酵素を利用した置き換えダイエットを取り入れるには?

酵素にはさまざまな種類があるので、内容をよく確認してください


最近、人気のあるダイエット方法に置き換えダイエットがあります。

よく見かけるのは酵素ドリンクを利用した方法で、食事を摂る代わりに酵素ドリンクを飲むという方法です。

酵素ドリンクには、食物繊維や乳酸菌、植物を発酵させたエキスなどが入っていることが多く、食事に置き換えて摂ることで必要な栄養素を摂取できるというのが特徴です。

酵素とは、あらゆる生物がもつ生体触媒のことで、タンパク質を主成分としています。

体内で起きるさまざまな化学反応を正確かつ円滑に進ませ、一種類の酵素につき一種類の物質の化学反応に作用します。

たとえば、私たちの唾液に含まれるアミラーゼや、胃で分泌されるペプシンなどがそうです。

ですから、酵素そのものを体外から取り込んだときに胃で分解されてしまい、体内でその機能がはたらかないのではないかという考えもあります。

消費者庁による酵素サプリメントなどについての調査でも、痩身効果が確認できない商品があることが指摘されています。

また、酵素ドリンクとして市販されているものにもさまざまな種類があり、多くは、発酵食品に由来する酵素を含んでいる食品ということになるようです。

中には、食物繊維やビタミン、ミネラルなどを配合しているものなどもあり、不足している栄養素を補ってくれる場合もあります。

どのような成分が入っているのか吟味したうえで選び、過剰に摂取したり、酵素ドリンクに頼り切った食生活になったりしないようにしましょう。

植物由来の発酵食品には酵素が含まれています

発酵を利用した食品は古くからあり、味噌や醤油、酒、漬物、ヨーグルトなどさまざまな種類があります。

発酵食品は乳酸菌などの微生物を利用して、原料となる食品を発酵させることよって作られます。

発酵には、微生物だけでなく酵素も関わっていますので、発酵食品には多くの酵素が含まれていて、さまざまな効果があるといわれているのです。

しかし、タンパク質を主成分とする酵素は、胃で分解されてしまって体内では利用することができないという意見もあります。

反対に、納豆に含まれるナットウキナーゼには血栓を溶かす効果があるという研究報告はとてもよく知られています。

さまざまな意見に食い違いがあり、まだ解明されていない部分もあるようです。

酵素ドリンクには、植物を発酵させたエキスなどの酵素が含まれる場合が多く、私たちの体にとって有用な成分を、飲むだけで手軽に摂ることができるというものが多いようです。

至適温度の条件下で酵素の活性が高くなります


酵素の効果を最大限に引き出すためには、酵素反応を活性化させる条件が必要となります。

至適温度や至適pHなどがあり、酵素の種類によってさまざまです。

体内ではたらく酵素は、至適温度が40度前後の体温付近が多くなっていますが、寒冷地や冷水中に存在する微生物からは、低温で活性化する酵素も発見されています。

これにpHなどの条件が加わって、活性が高くなる条件下ではたらきます。

体内の酵素には、消化酵素と代謝酵素がありますが、いずれも食べ物の消化や吸収、あるいは代謝に深く関わり重要な役割をもっているのです。

酵素がなければ、必要な栄養素を体内に取り込むことができなくなります。

体を温めることで酵素の活性が高まり、代謝や免疫力のアップにつながるといわれているのです。

酵素を活かした方法で食事に取り入れることができます

自然界には多くの酵素が存在し、発酵食品だけでなく、フルーツや野菜などにも酵素が含まれています。

たとえば、パパイヤやキウイフルーツ、キャベツ、大根などに酵素が多く含まれることはよく知られています。

フルーツや野菜には、食物繊維やビタミン、ミネラルなど、酵素以外にも健康や美容に役立つ成分が含まれているのです。。

植物由来の発酵エキスを原材料に含んでいるものを酵素ドリンクと呼ぶことが多いようですが、酵素ドリンクにも食物繊維やビタミン、ミネラルなどが配合されているようです。

置き換えダイエットでは、一般的に一日のうち一食を酵素ドリンクなどに置き変える方法が多く、一日の摂取カロリーを減らすことでダイエット効果が期待できます。

しかし、一食だけ置き換えたとしても、その他の二食をたくさん食べてしまっては意味がありません。

栄養バランスを考えて、太る原因となりやすい糖質を控えるなど食事内容を工夫しましょう。

(まとめ)酵素を利用した置き換えダイエットを取り入れるには?

1. 酵素にはさまざまな種類があるので、内容をよく確認してください

最近、人気のあるダイエット方法に置き換えダイエットがあり、その中でもよく見かけるのは酵素ドリンクを利用した方法で、食事を摂る代わりに酵素ドリンクを飲むという方法です。

成分を吟味したうえで選び、過剰に摂取したり、酵素ドリンクに頼り切った食生活になったりしないようにしましょう。

2. 植物由来の発酵食品には酵素が含まれています

発酵を利用した食品は古くからあり、味噌や醤油、酒、漬物、ヨーグルトなどさまざまな種類があります。

酵素ドリンクには、植物を発酵させたエキスなどの酵素が含まれる場合が多く、私たちの体にとって有用な成分を、飲むだけで手軽に摂ることができるというものが多いようです。

3. 至適温度の条件下で酵素の活性が高くなります

酵素の効果を最大限に引き出すためには、酵素反応を活性化させる条件が必要です。

体内ではたらく酵素は、至適温度が40度前後の体温付近が多くなっています。

体を温めることで酵素の活性が高まり、代謝や免疫力のアップにつながるといわれています。

4. 酵素を活かした方法で食事に取り入れることができます

置き換えダイエットでは、一般的に一日のうち一食を酵素ドリンクなどに置き変える方法が多く、一日の摂取カロリーを減らすことでダイエット効果が期待できるでしょう。

一食だけ置き換えたとしても、その他の二食をたくさん食べてしまっては意味がありません。

栄養バランスを考えて、太る原因となりやすい糖質を控えるなどするとよいでしょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る