糖質制限の限度を超えるとどうなる?

糖質制限では限度を超えた食事制限による体調不良のリスクがあります


糖質制限では、摂取する糖質の量を減らすことでダイエット効果や健康維持を目指します。

糖質を減らすと、体の中ではエネルギーとして消費するブドウ糖の量が減り、その代わりに糖新生という機能が体内からエネルギーになるものを作り出します。

そのため、糖質制限をすることで、体脂肪が減りダイエットができるといわれています。

しかし、糖質が過剰に制限されることで体調を崩したり、体の働きが弱ったりすることもあるようです。

糖質が限度を超えて減ってしまうことで体に最低限必要なエネルギーも作れなくなることが原因となります。

食事制限の厳格化によりたんぱく質などの他の栄養素まで減らして、糖質の不足分を補えなくなることも関係しているようです。

糖質制限では限度を超えて過剰に糖質を減らしてはいけません

糖質制限ダイエットを行う時には、正しい方法で行うことが大切です。

糖質制限の正しい方法とは、消費する糖質量よりも摂取する糖質量を少なくすることを基本として、長く続けることを目指すやり方です。

制限する限度を専門的にコントロールして、無理なく行うことが必要になります。

糖質制限では、食事から摂る糖質を減らすことで体内に入るブドウ糖の量をコントロールします。

減ったブドウ糖は体内で糖新生という機能で補うことができるといわれています。

人間の体では不足したエネルギーはたんぱく質や体脂肪から作り出すこともでき、その作用でダイエットをするのが糖質制限ダイエットです。

そのため、肉を十分に食べてたんぱく質などの他の栄養を摂ることは糖質制限では大切なことになります。

カロリーや食事制限することなくダイエットを成功させることも夢ではありません。

むしろ、糖質制限を限度いっぱいに行うよりも糖質摂取量を適度にコントロールして運動を取り入れることで消費を目指すことが大切なのです。

糖質制限で限度を超えると脳や筋肉などに問題が起こることがあります


糖質制限では、食事の全体量を誤って減らしてしまったり、糖質を過度に制限したりすることが多いものです。

自己流で行うダイエットには間違いを犯すリスクがあり、それを糖質制限で行うと体内にさまざまな問題を起こすことがあるといわれています。

過剰な糖質制限でのリスクには、脳や筋肉、骨などが弱ってしまうことがあげられます。

糖質制限で起こりえることとしては、糖質を制限したうえに栄養素や食事の量まで減らしてしまうことがあります。

限度を超えてこれを行うと、体が正常に機能するための栄養素が極端に不足してしまうリスクになりかねません。

糖質の不足を補うために筋肉などのたんぱく質が使われることで、体を支える組織が弱ってしまうことがあるようです。

また、脳が働くためにも糖質は大切なものです。

糖質が不足したらやはり体から補われますが、全体の栄養不足が起これば脳も働きにくくなるでしょう。

糖質制限では精神面の限度も大切です

糖質制限でダイエットをしている人のリスクとして、口コミやウワサでよく流れているのはリバウンドです。

リバウンドというのは、ダイエットが成功した後や途中で中断してしまった結果、その反動で体重がダイエット前に戻ることや、それ以上に状況が悪くなることをいいます。

糖質制限ダイエットではその後リバウンドしてしまったという話を聞くことがあります。

糖質制限でリバウンドしてしまったり、途中で失敗したりする原因の一つとして、精神的な辛さがあります。

糖質制限を過度に行うことで、食べる楽しみが損なわれてしまい、反動で食べすぎや糖質の摂りすぎといった行動を起こしてしまうようです。

特に甘いものが大好きな人やご飯やパンが欠かせなかった人は、精神的に限度を超えてしまうことで挫折しがちです。

食べられない辛さでイライラすることもあり、全く糖質を摂らない生活は難しいといえるでしょう。

また、糖質制限では気持ちの面のケアも大切です。

極端な糖質制限をすることで挫折してしまうよりも、適度に好きなものを取り入れたり、糖質に変わる甘味料を使った食品を取り入れたりするなどで快適に続けられることを目指しましょう。

(まとめ)糖質制限で限度を超えるとどうなる?

1.糖質制限では限度を超えた食事制限による体調不良のリスクがあります

糖質制限ではエネルギーになる糖質の摂取を減らすことでダイエット効果などが期待できます。

しかし、限界を超えた糖質制限と食事制限のやりすぎで体に悪影響が起こることもあるようです。

2.糖質制限では限度を超えて過剰に糖質を減らしてはいけません

糖質制限でダイエットを行う場合には、専門的に食事をコントロールして運動も取り入れることが大切です。

食事を限度いっぱいに制限するのではなく、消費と摂取のバランスを取り、十分に栄養を摂りつつ長く続けられることを目指します。

3.糖質制限で限度を超えると脳や筋肉などに問題が起こることがあります

糖質制限では、自己流の方法によって限度を超えて食事の量や糖質の量を減らしてしまうことがあります。

そのために、体のさまざまな機能を支える栄養が足りなくなり、体調に悪影響が起こりやすくなります。

4.糖質制限では精神面の限度も大切です

糖質制限ではダイエットを目指す人の中には、リバウンドをしてしまう人もいるといわれています。

リバウンドは気持ちの限度を超えてしまうことで起こりやすいとされており、適度に食事を楽しめる工夫も必要となりそうです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る