リバウンドしない方法に置き換えダイエットが有効ですか?

ストレスが少なく気軽に始められるリバウンドしにくい方法です


ダイエットには特定のものを食べ続けるなどの食事制限や、短期的な絶食など、さまざまな方法があります。
しかし食事を摂らないなどの食事制限を無計画に行うことは、体が痩せるどころか、逆に太りやすい体質へと変化してしまうことがあるのです。

私たちの体は、食事などで本来得られるはずの栄養素を得られなかった場合、体が「飢餓状態である」と勘違いしてしまいます。

そのため一度勘違いしてしまうと、その後の食事から、更なる飢餓に備えるために、一度の食事から得られるエネルギーを限界まで吸収しようと働き始めるのです。

このとき、本来は吸収されにくい脂肪分なども体内にため込んでしまうことがあります。
結果、太りやすい体質となり、リバウンドしやすくなってしまいます。

置き換えダイエットは、基本的に1日3食の食事をきちんと摂取しますが、そのうち1食を別の食品に置き換えるダイエット方法です。
比較的簡単に取り組みやすく、食事も3食摂取することでストレスも少なく済みます。

基本的に、食事による摂取エネルギーが消費カロリーを越えなければ、体重は減っていきます。

しかしムリな食事制限はリバウンドを引き起こしかねません。
3食きちんと摂取する置き換えダイエットで、ムリなく続け、リバウンドを防ぎましょう。

置き換えて食べる食事には糖分や炭水化物を避ける

置き換えダイエットで食事の代わりに置き換える食品は何でもよい、というわけではありません。

脂肪の元となりやすい炭水化物や糖分の多い芋類、果糖が多く含まれるフルーツ類は、置き換えダイエットの食品には不向きです。

食物繊維を多く含む、きのこやブロッコリー、豆腐、キャベツ等を主とした栄養バランスの良い食品がよいとされています。

たとえばトマト、キャベツ、玉ねぎなどの野菜を使用したスープは、加熱調理により豊富な栄養素を摂取することができます。
また肉類は、三大栄養素であるたんぱく質など必要な栄養素を多く含むため、量を調整して摂取すれば問題ないでしょう。

置き換えダイエットのよいところは、置き換える食事は毎日、同じものでなくとも構わないという点です。
置き換えダイエットに向く食品を上手に組み合わせて摂取しましょう。

置き換えるのは1日1食。食後の活動が少なくなる夕食が理想


置き換える食事は1日1回ですが、置き換えるタイミングは3食どれでも効果は期待できます。

しかし食後に体の活動時間が短くなる夕食が、一番効果的であるといわれています。
夕食後は、日中に比べ、睡眠時間などにより体をあまり動かさなくなりますよね。
また私たちは、一般的に1日の食事のなかで夕食を一番豪華にする傾向があります。

食べる量も多くなり、アルコール摂取なども含めると、必要とする摂取量を超えてしまい太りやすくなる可能性もあります。

そのため置き換えるタイミングは夕食がベストといわれているのです。

また置き換えた食事の次に摂取する食事は、栄養バランスのとれた食事をしっかり摂取しましょう。
食事の量を減らしたり抜いたりすることは、体が飢餓状態と勘違いする原因となり、リバウンドしやすくなるからです。

ムリせず続けることが肝心。間違った方法はリバウンドの元

置き換えダイエットはストレスも少なく手軽に始められるダイエット方法ですが、それ故に短期間で結果を伴うダイエット方法とはいえません。

一時的に痩せたからといって、すぐに元の食事に戻すことはリバウンドの原因となることもあります。

そのため、ムリのない範囲で長く続けることがダイエット成功の秘訣です。

また、すぐに結果を出したいと必要以上に食事を制限することは、必要な栄養素を制限することとなります。
体にさまざまな支障が現れることがあるため、避けましょう。

特定の食品を食べ続けたり、絶食を繰り返したりすることも危険となります。
体が飢餓状態と勘違いしリバウンドの元となる可能性があるからです。

更に間食なども極力控え、軽い運動を行うことで消費カロリーを高める努力をすることも有効です。

(まとめ)リバウンドしない方法に置き換えダイエットが有効ですか?

1. ストレス少なく気軽に始められるリバウンドしにくい方法です

置き換えダイエットは、3食のうち1食を別の食品とする方法で比較的簡単に取り組めます。

基本的に食事による摂取エネルギーが消費カロリーを越えなければ、体重は減るため、ムリせず、長く続けることが成功の秘訣です。

2. 置き換えて食べる食事には糖分や炭水化物を避ける

置き換えダイエットで食事の代わりに置き換える食品は脂質の元となりやすい炭水化物や糖分の多い芋類、果糖類は不向きです。

食物繊維を多く含む食品やたんぱく質など、置き換えダイエットに向く食品を上手に組み合わせましょう。

3. 置き換えるのは1日1食。食後の活動が少なくなる夕食が理想

食事を置き換えるタイミングは、食後に体の活動時間が短くなる夕食で行うことが一番、効果的であるといわれています。

また置き換えを行った次に摂取する食事は、栄養バランスのとれた食事をしっかり摂取するようにしましょう。

4. ムリせず続けることが肝心。間違った方法はリバウンドの元

置き換えダイエットはストレスも少なく手軽に始められるダイエット方法ですが、それ故に短期間で結果を伴うダイエット方法とはいえません。

そのため、ムリのない範囲で長く続けることがダイエット成功の秘訣といえます。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る