ゆるめの糖質制限とはどんな方法?

ゆるめの糖質制限とは夕食だけ糖質制限食を行う方法です


糖質制限の方法にはいくつか種類があり、そのなかにはゆるめの糖質制限もあります。

この方法は夕食のみ主食を低糖質のものに変えて糖質制限を行うものであり、初めての人でも気軽に挑戦することが可能です。

また、ほかの方法に比べると時間はかかりますが、体の変化も実感することができます。

注意点としては、夕食以外の食事で糖質を摂取し過ぎないことがあります。”

糖質制限はプチ糖質制限、スタンダード糖質制限、スーパー糖質制限の3つに分けることができます

糖質制限は糖質制限食を取り入れる回数によって、3タイプに分かれます。

そのなかでゆるめの糖質制限に該当するのが、プチ糖質制限です。

そのほかの2つを含めて、特徴などを下記で紹介します。

プチ糖質制限

基本的に夕食で糖質制限を行っていきます。

一日の糖質量は110g~140gに収まるようにします。

1食だけで糖質制限を行うため、手軽に取り入れることが可能です。

スタンダード糖質制限

夕食+朝食と昼食のどちらかで糖質制限を行う方法です。

糖質の摂取量は70g~100gが目安になります。

1食は主食を食べることができることから継続しやすい方法といわれています。

スーパー糖質制限

すべての食事で糖質制限を行う方法です。

糖質の摂取量の目安は一日30g~60gです。

最も厳しい方法ですが、効果が体に現れるまでのスピードは一番早いといわれています。

糖質制限の方法を紹介しましたが、大切なのは継続していくことです。

その面では、ゆるめの糖質制限から糖質制限に挑戦するのも良いでしょう。

また、反対に最初はスーパー糖質制限を取り入れ、目標体重になったら段々とレベルを下げていくという方法もあります。

自分に合った糖質制限を取り入れ、継続するようにしましょう。

ゆるめの糖質制限でも体の変化を実感することができます


糖質制限を考えている人のなかには、ゆるめの糖質制限でも効果が現れるか疑問に思っている人もいるでしょう。

糖質の摂取量が減ることで体に現れる変化を紹介します。

糖質は体のエネルギーになる物質ですが、糖質の過剰摂取は脂肪の増加につながります。

これは糖質によって血糖値が上がり、インスリンホルモンが分泌されることが関係しています。

インスリンホルモンはブドウ糖を筋肉や肝臓に運ぶ役割があるのですが、余った糖質が脂肪に変化してしまうのです。

糖質制限では、糖質の過剰摂取を防ぐため脂肪の増加を防ぐことができます。

また、体のエネルギー源となる糖質が減ることで、脂肪が代わりのエネルギーとして使われるようになります。

そのため、糖質制限では脂肪が燃焼しやすい体へと変化するのです。

もちろん、厳しい糖質制限のほうが効果は早く出やすいのですが、ゆるめの糖質制限でもこの働きは同様に起こるため、ダイエット効果などが期待できるのです。

無意識に糖質を摂らないように注意しましょう

ゆるめの糖質制限では基本的に夕食で気をつければ問題ないのですが、その他の食事で糖質を多く摂ってしまうと効果が期待できなくなってしまいます。

炭水化物以外にも糖質が多く含まれている食品があるため、無意識に糖質を摂っていたということがないようにしておきましょう。

下記で糖質を多く含む食品を紹介します。

根菜類

根菜類には、糖質を多く含んでいる野菜が多くあります。

じゃがいもやさつまいもなどの芋類や、かぼちゃ、ごぼうは糖質が多いため、注意しましょう。

果物類

果物のなかにも糖質が多いものがあります。

特に、バナナやリンゴ、柿などは糖質が多いです。

摂取するときには、一日の目標糖質量を考えるようにしましょう。

調味料

盲点になりやすいのが調味料です。

ドレッシングのなかには、糖質を多く含んでいるものがあります。

また、みりんや醤油にも糖質は含まれているため、調理での使い過ぎは禁物です。

このように糖質を多く含んでいる食品は数多くあります。

これらの食品を組み合わせて食べていると、知らず知らずのうちに糖質の摂取目安量を超えてしまう危険があります。

その状態では、糖質制限の効果を実感できなくなるため、気をつけることが大切です。”

(まとめ)ゆるめの糖質制限とはどんな方法?

1.ゆるめの糖質制限とは夕食だけ糖質制限食を行う方法です

ゆるめの糖質制限は、ほかの方法と比べても糖質量の制限が厳しくないため、手軽に取り入れることができます。

しかし、効果を実感するためには、糖質を摂り過ぎないことが大切であり、朝食と夕食の糖質量に注意することも必要です。

2.糖質制限はプチ糖質制限、スタンダード糖質制限、スーパー糖質制限の3つに分けることができます

ゆるめの糖質制限に当たるのがプチ糖質制限と呼ばれるものです。

糖質制限には、そのほかにスタンダード糖質制限とスーパー糖質制限があり、段階が上がるにつれて効果を早く実感できるといわれています。

3.ゆるめの糖質制限でも体の変化を実感することができます

糖質制限では、糖質の摂取量が今までよりも減ることで、脂肪増加を防ぐ効果や脂肪を燃焼しやすい体への変化が期待できます。

これは、ゆるめの糖質制限でも同様に起こります。

4.無意識に糖質を摂らないように注意しましょう

ゆるめの糖質制限では、夕食以外は普通の食事が取れるのですが、場合によっては糖質を多めに摂ってしまうことがあります。

夕食で糖質を抑えても他の食事の糖質が多いと、一日の糖質摂取量を超えることもあるため注意しましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る