糖質制限中に暴食をしたくなったらどうする?

糖質制限で暴食をしたくなるのはストレスが関係している可能性があるためその解消を目指します


人はストレスを受けると、精神を安定させようと食事を取ると考えられています。

そして、このときに炭水化物や甘いもの、油っこいものに惹かれてしまうのです。

糖質制限では、糖質を制限することがストレスになることがあります。

また、過度な糖質制限によってストレスが溜まっていることもあるでしょう。

その結果、暴食をしたくなってしまうのです。

また、ストレスは暴食以外の症状を引き起こすことがあるため、糖質制限時にはストレス解消の方法を見つけることが大切です。

ストレスが溜まると暴食につながります

ストレスは健康面だけでなく、ダイエットにも影響を及ぼします。

ストレスが溜まり、甘いものに手を伸ばしてしまった経験がある方もいるでしょう。

その結果、太ってしまいダイエットをまた繰り返すという悪循環になることもあります。

ストレスが溜まると食べ物を欲してしまうのは、脳のメカニズムと関係しているといわれています。

これは、食事に気持ちを落ち着かせる効果があるためです。

例をあげると、炭水化物には鎮痛効果、糖分には脳の働きを活性化させる作用があります。

また、肉類の摂取が少なくなるとセロトニンの量が少なくなってしまいます。

そのため、ストレスが溜まるとこれらの要素が含んだ食事に手を伸ばしてしまうのは、仕方ないといえるでしょう。

しかし、ダイエット時にこれらの食事を取ってしまえば、効果が期待できなくなってしまいます。

過度な糖質制限によってストレスが溜まることがあります


糖質制限はカロリー計算などは必要としない方法ですが、人によってはストレスが溜まりやすいといわれています。

これは、糖質を控えるためです。

普段から炭水化物や甘いお菓子などを食べていた人が、急に糖質量を抑えた食生活に変えることで体はストレスを感じます。

その結果、ストレスを解消しようと暴食に走ってしまうケースがあるのです。

こうした場合には、低糖質の食品を利用することがおすすめです。

パンやパスタといった食品も食べることができるため、主食を食べられないというストレスの解消につながります。

最近では低糖質のデザートもあるため、これらを上手く活用するのも良いでしょう。

また、糖質制限でストレスを感じている場合には、その糖質制限の方法が厳しすぎる、または間違っている可能性もあります。

ダイエット効果を早く出したい人では、糖質量を厳しく制限するとともにカロリーも制限してしまうことがあります。

この方法では確かに体重は減少すると思いますが、体にかかる負担はとても大きいです。

糖質制限では糖質の代わりにたんぱく質や脂質を摂ることで、体に必要なエネルギーを生み出します。

しかし、過度な糖質制限では、体に必要な栄養素が十分に摂れていません。

こうした状態がストレスとなり、暴食につながってしまうのです。

ストレスは暴食以外の症状も引き起こします

ストレスが溜まり続けると暴食以外の症状につながる危険があります。

代表的なのが自律神経失調症です。

この症状はストレスによって、自律神経のバランスが崩れることで起こります。

自律神経は、交感神経と副交感神経があるのですが、ストレスは交感神経に強く作用するため乱れてしまうのです。

主な症状としては、頭痛や手足のしびれ、疲れやすい、不眠、やる気が出ないなどがあり、人によっても様々です。

また、女性ではホルモンバランスが乱れてしまうこともあります。

その結果、生理不順や不妊、肌荒れなどの症状につながってしまうのです。

糖質制限で減量に成功しても、このような症状が起きてしまうことは望ましくありません。

そのため、糖質制限時にはストレスを解消することを心がけましょう。

趣味に没頭したり、ウォーキングなどの軽い運動をしたりするのもおすすめです。

特に運動には、食欲をコントロールするホルモンを抑制する働きがあるといわれているので、暴食を防ぐことにもつながります。

もちろん、糖質制限を正しい方法で行うことが前提となります。

独学で行う人も多いのですが、間違った糖質制限にはリスクが伴います。

不安な人は専門家の指導を受けることを検討しても良いでしょう。

(まとめ)糖質制限中に暴食をしたくなる原因とは?

1.糖質制限で暴食をしたくなるのはストレスが関係している可能性があるためその解消を目指します

ストレスを感じることで乱れた精神を安定させるために、人は食事を取ろうとします。

そのときに、炭水化物や甘いものなど高カロリーのものを手に取ってしまい暴食してしまうのです。

2.ストレスが溜まると暴食につながります

ストレスが溜まることで暴食に走ってしまうことは、脳のメカニズムが関係しているため、ある程度仕方ないことといえるでしょう。

しかし、これが慢性化してしまうとダイエットなどは難しくなってしまいます。

3.過度な糖質制限によってストレスが溜まることがあります

過度な糖質制限を行うことで、無意識のうちに体がストレスを感じていることがあります。

その結果、暴食につながることがあるため、注意が必要です。

正しい糖質制限を行うことや低糖質の食品を利用することが対策として効果的です。

4.ストレスは暴食以外の症状も引き起こします

ストレスを継続的に受けることで自律神経失調症が起こる危険があります。

頭痛ややる気が出ない、ホルモンバランスの乱れなど様々な症状が起こるため、ストレスを溜めないように意識するようにしましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る