糖質制限で寝起きの良さが変わる?

糖質制限では睡眠の質が上がり寝起きが良くなるといわれています


糖質制限では、糖質を減らしてたんぱく質などの栄養素を比較的多く摂るという食事のコントロールを行います。

それによって糖質が体内で余り、体脂肪として蓄積されるのを防ぎ、今ある脂肪が燃焼することを目指すのが糖質制限ダイエットです。

多くの人が体重を減らす目的で糖質制限を行っていますが、その副産物として体調が良くなったという話も聞きます。

糖質制限では、睡眠の質が良くなり、寝起きが良くなったという人もいるようです。

これは糖質制限の食事によって、体内で睡眠リズムを整えるために必要な物質を分泌しやすい環境が作られることで起こるといわれています。

たんぱく質で作られるホルモンが睡眠と寝起きに大きく関係しており、高たんぱく低糖質の食事が良い影響を与えているようです。

寝起きには睡眠リズムが関係しています

糖質制限で寝起きが良くなるのは、睡眠リズムが整いやすくなることが大きいようです。

糖質制限ではたんぱく質が多く摂ることができるため、それが良い影響を与えています。

たんぱく質を多く摂ることにより、睡眠に関係するホルモン「メラトニン」が作りやすくなるといわれています。

睡眠ホルモンの「メラトニン」は脳から分泌されて、体内時計に働きかけます。

生活リズムに合わせて分泌されるのですが、その働きは目覚めと眠りを切り替えることです。

メラトニンがたくさん分泌されるようになると、体内では体温を低下されて眠りにつく準備を始め、良い状態で眠れるようになるといわれています。

メラトニンが分泌されると良い状態で睡眠に入れるため、眠りの質の向上が期待できます。

睡眠の質が悪いと何度も夜中に目を覚ましたり、疲れが取れなかったりしますが、質の向上によってぐっすりと眠ることができて寝起きも良くなるようです。

糖質制限のたんぱく質が寝起きの良さに関係しています


糖質制限で行う食事のコントロールでは、糖質が多く含まれているご飯やパン、うどんなどの炭水化物を減らしたり、低糖質の代替品に替えたりします。

その代わりにたんぱく質を十分に摂ることを意識した食事コントロールを行います。

糖質は体のエネルギーとして使われるものですが、たくさん摂取すると血糖値を上昇させて「肥満ホルモン」と呼ばれるインスリンを分泌します。

インスリンは糖質を蓄えてしまい、脂肪に変える働きを持っています。

これを抑えるために糖質を制限するのですが、ほかの栄養を摂取することで全体的なエネルギー不足を補っています。

糖質が不足した場合でも、たんぱく質や脂質などで糖新生という糖質を作り出す機能を行うことができるので問題はないと考えられています。

このたんぱく質を構成するアミノ酸の一つ、トリプトファンはメラトニンの材料にもなっています。

トリプトファンは、ストレスから回復される役割を持つセロトニンというホルモンも作っています。

これによって、疲れやストレスにも強くなり、疲れからの回復の速さも期待できるのです。

糖質制限の食事ではたんぱく質の減らしすぎに注意しましょう

糖質制限ではたんぱく質を十分に摂ることでより効果的にダイエットや体調の改善を行うことができます。

寝起きの良さもたんぱく質が影響しており、減らした糖質を補う意味もあります。

しかし、なかには糖質だけでなく、たんぱく質や食事の量まで減らしてしまう人がいるようです。

これを行うと十分な効果も得られませんし、体調不良の原因にもなりかねません。

糖質制限は個人でも簡単に始めやすいダイエットといわれ、人気になった方法です。

そのため、十分な知識を持たないままで自己流のダイエットとして行う人も増えて、不調を訴える人も出てきています。

糖質を制限するだけでは飽き足らず、たんぱく質も減らすことで体が必要としている栄養分を確保できなくなったことも関係していることがあるようです。

糖質制限ダイエットには、正しい知識を持って必要な栄養素は十分に摂取して、無理なく行うことが大切です。

不安がある人は、食事内容や運動の取り入れ方などを専門家の指導のもとで行うことを検討しても良いでしょう。

(まとめ)糖質制限で寝起きの良さが変わる?

1.糖質制限では睡眠の質が上がり寝起きが良くなるといわれています

糖質制限では糖質を減らしてたんぱく質を十分に摂ることで、ダイエット以外の体調改善も期待できます。

寝起きが良くなるのもその一つで、たんぱく質の摂取が良い効果を与えているようです。

2.寝起きには睡眠リズムが関係しています

糖質制限によって寝起きが良くなるのは、睡眠ホルモンが出やすくなることが影響していると考えられます。

睡眠ホルモンを作るたんぱく質が増えるため、睡眠リズムが整って睡眠の質が改善されるようです。

3.糖質制限のたんぱく質が寝起きの良さに関係しています

糖質制限では、糖質を減らした分を補うためにたんぱく質を十分に摂取する食事コントロールを行います。

そのため、たんぱく質で作ることができるメラトニンやセロトニンといったホルモンの分泌を向上させることができます。

4.糖質制限の食事ではたんぱく質の減らしすぎに注意しましょう

糖質制限ではダイエットや体調の改善に良い効果があり、寝起きが良くなることもありますが、それはたんぱく質を十分に摂っていることが影響しています。

しかし、なかには糖質だけでなくたんぱく質なども減らしてしまい、体調が崩れてしまう人もいます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る