コーヒーでプチ断食をしてもいい?

プチ断食にコーヒーは適さないとされています


脱水症状にならないためにも、プチ断食中は水分補給をこまめにすることが大切ですが、プチ断食でコーヒーを飲むことは望ましくないと考えられています。

ご存じのとおり、コーヒーには覚醒作用があるカフェインが多く含まれていますよね。

もし1日のうちに大量のコーヒーを飲んでしまうと夜眠れなくなったり、交感神経が高まって自律神経が乱れたりする原因になります。

プチ断食中に水やノンカフェインのお茶は飲んでもよいとされていますが、カフェインを含んだコーヒーは身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

プチ断食中にコーヒーが良くないと言われる理由があります

プチ断食の最中にコーヒーを飲むことが望ましくないとされる理由は、コーヒーがカフェインを多く含んでいるためです。

カフェインとは天然の食品成分で、アルカロイドという化合物の仲間です。

カフェインの主な作用としては覚醒作用の他に、解熱鎮痛作用、眠気や倦怠感などに対する効果が挙げられ、市販の頭痛薬の成分としても利用されています。

カフェインには睡眠物質であるアデノシンの鎮静作用を阻害する働きがあります。

そのため過剰にカフェインを摂取することで本来眠りにつくべき時間に眠気をもよおさず、睡眠の質が低下する可能性があるのです。

とくにプチ断食中は固形物を食べないため、ほぼ空腹の状態になっています。

空腹でカフェインを摂取すると胃に負担がかかり、胃痛や胃もたれなどを起こしやすくなるでしょう。

このようにカフェインは胃を刺激しやすいことから、空腹時プチ断食中の飲用は適さないとされています。

またプチ断食の時はあまり身体を冷やさないことも大切ですが、カフェインには身体を冷やす作用があります。

日頃からコーヒーを飲む習慣があり、どうしても飲みたい場合はカップ1杯程度にとどめるなど、なるべく摂取を控えるようにしましょう。

プチ断食中のコーヒーの飲み方には注意点があります


プチ断食中はなるべくコーヒーを避けた方がよいことをお伝えしましたが、どうしても飲みたくなってしまうこともあるでしょう。

コーヒーを飲みたい気持ちをムリに抑えてイライラを募らせるのであれば、適量を適切な飲み方でコーヒーを楽しんだ方が心身への負担も少なくて済みます。

ただしいくつかの注意点がありますので、それを守った上で楽しみましょう。

ホットコーヒーにする

コーヒーの飲み方は人それぞれで、アイスコーヒーが好きな方もいれば、ホットコーヒーしか飲まない方もいるでしょう。

プチ断食中は食事を制限しているので、身体が冷えやすくなっています。

それ以上身体を冷やさないためにも、プチ断食中のコーヒーは必ずホットでいただきましょう。

水と一緒に飲む

プチ断食中はコーヒーと一緒に水を飲むようにしましょう。

プチ断食中は普通に過ごしていても水分不足になりやすいですが、カフェインの利尿作用で体内の水分がますます失われてしまいます。

脱水症状を防ぐためにも、水分補給は忘れずにしましょう。

ゆっくりと味わう

コーヒーの香りには脳にアルファ波を発生させる効果があると言われています。

コーヒーをゆっくりと飲むことでアルファ波が心身をリラックスさせ、プチ断食中のストレスを和らげてくれます。

コーヒーはなるべく砂糖を入れないで飲むようにしましょう

プチ断食が終わった後は好きなようにコーヒーを飲みたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、できることなら身体によい方法で飲む習慣を身につけましょう。

先ほど述べたとおり、アイスコーヒーではなくホットコーヒーにするだけでも、身体の冷え方が変わってきます。

そしてもうひとつ、砂糖を入れずに飲むことで糖質の摂取量を減らすことができます。

人間の身体はエネルギーを作り出す時に体脂肪よりも先に糖質を消費するという特徴があるのです。

コーヒーカップに入れる角砂糖を減らすだけでも、1日に摂る糖質の量に大きな違いが出てきますよね。

またコーヒーにミルクを入れて飲みたい時は、ポーション型のミルクの代わりに豆乳を入れるのがおすすめです。

豆乳は植物性タンパク質を豊富に含んでいるため、健康増進には欠かせない食品のひとつです。

熱すぎるコーヒーや酸味の強いコーヒーに豆乳を入れると分離してしまうことがあるので、様子を見ながら入れてください。

(まとめ)コーヒーでプチ断食をしてもいい?

1.プチ断食にコーヒーは適さないとされています

プチ断食中は脱水症状を予防するために水分補給が必要となってきますが、水の代わりにコーヒーを飲むことは適さないと考えられています。

1日で大量のコーヒーを飲むとカフェインの覚醒作用で寝つきづらくなったり、自律神経が乱れたりする原因となります。

2.プチ断食中にコーヒーが良くないといわれる理由があります

プチ断食中にコーヒーを飲むのが良くないといわれるのは、コーヒーがカフェインを多く含む飲み物だからです。

空腹時にコーヒーを飲むとカフェインが胃を刺激し、胃痛や胃もたれなどの症状を引き起こすことがあります。

3.プチ断食中のコーヒーの飲み方には注意点があります

プチ断食中にどうしてもコーヒーが飲みたい時は、注意事項を守った上で飲むようにしましょう。

冷えを防ぐためにホットコーヒーにし、水と一緒に飲むことでカフェインの利尿作用による脱水症状を防ぐことも大事です。

4.コーヒーはなるべく砂糖を入れないで飲むようにしましょう

プチ断食後のコーヒータイムも、身体によい方法で楽しむようにしましょう。

いつも入れる角砂糖をやめるだけでも、糖質の摂取量を抑えられます。

またポーション型のミルクの代用として豆乳を入れると、良質なタンパク質を摂ることができます。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る