糖質制限は寝る前に何をすればいいの?

糖質制限では寝る前の食事の制限と食べる時間の注意が必要です


糖質制限では寝る前の食事に注目することでより高い効果が得やすくなるようです。

体内の機能は一日の生活の中で働きやすくなったり停滞したりしています。

消化や代謝をするにも適した時間があり、反対にしにくい時間帯もあります。

そのため、食事を取る時間帯によっては糖質が脂肪として蓄積しやすくなると考えられます。

夜寝る前は、消化機能が弱っているタイミングとなっており、体内に入った糖質が溜まりやすい時間帯であるといわれています。

また、食べてすぐに寝てしまうと、活動によって糖質をエネルギーとして燃焼しにくくなってもいます。

そのため、脂肪を溜めないようにするには、寝る前に糖質制限の食事を取り入れることが大切です。

食事を取る時間を消化機能が弱る前にしておくことも必要となるでしょう。

糖質制限を寝る前にすると脂肪が溜まりにくくなります

糖質制限でダイエットや健康維持を目指すのであれば、寝る前に糖質制限食を取り入れることが効果的です。

糖質は人間の体を動かし活動するためのエネルギーの元となりますが、余ってしまうと体脂肪として蓄えられる性質を持っています。

寝る前に糖質を摂っても、その後は睡眠に時間を使うこととなりエネルギー消費の量は少なくなってしまいます。

そのため、寝る前にはできるだけ脂肪を溜まらないようにすることが大切といえるでしょう。

糖質は摂取された後にエネルギーとして消費、代謝されています。

糖質が血管内に吸収されてブドウ糖になると、膵臓からインスリンが分泌され、エネルギーとして使われます。

しかし、余った分は肝臓に蓄積され、さらに中性脂肪として脂肪細胞に送られるようになっています。

そのため、寝る前に摂った糖質は就寝後余ってしまい、体脂肪となる可能性が高くなります。

反対に、寝る前に糖質制限ができれば、糖質が余りにくくなってダイエット効果などが出やすくなるといえるでしょう。

夜は日中よりも消化機能が停滞しています


人間の体は、朝起きてから夜寝るまでの間に機能を高めたり抑えたりしながら働いています。

日中は活動の時間となっており、体内も機能が活発に働きがちです。

反対に、夜の就寝中の時間帯にはさまざまな機能が停滞し、体を休める働きが高くなっています。

そのため、夜は消化機能や代謝も停滞していると考えられます。

寝る前に糖質をたくさん摂取しても、消化や代謝が活発に行われなくなるため、エネルギー消費量も少ないです。

特に21時を過ぎた頃から、胃腸や膵臓などの働きは弱くなってきております。

また、夜更けの22時から午前2時くらいには、脂肪の蓄積を促すたんぱく質の働きが活発になるといわれています。

その時間帯に糖質を摂取した場合には、糖質が脂肪に合成されやすく、たくさんの脂肪が作られてしまう恐れがあります。

寝る前の食事は控えて糖質制限をすると効果的です

糖質制限を行ってダイエットなどを目指すためには、一日の食事のうちどのタイミングで糖質制限職を取り入れても良いとされています。

自分のライフスタイルに合った方法を選び、長く続けることが大切なのです。

夜寝る前に糖質制限を行うことは、効果を高めるためにも利便性を追求するためにも適しているのです。

夜寝る前に糖質制限をすることで、寝た後の代謝の悪さによって体脂肪を蓄積するリスクを避けることができます。

寝る前にものを摂取してはいけないというダイエット方法は多いものですが、それも糖質制限同様に消化と代謝の悪さが原因です。

そのため、寝る前には糖質だけでなく、食事自体も控えている人も多いでしょう。

また、寝る前の食事はコントロールしやすく、朝や昼間の食事よりも自由度が高く、糖質制限食を取り入れやすくなっています。

さらに自宅に帰っていることも多く、自分のペースで時間帯を決めることもしやすくなるでしょう。

いつ、何を食べるかを決めやすく、寝る前でたくさんのエネルギーを必要としないので、夜の食事は糖質制限に向いているといえるのです。

(まとめ)糖質制限は寝る前に何をすればいいの?

1.糖質制限では寝る前の食事の制限と食べる時間の注意が必要です

糖質制限では寝る前の食事を制限して、消化や代謝が衰える時にたくさんの糖質を体内に取り込まないことが大切です。

消化や代謝の機能は一日のうちに活発になる時間とそうでない時間があります。

2.糖質制限を寝る前にすると脂肪が溜まりにくくなります

糖質制限は、寝る前に行うことで糖質が余ってしまうリスクを減らせるでしょう。

糖質はエネルギーとして使われますが、余るとインスリンによって脂肪になります。

そのため、寝る前の時間帯にはできるだけ糖質を制限したいのです。

3.夜は日中よりも消化機能が停滞しています

人間の体の性質として、夜は消化機能が停滞し、消化や代謝が衰えると考えられています。

また、夜寝る前の時間帯に摂取した糖質はあるたんぱく質の影響で脂肪として蓄積されやすくなります。

4.寝る前の食事は控えて糖質制限をすると効果的です

夜寝る前の食事では糖質制限を取り入れやすい環境があります。

寝る前なのでその後エネルギーをたくさん必要とはしませんし、自宅にいれば食事内容も自分で決定しやすくなります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る