置き換えダイエットのブログは参考にしてよいですか?

はい、ただし、受け取る側で場合分けして参考にしましょう


実行している人の意見、実体験は、本当にためになるものです。

なにもしてもみないのに反論している人の言葉には、説得力がないものですよね。

また、最近ではいろいろな肩書きの方々が専門的な知識を広めるためにブログを書いていることも多く、それらを見つけて、自分の体験を重ね合わせて納得し、実践したり応援したりするのも楽しいものです。

そういったブログでは、ブログ主とやりとりができることも多く、双方向性の交流は生きる力そのものであるため、ネット社会の文化の一角を担います。

企業のブログであれば、数名が執筆しており話題もいろいろなところに飛び、比較的、全体として円満な内容になる傾向があるでしょう。

しかしまったくの個人のブログである場合、人によっては、書いたものを見直さずにアップすることもあるに違いありません。

置き換えダイエットなど、流行り物で先端の情報であるような健康に関するブログの場合、こういった拍子に発生するうっかりミスが、誰かにとって大変な状況を生み出す場合もあります。

慌てて書かれたものには、誤字脱字、文のねじれなど、何かおかしい部分があるものですので、文章が普段と比較して荒れていると感じたら、どんなに気に入ったブログ主のものでも、その文章はあまり当てにしないでよいかもしれません。

あるいは、その前後の内容に質問する形で指摘してあげれば、日本語ブログ全体の水準が上がるのかもしれません。

厚生労働省の報告書や、大学HP、研究所HP、企業HPには、最先端の情報を一般用にわかりやすくまとめたページが設けられており、ブログの内容の裏付けに利用できます。

たとえば、厚生労働省のe-ヘルスネット(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp)では、さまざまな健康関連用語を検索できますし、鳥居薬品株式会社HP「マンガ ライフサイエンス」(www.torii.co.jp/health/lifescience/)には1項目をイラスト使用の2ページで解説しているシリーズがあり、関連の仕方のちょっとした確認に利用できます。

データの出所の分野がまったく違う、たとえば伝達だけが生業の会社ではなく、実際に研究をする会社数社から情報を取り、比較検討してブログ内容が自分にとって役に立つかどうか見極め、利用するかどうか決定していきましょう。

1ブログは1データ

「置き換えダイエット」に関するブログに多い話題は、どのようなものでしょうか。

たとえば、毎食の写真。

ファスティング期間中に飲むためのおすすめの酵素ジュース。

モデルさんが飲むおいしいスムージー。

カロリー控えめに抑える夕食の例示。

美しい髪、肌、爪をつくるタンパク質を効率的に摂取できるプロテイン○選。

代謝が上がる脂肪燃焼スープのレシピ。

食事改善を始めてみました、といった体の変化の経過報告。

リバウンドをしにくくする方法。

手頃な値段、多彩なフレーバーなど特色のある商品の紹介。

ヨーグルトや牛乳で飲み物を割る、腹持ちする飲み方。

置き換えダイエットのブログは参考になりますが、こういう人がこうした場合はこうだった、と受け取るこちら側で場合分けして、それぞれをデータ1件として頭脳に蓄積しましょう。

たとえば、薬をつくるために必須の動物実験でも、体内の反応が人間と似るマウスなどがデータを取るために選ばれ、その結果、多くの人命が救われています。

自分に似たものに対しての、それらの影響を比べていかなければ、自分にとっては意味がありません。

体験談はその人の状況を見ることから


たとえば、一日一食は、米や小麦製品を一切食べない、炭水化物抜きを目指している人がいます。

野菜の炭水化物は摂っているそうですが、それを3年間、続けているそうで、視力もよくなり、体調もよくなり、肌つやや便通もよくなった、という人がいます。

これは、大変健康でたくさんの栄養をそれまでに摂っていたふくよかな人になら当てはまるかもしれません。

この人が、現代人は食べ過ぎであって、あらゆる病気の原因は糖質だと言った場合、すべての人がそうだと肯けるわけではありません。

食べ過ぎでない人も多くおり、少食のために、結果、バランスを欠いた栄養失調の人も多くいるのです。

体験談はその人の状況をよく見なければなりません。

これは体験談にだけ当てはまる話ではなく、どんな理論にも当てはまります。

糖質制限でさえも、きちんと別の栄養素をしっかりバランスよく摂るという原則を知らずに、糖質制限という言葉だけに引き摺られて実行されてしまうことがあります。

糖質制限は、かなりの広範囲の方々を多少でも健康にできる方法ではありますが、よく知って一般的な知見をまず持ち、そのベースの上に新しい知見を取り入れることが大切です。

健康法も安全が第一です

世の中にはたくさんの健康法があり、今の世の中では、それがブログという形で発表されていることが多いでしょう。

どのような健康法でも、読者が求めていることは、効く健康法であればやり方を教えて!ということではないでしょうか。

できるだけ簡単な方法、できるだけわかりやすくて気が利いたブログを求めて、検索が趣味になっている人もいるようです。

多くの健康法は、いわゆる「個人の経験や感想によるもの」にもとづいていることが多く、これ以上やってはいけない危険なラインは厳密にどこか、マウスなどでなければ実験できない部分は検証されておらず、また、抜けのない網羅的な情報でもなく、健康保険の利くような医療・医学とは違うものです。

総合的な知識が自分には欠けているような気がする、という場合には多くの人が試していて、どうやらこの部分なら自分が取り入れても安全そうだ、というところまでだけやってみることにしましょう。

(まとめ)置き換えダイエットのブログは参考にしてよいですか?

1. はい、ただし、受け取る側で場合分けして参考にしましょう

実行している人の意見、実体験は、本当にためになるものです。

しかしまったくの個人のブログである場合、うっかりミスが訂正されずに、誰かにとって大変な状況を生み出す場合もあります。

データの出所の違う、たとえば実際に研究をする会社数社から情報を取り、比較検討して役に立つかどうか見極めましょう。

2. 1ブログは1データ

置き換えダイエットのブログは参考になりますが、受け取るこちら側で場合分けして、それぞれをデータ1件と捉えましょう。

たとえば、薬をつくるために必須の動物実験でも、体内の反応が人間と似るマウスなどがデータを取るために選ばれ、その結果、多くの人命が救われています。

自分に似たものに対しての、それらの影響を比べていかなければ、自分にとっては意味がありません。

3. 体験談はその人の状況を見ることから

体験談はその人の状況をよく見なければなりません。

糖質制限でさえも、しっかりバランスよく摂るという原則を知らずに実行されてしまうことがあります。

一般的な知見をまず持ち、そのベースの上に、新しい知見を取り入れることが大切です。

4. 健康法も安全が第一です

世の中にはたくさんの健康法があり、今の世の中では、それがブログという形で発表されていることが多いでしょう。

多くの健康法は、これ以上やってはいけない危険なラインは厳密にどこか、実験できない部分は検証されておらず、また、抜けのない網羅的な情報でもなく、医療・医学とは違うものです。

総合的な知識が自分には欠けているような気がする、という場合には、多くの人が試している健康法をやってみましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る