、野菜や海藻類などから食物繊維を摂るというのが理想的な食事のあり方です。

また主食となるご飯やパン、麺類などを控えることも肥満を防ぐ上ではとても大切なことです。

これらに多く含まれている糖質は、体脂肪の燃焼を妨げます。

主食を低糖質のものに置き換えることで、ムリなくダイエットを続けることができます。

運動の後は質のよい睡眠をとりましょう

運動で疲労した身体に睡眠がよいのはいうまでもありませんが、睡眠の素晴らしい点は太りにくい体質になる効果が期待できることです。

睡眠時に分泌される成長ホルモンには、内臓脂肪を分解する働きがあります。

成長ホルモンは脂肪をエネルギーに変換するので、夜更かしなどで睡眠に支障が出ると、成長ホルモンの分泌も低下してしまうのです。

成長ホルモンの分泌が妨げられる、つまりなんらかの睡眠障害があると必然的に痩せにくくなってしまいます。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠がありますが、深い眠りが訪れるノンレム睡眠の時に成長ホルモンが分泌されます。

よい眠りとはただ長時間眠ることではなく、いかに深く眠れるかです。

早寝早起きを習慣とし、プチ断食が終わった後も規則正しい生活を送るよう心がけましょう。

(まとめ)プチ断食中は運動をしても大丈夫?

1.プチ断食中に運動をしても大丈夫です

プチ断食中の運動は体力の消耗など身体に負担がかかるため適さないと考え方もありますが、適度な運動であれば負担もなく、さらなるダイエット効果が期待できます。

空腹のストレスを解消するためにも、気分転換を兼ねて軽めの運動を取り入れましょう。

2.プチ断食中の運動は筋力が鍛えられる運動がおすすめです

プチ断食中の運動は、基礎代謝の上昇のために筋力を鍛える運動が適しています。

過剰に筋肉をつけることを目的としないので、女性でも気兼ねなく取り組めます。

ストレッチやウォーキング、ジョギング、パーソナルトレーニングなどがおすすめです。

3.栄養バランスを考えた食事をしましょう

プチ断食と運動で得た効果を維持するためにも、プチ断食後の食事の栄養バランスに気を配りましょう。

肉や魚、大豆などからタンパク質、野菜や海藻類などから食物繊維を摂るのが理想です。

また主食を低糖質のものに置き換えることで、肥満予防に繋がります。

4.運動の後は質の良い睡眠をとりましょう

深い眠りが訪れると成長ホルモンが分泌されますが、この成長ホルモンには内臓脂肪を分解する働きがあります。

夜更かしなどが続くと成長ホルモンの分泌が妨げられ、体重が減りにくくなってしまうことがあるので、質の良い睡眠を心がけましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る