プチ断食をすると便秘が解消される?

プチ断食をすると便秘が解消されやすくなります


プチ断食をして胃腸を休めることで消化する力が活性化し、便秘が解消されやすくなります。

現代人は胃腸の処理能力を超えて飲食している傾向にあり、常に暴飲暴食の状態であるといっても過言ではありません。

そのため私たちの胃腸は常に疲弊しており、便を排泄する力も弱まって便秘を起こしてしまうことが多くなります。

また人間は本来、飢餓に対して強いと言われています。

何故なら人類が誕生してからの長い歴史を振り返ってみると、飢餓の中で生きていた期間が長く、現代のように1日3食を食べるという食生活になったのはつい最近のことだからです。

便秘になってしまう原因について知りましょう

便秘になってしまうのは普段の生活習慣の影響で腸が疲弊してしまうことにより、機能が低下することで起こります。

腸に疲労が溜まると胃に入った飲食物を消化・吸収し、水分を回収して便として排泄する力が弱まります。

腸の状態を直接目で見ることはできませんが、便秘が続くようであれば腸内環境が乱れていると考えてよいでしょう。

腸が疲弊する原因はいくつも考えられます。

  • 外食が多い
  • 脂っぽいものを好み、野菜をあまり食べない
  • 水分をあまり飲まない
  • 甘いものを多く食べる
  • 運動する習慣がない

甘いものの食べ過ぎはよくないという認識は多くの方が持っていますが、甘いものと聞いてジュースやお菓子などを連想する方も多いのではないでしょうか。

しかし糖質はジュースやお菓子だけに含まれているものではなく、私たちがよく口にするお米などにも含まれています。

糖質の摂り過ぎが便秘を招くこともあるので、糖質の摂り過ぎには充分に注意しましょう。

最近は低糖質をうたった食品がありますので、こういった低糖質食品を利用することで食べることを我慢するストレスも軽減されるでしょう。

腸内環境が乱れると善玉菌よりも悪玉菌が優勢となり、便秘になったり臭いの強いおならが出やすくなったりします。

下腹がポッコリと出ているのであれば、排泄されない便が溜まっている可能性があるでしょう。

また、便秘は肥満の原因になると考えられています。

プチ断食で便秘の原因をリセットしましょう


1日3食をしっかり食べることが健康の秘訣であると言われることもありますが、一方でプチ断食が身体の機能を回復させるのに効果的であるという意見もあります。

プチ断食は長期間食事制限をすることもないので、身体への負担やストレスが少なく、取り組む人が増えているダイエット方法です。

それでは、何故食べないことが身体によいと考えられているのでしょうか。

私たちは普段当たり前のように食事をしていますが、実は食べた物を消化・吸収するために身体は多くのエネルギーを消費しているのです。

消化・吸収に使われるエネルギー量はフルマラソン1回分に匹敵すると言われており、胃腸の処理能力を超えた食事をしてしまうと身体に大きな負担を強いることになります。

つまりプチ断食のように半日もしくは1日断食をしてあえて何も食べない時間を作ることで、本来消化・吸収に使われるはずだったエネルギーに余裕が生まれます。

この余ったエネルギーが身体を調整するための他の機能に使われることで、腸内環境が整い、便秘が解消されやすくなるのです。

便秘になりにくい体質を維持しましょう

週末だけに限定するなど時折プチ断食を取り入れながら、まずは食生活を見直していきましょう。

プチ断食中は水分と塩分の不足から体調不良になることもあるので、慎重に取り組んでみてください。

便秘になりにくい体質を維持するためには、以下のようなポイントに注意しながら、普段の生活習慣を変えていくことが大切です。

  • 便が出やすくなるようによく噛んで食べる
  • 腸は朝に動きがもっとも活発になるので、プチ断食をしていない時は朝食をしっかり食べる
  • 便を柔らかくするために水分補給を怠らない
  • 善玉菌を増やすために乳酸菌やオリゴ糖を摂る
  • 便が排泄されやすいよう食物繊維を摂る
  • 体質改善のために高タンパク、低糖質を意識する

普段の食事で気をつけたいのは、糖質の摂り過ぎです。

身体を動かすためのエネルギーは糖質、体脂肪、タンパク質という順番で消費されるため、糖質の多い食事を続けると体脂肪が燃焼されにくく肥満を招きます。

1日3食をよく噛んで食べることを意識し、適度な運動を習慣とすることで便秘に悩むことも少なくなるでしょう。

(まとめ)プチ断食をすると便秘が解消される?

1.プチ断食をすると便秘が解消されやすくなります

プチ断食を行うと胃腸が休まることで消化能力が促進され、便秘が解消されやすくなります。

飽食の時代に生きる現代人は胃腸の処理能力を超えて飲食している傾向にあり、慢性的に暴飲暴食になりがちです。

2.便秘になってしまう原因について知りましょう

生活習慣の影響から腸が疲弊してしまい、機能が低下すると便秘を起こしやすくなります。

糖質が多い食生活や運動不足などが悪玉菌を優勢にし、便秘を引き起こす原因になると考えられています。

3.プチ断食で便秘の原因をリセットしましょう

プチ断食が身体の機能を回復させるのに効果的だと言われるのは、本来消化・吸収に使われるはずだったエネルギーを、身体を調整するための他の機能に使うことができるからです。

プチ断食で胃腸を休めることで腸内環境が整い、便秘が解消されやすくなります。

4.便秘になりにくい体質を維持しましょう

週末限定にするなどプチ断食を取り入れながら、普段の食事は1日3食を心がけましょう。

糖質の摂り過ぎに注意し、適度な運動を取り入れて便秘になりにくい体質を目指しましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る