プチ断食にヨーグルトは向いている?

ヨーグルトはプチ断食にトライしやすい食品です


ヨーグルトは乳酸菌を多く含み、腸内環境を整える効果が期待できるため、幅広い年齢層から支持を集める人気の高い食品です。

比較的安価でどこでも手に入りやすく、腹持ちもよいことからプチ断食などのダイエットに適した食品であると言えるでしょう。

また、ヨーグルトはプレーンのものだけでなく、さまざまなフレーバーが売られているので、飽きのこないことも人気の理由と言えます。

好みのフレーバーにアレンジもしやすく、プチ断食中の口寂しさを紛らわせてくれるのも魅力のひとつです。

プチ断食にヨーグルトがよいと言われる理由があります

ヨーグルトを食べることのメリットはいくつも挙げられますが、プチ断食に向いているとされる理由には次のようなものがあります。

腸内環境が良くなる

よく知られているとおり、ヨーグルトには多くの乳酸菌が含まれていますが、乳酸菌には過剰に摂取した栄養素の吸収を抑える働きがあります。

余分に摂り過ぎた脂質などは乳酸菌によって小腸での吸収が抑制され、やがて体外に排出されていくのです。

腸内で善玉菌よりも悪玉菌が増えてしまうと、腸内環境は悪化して腐敗物がたまっていきます。

腐敗物がたまると腸内環境がさらに悪化するという悪循環に陥り、お腹にガスがたまり、便秘を起こしやすくなるのです。

ヨーグルトで乳酸菌を摂取すると腸内の善玉菌が優勢になり、ぜん動運動が促進されて便秘の解消や予防に繋がります。

腹持ちがよい

ヨーグルトは低カロリーな食品ですが、腹持ちがよい点においてもプチ断食に向いていると言えるでしょう。

プチ断食をしている間は空腹感や口寂しさから来るストレスを感じやすいですが、ヨーグルトを食べることでこうしたイライラを遠ざけることが可能です。

自律神経が整う

プチ断食中は好きな食べ物を好きなように食べることができないため、どうしてもストレスがたまりやすくなりますよね。

ヨーグルトに含まれているトリプトファンという成分には、自律神経の調整をサポートする働きがあります。

自律神経が整うことで心身がリラックスするので、自然と規則正しい生活習慣へと導いてくれるのです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類について知りましょう


実は乳酸菌には数多くの種類が存在し、乳酸菌と言っても菌によってその働きは異なってきます。

ヨーグルトでプチ断食をするにあたっては、乳酸菌の働きについても知っておくとよいでしょう。

ここでは主な乳酸菌についてご紹介します。

ガセリ菌SP株

内臓脂肪を減らす効果があると言われているのが、このガセリ菌SP株です。

ガセリ菌SP株の入ったヨーグルトを食べるグループと入っていないヨーグルトを食べるグループに分かれて実験をしたところ、ガセリ菌SP株の入ったヨーグルトを食べたグループに内臓脂肪の減少が見られたというデータがあります。

乳酸菌シロタ株

胃酸に溶けることなく、腸まで届くと言われているのがこの乳酸菌シロタ株です。

4週間の摂取で腸内のビフィズス菌が3倍に増えただけでなく、有害菌が5分の1に減少したことが確認されています。

LB81乳酸菌

ブルガリア菌2038株、サーモフィラス菌1131株の2種を合わせた乳酸菌になります。

LB81乳酸菌の入ったヨーグルトを2週間食べ続けるという実験では、善玉菌の増加と悪玉菌の減少が見られました。

ヨーグルトを食べる際は糖質を控えめにしましょう

ここまでヨーグルトのメリットについてお伝えしてきましたが、ヨーグルトでプチ断食をするにあたり、気をつけなければならない点もあります。

市販のヨーグルトには無糖タイプのものと、砂糖などがあらかじめ加えられている加糖タイプがあります。

無糖タイプであれば問題はないのですが、加糖タイプの場合、食べ続けることで糖質の摂取量が増えてしまう可能性もあるのです。

糖質の多い食事は体脂肪の燃焼を妨げることがわかっているため、加糖タイプを購入する際は注意しましょう。

無糖タイプを食べるのが望ましいですが、甘味が少し欲しいと思う時は無糖ヨーグルトに少量のハチミツを加えるなど、自分でアレンジをすると糖質の摂取量をコントロールしやすいでしょう。

まずは2日間を目標に、ヨーグルトでプチ断食を始めてみましょう。

(まとめ)プチ断食にヨーグルトは向いている?

1.ヨーグルトはプチ断食にトライしやすい食品です

ヨーグルトは比較的安価で手に入りやすく、腹持ちがよいことからプチ断食などのダイエットに人気の高い食品です。

好みのフレーバーにアレンジしやすく、口寂しいプチ断食中でも飽きにくいことからダイエットに適した食品であると言えます。

2.プチ断食にヨーグルトがよいと言われる理由があります

ヨーグルトがプチ断食に向いていると言われるのは、腸内環境を整えて便秘の解消と予防をする働きがあるからです。

他にも自律神経を整えてくれるだけでなく、腹持ちがよいので空腹を感じにくいこともメリットです。

3.ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類について知りましょう

乳酸菌には数多くの種類が存在し、菌によって働きが異なってきます。

プチ断食でヨーグルトを食べる際には乳酸菌の種類にも意識を向け、ダイエットに関連する効果をもつものを選ぶとよいでしょう。

4.ヨーグルトを食べる際は糖質を控えめにしましょう

ヨーグルトには多くのメリットがありますが、加糖タイプのヨーグルトの場合、食べ続けることで糖質の摂取量が増えてしまう可能性があります。

糖質の摂り過ぎは体脂肪の燃焼を妨げるので、なるべく無糖タイプを選ぶようにしましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る